瞑想の効果を実感してみて下さい。

超越瞑想(TM)の方法や効果について詳しくご紹介します。

静寂のひととき……TM瞑想

瞑想で脳の潜在力を開発!

yun_727.jpg
TMの驚くべき効果の一つに、「自然からの支援」と呼ばれるものがあります。その「自然からの支援」について解説した、ベブン・モリス博士の文章をご紹介します。

                 ☆ ★ ☆

超越瞑想を規則的に実践することで、自然からの支援が増していきます。自然からの支援が増すとは、「幸運が増す」ということです。自然からの支援は様々な形で現れます。たとえば、行動するとき抵抗や障害に出会わなくなる、何か願望を抱くと誰かがその実現のために手助けしてくれる、行動が効率的になりすべての物事が円滑に運ばれる、自分の願望に気づくよりも前にその願望がかなえられる、といったことです。ではなぜ超越瞑想をすることで、幸運に恵まれるようになるのでしょうか。

「播いた種は刈り取らなければならない」という格言がありますが、私たちが肯定的な行動をとると肯定的な結果がもたらされ、否定的な行動をとると否定的な結果がもたらされます。つまり、幸運という肯定的な出来事は、私たちが肯定的な行動を行った結果もたらされる、ということです。ですから幸運に恵まれるためには、私たちの行動が常に肯定的、進歩的でなくてはなりません。そしてそのためには、自然法則と調和して生きることが大切です。

自然法則に調和して生きるとは、あらゆる自然法則が一体となって機能しているレベルから活動するということです。瞑想中、私たちは心の活動の最も精妙なレベルを超えて、枠のない意識(純粋意識)を体験します。この枠のない意識は、すべての自然法則が一つに統一されている場であり、現代物理学ではそれを統一場と呼んでいます。

瞑想してこの統一場のレベルを体験し、それから活動すれば、その人の行動はあらゆる自然法則と調和したものとなり、それは自然法に好意を示すことになります。そうすると自然法もあなたに好意を示すようになり、自然法はあなたを助け、支えるようになります。あなたを取り巻いている生命の組織全体が、あなたがしたいと思うすべてのことを好意的に支えるようになるのです。これが自然からの支援と呼ばれる現象です。

                 ☆ ★ ☆

自然の支援に関する体験談をいくつかご紹介しましょう。

必要な情報が絶妙のタイミングでやってくる
管理職、女性、神奈川

TMを始めてから、本当に”自然の支援”が強くなりました。必要な情報が、必要な時に、絶妙のタイミングでやってくることを実感しています。『棚からぼたもち』ということわざがありますが、私は、棚にぼたもちをわざわざ取りに行くタイプでした。それが今では、必要な時には黙っていても、手のひらに自然にぼたもちが落ちてくるようになったのです。

自然の支援で業績が倍増!
経営者、男性、東京

TM瞑想を始めて一番実感していることは、自然の支援というものは間違いなく存在し、なおかつ素晴らしいものだということです。

具体的な体験で言いますと、私は会社を設立して七年目になりますが、TMを始めてから会社の業績がみるみる上がってきました。最初の五・六年は、月商三千万位の規模でした。それがTMとその上級のテクニックを学んだ半年後には六千万になり、一年後にはついに月商一億を達成し、支店の数も二支店から五支店へと増やすことができました。

これは当然、社員・スタッフの努力に負う所が大きいことは言うまでもないことですが、それと同時に自然の支援というものを非常に強く感じました。問題点がいつの間にか解決したり、こちらが思っていたことを取引先の方から積極的に働きかけてくださったりと、単に「偶然」という言葉だけでは片付けられない、いろいろなことが頻繁に起こり出しました。いま私は社員、スタッフ、そして「自然」に助けられながら会社を経営しています。

以前、ある教師の方から「TMをすることで自分自身が幸せになり、常に周囲に肯定的な好ましい影響を生み出すようになるので、そのお返しとして、自然からの支援がやってくる」という話を聞きました。私の場合、TMセンターが会社から近く、グループ瞑想に毎日参加できるので、より素晴らしい自然の支援が得られているのだと思います。いまでは瞑想は、私にとって掛け替えのないものであり、生活の一部です。いや人生の一部になっています。

シンク・ビッグ(大きく考えてください)
TM歴六年、女性、東京

瞑想者になって六年目に、パニック障害だった私が清水の舞台から飛び降りる覚悟で(遠出ができなかったので)、那須のアーユルヴェーダクリニックに波動療法を受けに行きました。そのときから何かが変わり、その後の一年間は、TMを始めてから最も大きな変化を体験しました。

はじめに起きたのは、「アーユルヴェーダの先生のお話を詳しく聞きたい」という純粋な想いから、講演会の手伝いをさせていただくうちに、人前で司会をしていてもパニック症状が消えていることに気がつきました。以前なら、三十人も人のいるところに落ち着いて座っていることなどできなかったのです。

