瞑想の効果を実感してみて下さい。

超越瞑想(TM)の方法や効果について詳しくご紹介します。

静寂のひととき……TM瞑想

瞑想で脳の潜在力を開発!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
004-1.jpg

私たちはそれぞれがプラクリティをもっています。つまり「自然」をもっています。ドーシャの理想的なバランス状態がそれを具体的に教えてくれます。

ヴァータ体質は一つのことに留まることなく、次々と自分の興味がわくことをやりながら変化を楽しみます。そうして多くのものに触れて、多くの感動と喜びで自分を一杯にしていきましょう。ヴァータ体質の人は、精進、努力、根気は似合いません。一つのことが長続きしなくても構いません。変化の中にいるとき、ヴァータ体質は自然と調和することができ、自然の支持が得られます。ですからヴァータ体質の人は躊躇せず変化を楽しんでください。ただし、休息と食事を大切にすることを忘れないように。

ピッタ体質の人は自分が進化していく方向に向かって集中し、多少困難なことでも努力と正確さをもって、一つ一つステップを上がるように生きてください。ピッタ体質の人の中には時にヴァータが上がりすぎる人がいます。ものごとを正確に処理していく能力を使わずに、変化や早さに対応しようとします。目の前に仕事が山のようにあるとき、早く処理しなければと思うのはピッタ体質の人の「理知の誤り」です。ピッタ体質の人がすることは、正確に処理していくことです。自然、宇宙がその人をピッタ体質として創ったのですから、ピッタ体質を生きていれば、その人の行動は調和と秩序を生んでいきます。

もう一つ、ピッタ体質の人はカパを増やすことがあります。それはカパのもつ穏やかな優しい質に憧れ、自分の強烈さを嫌うが故に生じます。ピッタ体質の人はカパを増やしても本物の優しさや優雅さをもつことはできません。その人の周りではカパの悪化した現象が起こります。物の流れが滞る、いらない物が貯ってくる、反応が鈍くなるなどです。続き(ユートピア連載「ファンタスティック・アーユルヴェーダ」より)












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tmsite.blog40.fc2.com/tb.php/55-6b1c2c63

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。