瞑想の効果を実感してみて下さい。

超越瞑想(TM)の方法や効果について詳しくご紹介します。

静寂のひととき……TM瞑想

瞑想で脳の潜在力を開発!

2129149899_99338d7a60.jpg
瞑想が老化を防ぐ

TM瞑想は病気の予防はもとより、老化の防止にも素晴らしい効果があります。老化を早める大きな要因となるのが孤独やストレスです。ですから、ストレスをためずに脳を適切に鍛えていれば、人間は年をとるほどに脳力が高まり、心理的にますます若々しくなる可能性さえあります。

長野県のFさん(女性72歳)は、脳溢血で入院したのち、リハビリテーションの一環としてTM瞑想の指導を受けました。

「瞑想を始める前には、息子と孫の名前の区別もつかぬありさまで、頭もすっかりボケておりました。身体の方も左半分が思うように働かず、一時はどうなることかと思っていましたが、瞑想を始めてから心が安定して、身体の自由もだいぶ効くようになり、生まれ変わったような気持ちです。

瞑想をやっておりますと、何か目の前がどんどん開けていくようで、自分の心が海のように広大で、強く安定していることが実感できます。そんなときに、頭が少ししびれるような感じがときどきありますが、これが頭の傷を治しているんでしょうか。瞑想を終えると、目に見えるものもあざやかで、いま生きている喜びが静かにこみ上げてくるようです。

最近では寝ていることよりも、和歌を作ったり、花を生けたりすることが多く、この静かな心を表現してみたいと思うようになりました。久しく忘れていた、童心に帰っていくような喜びがあります。

ずいぶんと遅れをとったようですが、これからが私の本当の人生の始まりだと思っています。」

1979年、老化現象に対するTMの効果が初めて科学的に確認されました。TM瞑想を始める前には、平均的な健康状態であった50歳前後の47人のTM実習者に対して、視力、聴覚力、血圧を基準に肉体年齢を計測したところ、一般の人よりも7歳から25歳も若いことがわかりました。

また最近の研究調査では、平均年齢81歳の老人ホームの人たちを、瞑想を行うグループ、頭を刺激することでボケ防止をするセラピーを行うグループ、リラクゼーションを行うグループ、何もしないグループの四つに分け、3年間の実習の後に学習能力のテストや血圧の変化を測定しました。その結果、TMを行ったグループは、学習能力ではトップ、血圧は最低値を示しました。そして、その数年後の生存率も、TMを行ったグループだけが、唯一100%でした。

このように、TM瞑想は、病気にも若返りにも非常に大きな効果があります。

 ◇ ◆ ◇ 体験談 ◇ ◆ ◇

藁が金のくさりに
65歳、主婦

TMを始めて4年になります。それ以前は、年老いたらどうなるのだろうか、健康でいられるだろうか、家族は?、経済的には?などなど不安だらけでした。しかし、TM瞑想を始めてみると、不思議なことに、不安材料が一つ一つ、いつの間にか消えてしまっていました。若い頃や、子育てをしていた頃は、もともとのんきでしたから、持ち前の性分に戻ったということになりましょうか。

丈夫だけが取り柄だった私も、更年期を境に、不安と自信喪失など、いわゆる不定愁訴とやらにずいぶん悩まされたものですが、今では嘘のようです。消極的が積極的に、不安が安心に、心配が喜びに、不満が感謝にと、否定的が肯定的に転じ、心身共に劇的な変化を遂げたのです。心と体が一体であることの証拠です。少なくとも私の感ずる範囲ではそう思えるのです。

TM瞑想を始める理由の一つに、健康はもちろんですが、将来「呆けたくない」という思いがありました。今でもそのために精進しておりますが、年老いた母を見ておりましても、つくづく人生というものを考えてしまいます。呆ける人、呆けない人、健康な人、病気の人、幸せな人、不幸な人、現象世界で様々な模様を織りなす人生とは、一体何なのかと……。

生命は永遠だと申します。生命がどこからきてどこへゆくのか識ったとき、魂は安らぎを覚えます。呆けるとか、病気だとか、そんなことは問題ではないのだということが解れば、人生、怖いものはないと信じております。

二年前の上級のコースを受けたときに書いた感想文を、今でも忘れません。「藁にもすがる思いで始めたTMが、何と藁どころが金の鎖でした。」
1998.10.20 21:28 | TM効果&体験談 | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://tmsite.blog40.fc2.com/tb.php/497-2ed491b6