また、講演にたくさんの方を呼ぶためにパソコンやホームページの作り方を習ったことが幸いし、インターネットを通してTM関連の知り合いが増え、毎日が楽しくなりました。その上、パソコンの知識もたいしてない私が、到底採用されるはずがないとあきらめて行ったパソコン塾の面接で、「あなたみたいにタレ目で人に安心感を与える人を探していたんだ」などといわれ、採用されてしまいました。今まであらゆる面接で、経歴も技術も不足ということで不採用になることはあっても、タレ目が決め手で採用されるとは、まるで狐につままれたようで驚いています。

TMや波動療法などは目に見えないものなので、どこがどう効いているという理屈は理解しにくいのですが、出来事や体の感じ方を観察して行くと、やはり何かが違います。ただし、ただ受けるだけで良くなったと素晴らしいことばかり言うつもりはありません。そうすると、TMや波動療法をやっていても表面上実感がなく、なかなか結果が出なくて嫌になってしまう方もおられるでしょうから。私自身、「TMしても何も良いことが起こらない」と嘆いていた時期がありました。それはTMについて少し勘違いしていたためです。

一つは、TMは魔法じゃないのに、何もせず努力しなくても良いことが向こうからやってくると思っていたこと。もう一つは、転ぶことを避けていては自転車に乗れるようにはらないのと同じで、失敗や困難も勉強としてとらえて前へ進まないと、そのたびに嘆いたり諦めていては、次のチャンスすらものにできないと気づきました。それ以来、行動も思考も積極的になる等、いろいろな要素があった上での良い出来事であって、いいこと尽くめではないからです。ここまで成長するのに六年もかかったのですから。

さて私の次なる目標は、アイデア商品の商品化、体験や気づきを本にすること等々、かなり無理のある、実力以上の目標ではありますが、はじめから諦めてかかっては、何も成就しかねません。マハリシの金言「シンク・ビッグ:大きく考えてください。願望が成就しないのはその願望が小さいからです。枠のない願望を持てば、自然は最大の支援を与えてくれるでしょう」という言葉にしたがって、できるだけ大きく考え、日々努力してゆこうと思います。

自然法則に従った行動が成功をもたらす
洋裁師、女性、大阪

TMを始めて1年3カ月が過ぎました。ただひたすら朝夕20分の瞑想を実行しているだけなのですが、私自身の心の変化は自分でも驚くほどです。言葉でうまく説明できませんが、すべてがおおらかになっていて、毎日が楽しいのです。そして、物事をプラス思考に考えるようになりました。

また、月に一度、野の花を描く会に参加していますが、花と向き合って細かな観察をしていると、こんな繊細で美しいものを創造された宇宙の偉大な『神』のことを感じないわけにはいきません。この地球上にある一つひとつの生物が二つとない個別の生命体であることに、今さらながらいとおしさを感じます。そして自分の中にも宇宙全体の生命の一部を感じ、改めて『生きる』ということを考えさせられております。

話は変わりますが、数ヶ月前、大家さんから(わが家は借家です)この家を買い取るか、立ち退くかの選択を迫られていました。もちろん買いたいのはやまやまですが、自己資金不足で悩んでいたところ、一人、二人と資金援助を申し出てくれる人が出て、あれよあれよと言っているうちに買い取る方向に動き出しました。何か目に見えない自然の力を感じます。

マハリシは、自然法則に従って無心に単純に行動すれば、成功は自然にともなってくると言っています。忙しさの中で、時には流されそうな日もありますが、マハリシの言葉の通り、自然法則にそった生活を続けてゆきたいものです。

『大いなるもの』に身をゆだねて生きる
 飲食店経営、女性、横浜

一昨年の3月、いつものように煙草を吸っていた時のことです。微かに意識の中で『禁煙をしようか』と思っただけで、次の瞬間には吸いたいという思いがすっかりなくなっていました。ちょうど、手品師が品物を一瞬にして人々の目の前から消し去るようでした。それまでに何回も禁煙しようとして失敗していたので、この出来事は、私に大きな気づきを与えてくれました。それ以来、いろいろなことが努力なしに実現されるようになっています。まさに自然から支援されて生きているという感じです。こうして今、私は『大いなるもの』に身をゆだねて生きていけるようになりました。

 ◇ ◆ ◇ 思いが現実化する ◇ ◆ ◇

TM瞑想を行うとき、私たちは静かに座って目を閉じることで、心の内深くを体験していき、ついには心の最も内深くにある完全に静かな意識を体験します。この意識の最も深いレベルから考えるとき、その考えは即座に実現されるとマハリシは説明しています。毎日の瞑想によって、より深い意識の領域に慣れ親しむことで、私たちはそのレベルから考え、行動できるようになります。その結果、何気なく思ったことが自然の支援を通して実現されるようになるのです。

