瞑想の効果を実感してみて下さい。

超越瞑想(TM)の方法や効果について詳しくご紹介します。

静寂のひととき……TM瞑想

瞑想で脳の潜在力を開発!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Paul_516441a.jpg
ポール・マッカートニーとリンゴ・スターが
子供達に超越瞑想を広める

タイムズ・オンライン 2009年4月6日

現在も活躍中のビートルズの2人が、世界中の子供達に超越瞑想を伝えるために、ニューヨークのステージで共演した。ポール・マッカートニーとリンゴ・スターが一緒にコンサートを行うのは7年ぶりのこと。二人でウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズを演奏した。

このコンサートは、映画監督のデヴィッド・リンチ氏が主催したもので、超越瞑想を100万人の学生に教える資金を集めるために行われた。二人の共演は、ラジオシティ・ミュージックホールでの慈善コンサートのクライマックスとなった。「それはインドでマハリシに会ったときから始まっていた。それはさらに大きくなって、世界中に影響を与えることになるだろう」とマッカートニーは聴衆に語った。

他の出演者は、シェリル・クロウ、モービー、エディ・ヴェダー(パール・ジャム)、ドノヴァン、ベン・ハーパー。映画「ブルー・ベルベット」「ツイン・ピークス」の監督であるリンチ氏は、超越瞑想を学校に導入する活動を積極的に進めている。彼は著書「大きな魚を捕まえる」の中で、瞑想によって創造性が育まれると語っている。

意識による教育と世界平和のためのデヴィッド・リンチ財団は、これまで世界30カ国で10万人以上の子供や教師や両親に、TM瞑想を学ぶための奨学金を提供してきた。「問題を抱える学校がTM瞑想を導入し、1年以内に180度変わるのを我々は目にしてきた。それはとても感動的なことだ。」とリンチ氏は語っている。

1970年にビートルズが解散して以来、マッカートニーとスターの二人が共演することはほとんどなかった。2002年に、ジョージ・ハリスンが癌で亡くなったとき、彼に捧げるコンサートで共演したのが最後だった。今回のコンサートでも最初は一人づつ別々にステージに立った。

マッカートニーは、1980年にニューヨークで亡くなったジョン・レノンに敬意を表し、「私もジョンもニューヨークが大好きだった。ジョンのためにこの曲をおくる」と言って、ヒア・トゥディを演奏した。これはレノンの死後にマッカートニーが作った曲だ。マッカートニーは、レット・イット・ビー、レディーマドンナ、ブラックバードなどビートルズ時代のヒット曲も演奏した。マッカートニーが「紳士淑女の皆様、ビリー・シアーズです」と言ってリンゴ・スターを紹介したとき、コンサートはハイライトを迎えた。ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズを演奏した後も、リンゴ・スターはアンコールに応えてステージに残り、マッカートニーがインド滞在中に作った歌をドラムで演奏した。

コンサートの前日の記者会見では、マッカートニーとリンゴ・スターは、1968年にインドへ行き、マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーから瞑想を習ったことを話した。「40年前にリシケシに行き、そこでマハリシと一緒に過ごした。その数ヶ月前にも、我々はウェールズでマハリシと会っていた。それ以来、あるときはたくさん、あるときはわずかに瞑想を続けてきた。瞑想はマハリシからの贈り物だ。」とリンゴ・スターは語っている。

マッカートニーは「これまで人からもらったものの中で、本当に大切だと思えるものは少ない。TM瞑想は、その数少ないものの1つだ。クレイジーな60年代の終わり、自分を安定させる何かを探し求めていた時に瞑想と出会った。」と語っていた。

「匿名の瞑想者たちのミーティングのようだった」とモービーは冗談交じりに語った。「精神的な道楽として、私はたくさんの様々な瞑想法を試してきた。その中で、TMに非常に魅力を感じたのは、その効果だった。TMがとても効果的である理由の1つは、努力が必要ないこと。それは怠け者の私にとって、とてもありがたいことだ。」
2019.05.19 19:08 | TM瞑想に関する報道記事 | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://tmsite.blog40.fc2.com/tb.php/641-712a1729

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。