瞑想の効果を実感してみて下さい。

超越瞑想(TM)の方法や効果について詳しくご紹介します。

静寂のひととき……TM瞑想

瞑想で脳の潜在力を開発!

ヴェーディックライフとは、自然の力を活用して、より少ない活動でより多くを達成する生き方です。ではより少ない活動でより多くを達成するためにはどうしたらよいのでしょうか。まず大切なことは、休息と活動のバランスをとることです。一生懸命働いているのに、なかなか達成が得られないとしたら、それは活動が多すぎて休息が足りないからでしょう。そこで今回は、深い休息をとることの大切さについて語ったマハリシの言葉や、ラージャ・コンハウス博士の講義をご紹介いたします。最初は、最近翻訳が完成したマハリシの講義「至高の知識の開花」から引用したマハリシの言葉です。

○●十分に休息をとることで願望を実現する
 
深い休息をとった後の活動は力強くなるので、望む結果を得ることができます。こうした深い休息の価値を知らなければ、人は苦しみ続けることになるでしょう。なぜなら休息をとらずに活動し続ければ、その人の活動はどんどん弱くなってしまうからです。弱い活動はなかなか達成されないので、人を疲れさせるだけです。目的を達成するために人々は一生懸命がんばりますが、何も達成されないまま、ただ活動し続けることになります。これが苦しみの原因です。十分に休息をとることで願望を実現できるのですが、人々は休息をとる方法を忘れてしまったのです。――マハリシ

もう一つ、無敵の日本コースの中で、ラージャ・コンハウス博士が「休息の価値」について話された講義の内容をご紹介します。

○●「もっともっと瞑想し、もっともっと働きなさい」

意識が成長すると共に、私たちは意識のより深いレベルから活動するようになり、自然の力を自在に扱えるようになります。マハリシはよくおっしゃっていました。「より少なく行動して、より多くを達成しなさい。最も少なく行動して、最も多くを達成するのです。そして最終的には何もせずして、すべてを達成しなさい」。母なる自然は、私たちがより静かな柔らかな領域で機能することを求めています。なぜなら、そのレベルはエネルギーが大変強力だからです。

ヴェーダ文献には、創造主ブラフマーがいかにして宇宙を作ったのかという話があります。彼は宇宙を創造したいと願い、働き始めました。しかし一生懸命がんばっても、何も起こりません。がんばればがんばるほど、うまくいきませんでした。そこにヴィシュヌ神が現れて、「あなたのやり方は間違っている。何かを創造するためには、まず超越しなければならない」と言いました。そしてブラフマーは瞑想を始め、超越のレベルに到達しました。その後で、彼はこの世界を容易に創造することができたのです。

「超越し、そこから行動しなさい」。それがマハリシが話されていた公式です。大切なことは、規則的に休むという習慣を身につけることです。ただ一生懸命働いているだけでは、なかなか成果が上がりません。休息というものが大変重要なのです。

マハリシはTM運動のリーダー達に「もっともっと瞑想しなさい、そしてもっともっと働きなさい」と言いました。私たちは、どうしたらそんなことができるのだろうかと思いました。1日に何時間も瞑想して、もっと仕事をするなんて不可能ではないかと思いました。しかし、マハリシはただ「そうしなさい」「そうしなさい」と言うだけでした。ですから、私たちは休息と活動のバランスを取る方法を学ばなければなりませんでした。そして私が発見したのは、より深い意識のレベルから活動すると、容易に達成が得られるということです。

休息と活動のバランスをとるためには、まず休息の方を優先します。最初に瞑想のスケジュールをたて、休息のスケジュールをたて、その周りに仕事のスケジュールをたてるのです。なぜなら仕事は無限にあるからです。私たちは常にもっともっと働くことができます。そこには終わりがありません。瞑想者はより創造的になるので、どんどん仕事を創造してしまうのです。ですから私たちは休息と活動のバランスを考えなければなりません。そしてまず最初に、休息から始めるべきです。――ラージャ・コンハウス博士
2010.10.22 21:04 | 日々の日記 | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://tmsite.blog40.fc2.com/tb.php/663-fa99c606