意識の深いレベルで思ったことが現実化する
会社役員、男性

私は高校のときにTMを始め、大学時代にはTM教師のコースにも参加しました。そして、大学を卒業すると同時に就職し、現在はコンピューターグラフィックスを使ったアニメーションを制作する会社の副社長をしています。

この会社は自分で仕事を創り出す、とてもクリエイティブな会社で、私はそこでマルチメディア関係の仕事を一事業部として興しました。最初は一人で始めたのですが、二年後に分社し、現在は五十名くらいの社員を抱える会社となっています。

その過程で、いろいろなことが起きましたが、結果としてはとてもスムーズでした。何か努力をするというよりも、おかしな言い方かもしれませんが、「自然に仕事が降ってくる」という感じでした。必要な時に必要な人との出逢いがあったり、必要なことが起こったりして、全てのことが連鎖反応しているということを常に感じていました。

例えば、事業部を興そうと考えたとき、まず『本物』を見るためにディズニーや優良な映画会社やコンピューターで先進的な仕事をしている所などを見て回りました。そのうちに意識の静かなレベルで、それらの情報が結びつき、アニメに関する思いが芽吹き始めました。

ちょうどその時に「テレビアニメの制作をやってくれないか」という話が持ち上がったんです。うちではアニメ制作の経験はなかったのですが、依頼者側で、アニメの経験者も必要な機材も全部用意して下さるということで、私はただ番組の企画プロデュースをするだけでよかったんです。この時、意識の深いレベルで思っていたことが現実化したと感じました。マハリシがおっしゃっているように、意識の深いレベルで抱いた想念はとても強力であると思います。

もう一つ、私が最近感じていることは『自分が純粋に願っていると、自然はその結果を現実化するために手伝ってくれる』ということです。自分の純粋な思いを行動に移すだけで、達成がどんどん起こってくる感じがします。

ある思いがやってきても、このままでは通用しないとか、社会的な常識を気にして言わない、やらない、というのではなく、自分の内側から湧いてくる思いを素直に表現して、現実化していける時代になったんじゃないかと思うんです。

以前はネガティブなことが思い浮かぶこともあったんですが、TMを規則的に実践しているせいか、今はそういったものは何も出てこなくなりました。だから、何もコントロールしていないんです。ただ自然に振る舞い、自分の思ったままを行動に移しているだけです。

大切なことは、自然からの支援を無邪気に受け入れることのできる心と体を、常に維持することだと思います。そういう意味で、毎日のTMの実習はとても貴重なことだと思います。

これぞ自然の支援!
主婦、東京

TMを始めてから、「これぞ自然の支援」と思えるような出来事がたくさん起こりました。一番大きかったことは、TMを始めてすぐに今の主人と出会えたことです。その後はトントン拍子に話が進んで、何の障害もなくわずか二ヶ月で結婚することが決まりました。

他にも、「自分に合った何かいい仕事がないかな」と考えていたら、雑誌の編集の手伝いをさせてもらえるようになったり、新居を探すにあたって「静かで緑の多い所がいいな」と思っていたら、そのとおりの家が見つかりました。「私たち人間は、自分ではどうにもならない何らかの力によって導かれている」ということを強く実感しています。

こうしてみると、何かTMを始めてから良いことばかりが起きているようにみえますが、やはり時にはそうでないことも起きます。実際私にも、TMを始めて七ヶ月が過ぎた頃、とても大きな壁がやってきました。しかもその壁は、それまで私の前に立ちはだかってきたものより、何倍も大きなものでした。でもなんとかそれを乗り越えたときには、もっともっと大きな喜びがやって来たのです。このような経験から、「どんなことに出会っても、それは自分が成長するために必要だからこそやってくることで、必ず乗り越えられる」と思えるようになりました。

こんなふうに、常に冷静にプラスの考え方ができるようになったことは、私にとってとても大きな収穫です。そして肩の力が抜けて毎日がとても楽しくなりました。

自然の支援は自分の決意から

TMを始めて一番大きな変化は、自分を鍛え直すために五○歳にしてハーバード・ビジネス・スクールに留学したことです。しかしながら、「よし、行こう」と決心して、それが実現するまでには五年の年月がかかりました。その理由は、ハーバード・ビジネス・スクールのアドバンス・マネジメント・プログラム(AMP)応募の条件の一つに「会社で選考され、会社から派遣される」というポイントがあったからです。

それまで務めていた鐘紡では、AMP留学の前例はありませんでした。そこで、どうしたら会社の了解を得て、会社から派遣してもらえるだろうかと、上司や先輩に相談してみたのですが、当然のこと、私の将来を心配してくれる善意の立場から、出てくるものは否定的な意見ばかり。

