瞑想の効果を実感してみて下さい。

超越瞑想(TM)の方法や効果について詳しくご紹介します。

静寂のひととき……TM瞑想

瞑想で脳の潜在力を開発!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ストレス解消、精神安定、睡眠改善のために
英国政府首脳がTMを利用

マリオ・オルサティ 2010年10月12日 米国のTMblogより

government-parliament-england.jpg激しいストレスと深い疲労は、世界中の政府首脳の生活に共通する特徴だ。これらの否定的な要素による影響は彼らの健康を損ない、指導力を低下させる。

超越瞑想のテクニックが緊張に満ちた生活にもたらす恩恵について公言する政府首脳が増えてきている。保守・自民連立政権のウィリアム・ヘイグ外相もその一人だ。

william-hague.jpgヘイグ外相(47歳)は最近、『ザ・タイムズ・オブ・ロンドン』の取材に対し、オックスフォード大学在学中に超越瞑想を学び、以来それを規則的に実践していると話した。彼は1日15時間に及ぶ勤務中に時間を見つけて瞑想しているが、それは「心を落ち着け、頭痛を減らし、よく眠る」ためだという。

nick-clegg.jpg現在、副首相を務める自由民主党のニック・クレッグ党首(43歳)は、超越瞑想を学んだもう一人の英国政府首脳だ。クレッグ氏はケンブリッジ大学在学中に瞑想を始めた。そして政治家として仕事を始めた頃、それが非常に助けになることに気づいたという。「TMは日常生活のストレスに対処するための素晴らしい方法です」とクレッグ氏は語っている。

ヘイグ氏のキャリアは文筆業から始まった。彼が著した18世紀英国の政治家ウィリアム・ピット(小ピット)の伝記は、英国文学賞の「歴史部門最優秀賞」を受賞した。彼は後にMBA(経営学修士)を取得し、管理職を歴任した後、公職に就いた。

2010年、ディビッド・キャメロン首相の就任後、ヘイグ氏は筆頭国務大臣兼外務大臣という政府要職に指名された。ヨークシャー州リッチモンド選出の議員でもある。

クレッグ氏は、枢密院議長でもあり、キャメロン首相の英国連立政府の憲法・政治改革大臣も兼任している。シェフィールド・ハラム選出の議員でもある。

ヘイグ氏とクレッグ氏が超越瞑想を学んでいるので、議会内でグループ瞑想をするのは良い考えだと思うのですが。賛成の方は挙手を…。
2010.10.18 14:11 | TMニュース | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://tmsite.blog40.fc2.com/tb.php/655-1f7a69b3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。