瞑想の効果を実感してみて下さい。

超越瞑想(TM)の方法や効果について詳しくご紹介します。

静寂のひととき……TM瞑想

瞑想で脳の潜在力を開発!

610x2.jpg
ここ数年、超越瞑想の学校教育への導入が南米とアメリカを中心に進められています。特に南米諸国では、これまで100校近くの学校に超越瞑想が導入され、瞑想を実践する学生は6万以上。これらの学校では、1日の学校生活の最初と最後に教師と生徒が一緒になって瞑想しています。その結果、生徒のストレスに起因する様々な問題が改善すると同時に、生徒の学習意欲が増し、成績の向上にもつながっています。

また、瞑想の恩恵は生徒だけでなく、生徒を教える教師の方々も体験されているようです。教師は生徒たちに大きな影響を与える存在です。瞑想によって教師自身のストレスが少なくなると、問題を抱えた子供達を受け入れる度量が増し、それによって生徒の態度が全く変わってくると報告されています。

日本ではまだ超越瞑想の学校導入は行われていませんが、TMを行っている教師の皆さんは、教えるという仕事のなかで瞑想の効果を強く実感されているようです。そうした体験談をご紹介しましょう。

いつも明るく、きらきら輝いて
高校教師、女性、TM歴3年

早いもので私がTMを始めて三年目になろうとしています。毎日、朝夕二回のTMで至福に満ちた時を過ごすことが私の楽しみになっています。

高校教師という仕事がら、生徒とのコミュニケーションをはかるのにTMはとても良い効果を表します。なかでも毎日の生徒との会話が臨機応変に楽しめるなど、柔軟性が出てきたと感じています。

子供達は本来、感受性が強く、大人が頭から押さえつけようとすると、ストレスをまともに受けてしまいます。ですから、生徒達は自分たちを理解し、話を聞いてくれる大人を捜しているのです。私はTMを始めてから、ますます生徒達と接することが自然にできるようになったように思います。また、お互いに言いたいことを言い合うことによって、生徒は「先生らしくない先生」、「ざっくばらんな先生」として近づいて来てくれるようです。

あるとき駅で学生服を着た生徒に声を掛けられました。ふと見ると、前任校の私の教え子でした。すぐに私の脳裏にその生徒達との感動の場面がよみがえってきました。私が転勤することになった最後の授業に、私のクラスの生徒数である三七本のバラの花束を、生徒達が贈ってくれたのです。私の大好きなバラ、嬉しさがこみあげてきました。素直で人なつこく、そして他人を思いやる心をたくさん持っている子供達です。

最後に色紙に寄せ書きをしてくれたのですが、その言葉の数々がまた、とても心暖まるものでした。今でも大切に、私の宝物として机の上に飾ってあります「健康に気を付けて、これからも明るくて優しい先生でいてください」、「クラスのみんなが先生に頑張って!熱い声援を送っています」、「疲れすぎますと、お体に影響が出ますので気をつけてくださいね」、「国語ピンチ救援頼む、今から帰還せよ」、「帰ってこい」・・・これまで一六、七歳の高校生に私はいつも励まされてきたんだなあと改めて知りました。そして、とても良い生徒たちに恵まれ幸福だと感じました。卒業したら逢いに来てくれるそうですので、今から楽しみに待っていたいと思っています。「生徒は本当に可愛い」私の実感です。

こんなことも手伝ってついついオーバーワークしがちな私の心と体ですが、瞑想して学校に行くと元気いっぱい、パワーがあふれてくるのです。ある生徒が私を「きらきら輝いていて、明るく元気な先生」と評してくれたことがありましたが、これからも、そんな姿で教師の仕事を続けていきたい。生徒の期待通りの先生として。

瞑想で自分の可能性を実現!
高校教師、男性、TM歴13年

大学時代にTM瞑想を始めて13年。昨年、ついに長年の夢がかなって公立高校の教師の仕事に就くことができました。昔から教師になりたいという思いはあったのですが、自分には無理なんじゃないかと思っていました。それが、瞑想を続けていくなかで、自分にもできるかもしれないという可能性が見えてきたんです。

仕事をやめて集中的に勉強すれば、もっと早く教師の免許がとれたのですが、仕事をやめずに通信教育を受けながら勉強したので、教員免許を取得するまで7年半かかりました。ですから昨年、教師の仕事に就けたときには本当に嬉しかったです。

「教える」という仕事を通じて、瞑想の効果を実感することはよくあります。例えば、瞑想することで、個人という小さな枠を超えて、教えることができるんじゃないかと思います。瞑想が規則的にできているときほど、授業がとても楽ですし、教えることに喜びが感じられます。教師は多くの生徒に影響を与えてしまいますから、正しい行動をとるためにも、規則的な瞑想が欠かせないと思います。
1998.09.29 11:23 | TM効果&体験談 | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://tmsite.blog40.fc2.com/tb.php/552-6320efe2