瞑想の効果を実感してみて下さい。

超越瞑想(TM)の方法や効果について詳しくご紹介します。

静寂のひととき……TM瞑想

瞑想で脳の潜在力を開発!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
青少年の飲酒やドラッグの問題

回答者:
photo_stixrud.jpgウィリアム・スティクスラッド博士(医学博士):臨床神経学者で、学習障害、注意障害、社会情緒的障害を専門とするグループ診療所、ウィリアム・スティクスラッド&アソシエーツ(メリーランド州シルバースプリング)のディレクター。また、ワシントンDCの全国児童医療センターで非常勤スタッフを務めている。

質問: 子供や若者の薬物乱用は増えているのでしょうか?

質問: アルコール依存はストレスが原因なのですか?

質問: どうしたら私の子供たちをドラッグやアルコールの乱用から守ることができますか?

質問: アルコールやドラッグの乱用がもたらす害は、若者の場合のほうが大きいと思われますが、いかがでしょうか?


答えはこちら
質問: 子供や若者の薬物乱用は増えているのでしょうか?

スティクスラッド博士: たしかに、若い人々の間に見られるストレスに関連した大きな問題のひとつは、薬物やアルコールの問題です。一気飲みで意識を失うケースが増加するなど、過去数年間で青少年の飲酒のパターンに大きな変化が生じています。

30年前、私が大学に通っていた頃の若者たちは、ほとんどは楽しみのために酒を飲むのが普通でした。今の学生は、何かを忘れるために酒を飲んでいます。

質問: このようなアルコール依存はストレスが原因なのですか?

スティクスラッド博士: 人々が酒を飲む理由のひとつはストレス解消ですが、飲酒には常習性があります。そして、超越瞑想は、常習行為の予防と治療にきわめて効果的であることを示すたくさんの有力な証拠があります。

ストレスによって若者はドラッグやアルコールに溺れやすくなりますが、そうしたアルコールやドラッグはストレスホルモンと相互作用することで、より効果的で満足をもたらすものとなります。つまり、あなたがストレスを受けていると、あなたはお酒を飲んだりドラッグを使うことが多くなり、そして、摂取した化学物質はストレスホルモンと相互作用することで、あなたは中毒性物質を楽しむ傾向がより強くなるということです。それは恐ろしいダブルパンチです。

質問: では、どうしたら私の子供たちをドラッグやアルコールの乱用から守ることができますか?

スティクスラッド博士: ドラッグやアルコールの問題を予防するための、すべての人に有効な方法はおそらくありませんが、子供たちに超越瞑想法の実践を教えることは役に立つと思います。十代の若者たちは、超越瞑想プログラムを実践することによって、アルコールやドラッグに頼らなくても、ストレスを解消できるようになり、内面の平和や幸福を見いだせるようになります。これは、若者を含めた世界中の瞑想者の共通の体験です。心が落ち着いているときの平和に満ちた感じは、とても楽しく、とても心地よいものです。成人を対象とした薬物依存の予防と治療に対するTMの効用については信頼できる研究があります。この研究が青少年については関係がないと考える理由は見あたりません。

質問: アルコールやドラッグの乱用がもたらす害は、若者の場合のほうが大きいと思われます。

スティクスラッド博士: そのとおりです。10年前、青年期の脳はまだ急成長の途上にあることが明らかになったとき、科学者たちはこう考えました。「このことについて研究する必要がある。アルコールが胎児の脳の成長に甚大な影響を与えることがわかっているのだから、若者たちの脳の発達に対してアルコールはどんな影響を与えるのだろう?」

そして現在では、それは非常に懸念すべきだというのが大多数の意見です。アルコールが脳に与える有害な影響は、成人の場合よりも若者の場合のほうが、ずっと、ずっと大きいのです。ですから、「だれでも酒を飲んでいるのだから、たいしたことではない」という考えから、「私たちは若者たちの脳をドラッグやアルコールの有害な影響から守らなければならない」という考えに180度転換することになると思います。

そして超越瞑想はそのための手段のひとつになると私は考えます。その第一の理由は、再度言いますが、超越瞑想によってストレス反応が正常に保たれるからです。そして第二の理由は、多くの若者たちがドラッグやアルコールを使って得ようとしているものが、超越瞑想によって得られるからです。超越瞑想は、若者たちに内側の幸福感、安らぎ、自己満足を与え、ストレスを解消します。
2001.02.24 20:09 | 医師が答える(病気別) | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://tmsite.blog40.fc2.com/tb.php/412-397f884f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。