でも悩んだ末、「一回だけの人生、悔いの残らないように生きよう、ここは自分の意志を貫こう」と腹に決めたんです。すると不思議なことに状況が好転し、周囲の理解とあたたかい応援が始まって、夢が現実のものとなりました。こうした経験から、「自然からの支援はすべて自分の決意から始まる」ということを学んだような気がします。

留学から戻ってきてTMの上級プログラムも学びましたが、その五ヶ月後に企画部長に転進しました。バブル崩壊後は、会社の経営が危機的な状況を迎え、その中で自分も翻弄されましたが、後から考えてみると、大変な時期であっても、瞑想していると自然と道が見えてきて、あるべき状況へ導かれていくように思います。TMのよいところは、自分でも気がつかないうちに効果が出ているところでしょう。(『できるビジネスマンは瞑想する』の著書、藤井義彦氏の体験談)

夢がトントン拍子に実現!
保母、女性、北海道

私は、産休明けからの赤ちゃんを保育する無認可の共同保育所を、民家を借りて小規模で運営しています。日々、TM効果は数えきれませんが、最大のエピソードはTMを始めて5カ月後にやってきました。

広い園庭とゆったりした園舎で保育をしたいと願って、そのことをポロリとサークルの仲間に話したことから始まり、夢がトントン拍子に実現したことです。サークルの友人が130坪の土地の付いた42坪の中古住宅を紹介、持ち主の方と交渉してくださり、1カ月後には寄付や無利子の借入れによって、無一文ながら父母と職員で2千4百万円を調達しました。資金調達、購入、改築、移転を4カ月でやってのけたときは、父母、職員ともどもこの快挙によくやったと鼻高々でした。

新園舎に移転してからは、園舎や保育内容等の評判もよく入園児も順調に増え、訪問者があとをたちません。磁力に引き込まれたようです。儲け主義とは縁のない保育園のため相変わらず赤字で苦しいのですが、不思議と必要なお金は回ってくるので、自転車操業ながら楽しく仕事をしています。困難と思われた資金の返済も、レット・イット・ビーの心意気で乗り切っていけそうです。

偶然の出会い
大阪、男性、TM歴12年

私はTMを始めて十二年ぐらいになるのですが、始めてしばらくは何の変化も感じられず、これでいいのかなと思いながらも、毎日なんとなく続けていました。しかし、ある事がきっかけで、周りの環境が大きく変化していくのに気づき始めたのです。それは現在の妻との偶然の出会いから始まりました。

今から五年ほど前、通勤の電車の中でよく見かけていた、メガネをかけた女性が現在の妻なのです。私の職業はメガネ屋の店長なのですが、仕事柄、他人のメガネがすごく気になります。当時彼女のメガネは非常に重そうで、「うちの店に来れば、軽くておしゃれなメガネを作ってあげるのにな」などと思っていました。すると、突然うちの店に、メガネを作りに母親と一緒にやってきたのです。三~四件メガネ屋を見て回ったようですが、気に入ったメガネが見つからず、私の店に来たそうです。そして気に入ったメガネが出来上がり、嬉しそうに帰って行く彼女が印象深かった事をおぼえています。

それから半年ほど電車の中で挨拶を交わしていましたが、いつしか見かけなくなったのです。日がたつにつれて彼女の事が気になりはじめ、半年たってもその気持ちが消えないため、店の記録から彼女の電話番号を調べ、意を決して電話をいたしました。はじめは変に思われましたが、思いが通じ、お付き合いを始めるようになりました。

それからわかった事ですが、メガネを作りに来たときには、お付き合いをしている男性がいて、本当は一緒に来るはずだったのに、急用で来れず、母親と来たとのことでした。その時、彼女の母が私のことを気に入って「娘の主人だったらいいのに」と思ってくれたそうです。そして、私が電話をする少し前に、お付き合いをしている彼とは別れていたそうです。

また、普段はコンタクトをしてメガネはあまり使っていなかった彼女が、目の病気になりコンタクトが使えなくなったので、メガネをかけていたことや、仕事を辞めたので通勤の電車で見かけなくなったことなど、マイナスな出来事がすべてプラスに作用したのです。

数々の偶然と思われた事は、偶然ではなく、偶然を装った必然だったのではないでしょうか。ただ強く希望すれば、どんなルートをたどってもかなうものだと、思えるようになりました。現在は、その彼女と結婚し、待望のベビーも誕生しました。私たちをこんな幸せに導いてくれたTMに大変感謝しております。
1986.08.26 19:57 | 自然な生き方 | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://tmsite.blog40.fc2.com/tb.php/534-d03787e2