瞑想の効果を実感してみて下さい。

超越瞑想(TM)の方法や効果について詳しくご紹介します。

静寂のひととき……TM瞑想

瞑想で脳の潜在力を開発!

1180708911_b802a26008.jpg
TM瞑想は、どのような宗教をもつ人々でも実践できる簡単で自然なテクニックです。どのような宗教も教えの本質は同じであり、目指すゴールも同じものです。そして、そのゴールに到達するための最も自然で最短の方法がTM瞑想です。実際、多くの仏教の僧侶や、キリスト教の聖職者たちが、TM瞑想の実践を通して、自分の宗教の教えを真に理解し、実践できるようになったと語っています。宗教をもつ人々がTM瞑想を行うことで、自分の宗教に対する信仰をより深めることになるのです。

■聖職者の体験談

■マハリシの言葉「どの宗教も教えの本質は同じ」

 ◇ ◆ ◇ 体験談 ◇ ◆ ◇

阿弥陀佛の種は純粋意識
浄土宗僧侶、男性、大阪、TM歴3年

マハリシの知識を仏教でいう「教行証」に照らし合わせると次のようになる。

教:ヴェーダの知識、創造的知性の科学コース
行:超越瞑想
証:宇宙意識、神意識、統一意識という、より高い意識状態に実際に到達すること

私どもの仏教では、このうち「教」のみ残っており、「行」をする人も、悟りを得る人もいない時代(末法)といっています。

現実は仏教で「証」(啓発)を得る人も多いが、TMのように現代にマッチして、幅広い年齢層に支持され、しかも理論通りに現実に「証」に向かっている実感を誰にでも得させてくれる「行」は、他に例を見ないように思う。

私の仕事はTMの教師のようなもので、一人でも多くの人たちが、教え(お経)に従い「行」(私の宗派では「南無阿弥陀沸」と声に出して言うこと)をし、「証」(往生極楽)を得るようにすることである。

5年前、正式に浄土の僧侶になるが、仏教の大学を出ていないので、深いことは勉強していない。理屈屋でもあるが、実感しないと気がすまない。「仏教ってなんやねん」がはっきりしないまま、インド、ネパール、スリランカ、チベットのラサまで「それ」を求めに行った。

そして3年前、TMと出会う。その日、完全に光になり、あるがままの自分を体験させてもらった。その後3週間、至福(極楽)の中で過ごす。創造的知性の科学にも出会った。そこで今までのもやもや「仏教ってなんやねん」がすべて解消した。阿弥陀佛の種:創造的知性の源:純粋意識、言葉が違うだけなのだ。

いま、浄土宗の「行」(南無阿弥陀沸と言う)と、TMの両方を実践している。TMが念仏を、また念仏がTMをより快適にしてくれる。私の内なる阿弥陀沸の種:純粋意識が、もっともっと成就を求めている。

すべて阿弥陀様におまかせして、ますます無邪気に若々しく、馬鹿丸だしの人生を突っ走っている。
1998.10.28 13:26 | TM効果&体験談 | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://tmsite.blog40.fc2.com/tb.php/483-9755bf06