瞑想の効果を実感してみて下さい。

超越瞑想(TM)の方法や効果について詳しくご紹介します。

静寂のひととき……TM瞑想

瞑想で脳の潜在力を開発!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
20090328195623.jpeg
月刊誌クーリエジャポン(2011年8月号)の特集「危機に勝つ人はこう考える、世界に学ぶリーダーの条件」の中で、超越瞑想を40年以上実践しているレイ・ダリオ氏の記事が掲載されました。彼は、リーマン・ショックをあらかじめ予測し、大きな損失を免れた世界最大の投資会社の社長です。その記事の一部と、超越瞑想について語ったレイ・ダリオ氏のビデオをご紹介いたします。

■月刊誌クーリエジャポン(2011年8月号)
「世界最大のヘッジファンドが貫く風変わりな人生とビジネスの原則」

0203.jpegCourier1.jpeg

リーマン・ショックをあらかじめ予測し大きな損失を免れた、投資会社のブリッジウォーター。同社のCEO,レイ・ダリオが社員に説くのは、「金の儲け方」ではなく「正しく生きよう」という精神論だ。

「超越瞑想(TM)」を長年続けてきたダリオは、瞑想中にひらめいた自己実現の方法をブリッジウオーターの企業文化として浸透させてきた。TMのスポークスマン的存在である映画監督のデヴィッド・リンチを招き、社員向けにTMセミナーを開いたこともあるほどだ。

ダリオが初めて投資を試みたのは12歳のときだった。バイトで稼いだ300ドルでノースイースト航空の株を買ったのだ。その数年後、同社がデルタ航空と合併されたことによって、5ドルの株価は3倍になった。その後、ダリオはラグビーチームの仲間と2人でブリッジウオーターを設立した。会社設立後すぐに、数百万ドル単位で資金を運用している大手年金基金を顧客にすることができ、顧客を増やしていく過程でダリオは、独自の投資理論を展開していた。

彼は世界経済を、情勢の変化のなかで一定のサイクルを繰り返している巨大なマシンとして捉えた。そして、そのパターンとその変化の引き金となる小さな事象から、景気の波を予測するコンピュータシステムを構築した。2006年、ブリッジウオーターのコンピュータは米国経済が「国家破産」に突入しつつあるという分析結果を出した。ブリッジウオーターのトレーダーは、このままでは危ないと思われる投資の案件を識別していった。そして、2008年春にリーマン・ブラザーズやベア・スターンズなどの投資から手を引くという決断を下した。それは、ベア・スターンズが破産する前の週のことだった。ダリオをあざ笑ってきた経済批評家も、投資家としての彼の能力を認めざるを得なくなった。

ダリオは社員管理にも経済のように、一定のパターンを当てはめることができると考えている。それを文書化した社内ルールが「原則」だ。ダリオの「原則」はただのマニュアルではない。本の前半の「私の最も基本的な人生の原則」という部分では、彼が「自分自身を段階的に進化」させた経験が書かれており、まるで自伝のようだ。ここにはお金を儲ける方法ではなく、会社のルールに従うことの重要さ、失敗から学ぶこと、目的を達成するといった精神論が書かれている。このような「正しく生きていれば何が起きても大丈夫」という精神こそが、ブリッジウオーターの"社内ルール"なのだ。

■超越瞑想について語るレイ・ダリオ氏のインタビュー
2011.12.25 21:22 | TMニュース | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://tmsite.blog40.fc2.com/tb.php/727-fb0a0d70

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。