瞑想の効果を実感してみて下さい。

超越瞑想(TM)の方法や効果について詳しくご紹介します。

静寂のひととき……TM瞑想

瞑想で脳の潜在力を開発!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
子供と若者の不安と超越瞑想法

回答者:
photo_stixrud.jpg
ウィリアム・スティクスラッド博士(医学博士)

photo_clark.jpg
クリストファー・クラーク博士(医学博士)

質問: 子供でもTMを学べますか? 学べるとしても、何か有害な副作用があるのでは?

質問: 誰でも何かに対して神経質になることはありますが、私の娘は本当に過敏です。彼女は、数学の試験が近づくと不安感に襲われ、ほとんど何にでもカンシャクを起こします。これは正常でしょうか?

質問: 私の娘にはどのような種類の治療が役立ちますか?

質問: ある程度のストレスは私たちに有益なのではありませんか?

質問: 私の十代の息子は、不安を感じているだけでなく、とても憂鬱になっています。超越瞑想法は助けになるでしょうか?

質問: 私の息子は頭は良いのですが、一生懸命努力するという面に欠けるようです。超越瞑想法は息子が向上するための役に立つでしょうか?

質問: 私の娘は太りすぎなので、彼女の健康が心配です。超越瞑想は役にたちますか?

答えはこちら
子供でもTMを学べますか? 学べるとしても、何か有害な副作用があるのでは?

クラーク博士: 子供は10歳から超越瞑想法を始めることができます。副作用はありません。研究の結果、集中力や心の明晰さの向上、学校の成績の向上、知能、創造性、自己評価の向上といった有益な副作用しかないことが確認されています。10歳未満の子供は、特別な歩く瞑想法を学ぶことができます。それは調和と安定性をもたらす効果があることがわかっています。

質問: 誰でも何かに対して神経質になることはありますが、私の娘は本当に過敏です。彼女は、数学の試験が近づくと不安感に襲われ、ほとんど何にでもカンシャクを起こします。これは正常でしょうか?

スティクスラッド博士: 不安は子供たちには非常に起こりやすいことです。実は、とても多くの子供たちは不安症でありながら、診察を受けていません。人々が子供たちの不安を十分深刻には受け止めていないためです。ですがそれは深刻に受け止めるべきです。なぜなら、不安症は精神衛生上の他の問題につながるからです。成人で鬱病になった人たちを調べると、彼らのほとんどすべてが子供の頃に不安症を経験しています。

ストレスに関して世界一流の専門家のひとりは、鬱病とはストレス反応のシステムが疲れ果ててしまう結果であると考えています。つまりこういうことです。あなたが子供で、不安になることが多いとすると、あなたのストレス反応(闘争・逃避反応)は絶えずあなたを守ろうとして、あなたの脳とあなたの身体をストレスホルモンでいっぱいにします。それはしばらくの間は有効に働くかもしれません。ですが結局は、そのストレス反応のシステムは疲れ果ててしまいます。それが疲れ果てると、あなたはもうお手上げの状態になってしまうのです。

子供の不安障害は、パニック障害、分離不安障害、全般性不安障害のいずれであっても、そのほとんどが一過性のものであり、やがては治っていきます。しかし、不安の問題を抱える子供たちはかなりの割合で、その障害を再発させています。ですから再度言いますが、後になって精神的健康の問題を発症するかどうかを予測するために一番良い方法は、子供の頃に不安症を経験したかどうかを調べることです。

だからこそ専門家たちは「子供たちの不安症は治療しなければならない」と言っているのです。あなたに不安を抱えた子供がいるのであれば、それを治療しなければなりません。子供の苦しみを軽くするためだけではありません。あなたが治療してあげないと、子供の不安はさらに悪化するおそれがあります。子供たちの不安の問題を効果的に治療できれば、彼らが将来鬱病を発症したり、常習行為に走ったり、精神衛生上のその他の問題を起こす可能性は大幅に少なくなります。

質問: 私の娘にはどのような種類の治療が役立ちますか?

スティクスラッド博士:子供の不安に対処するための、もっとも効果的な方法が超越瞑想です。自分自身を深くリラックスさせる方法を子供に教えることです。超越瞑想は、不安の問題を抱えた子供たちの治療だけでなく、不安障害の予防のためにも、きわめて重要な手段になると私は考えています。というのは、不安障害とは基本的には闘争・逃避反応が過剰に働いていることの反映だからです。また研究の結果から、超越瞑想を実践すればその闘争・逃避反応が徐々に正常化することがわかっています。

質問: ある程度のストレスは私たちに有益なのではありませんか?

スティクスラッド博士: 何か脅威になるものがあるとき、多少は不安を感じたり、ストレスを感じることも必要でしょう。なぜなら、そうすることで、あなたは天敵とか危険な状況から逃げ出させるからです。自然は、闘争・逃避反応によって危険に対応できるようなプログラムを私たちの生理に組み込んでいるのです。

私たちに必要なものは、本当の緊急事態の際に対処できる適切なストレス反応です。そのようなストレス反応は緊急事態が過ぎれば消え去るので、私たちのストレスホルモンは正常になり、不安や心配や強迫観念を慢性的に感じることはありません。子供たちが不安症や、幼年期・思春期の慢性不安に起因する病気を発症させないように予防する上で、超越瞑想はきわめて大きな役割を果たします。

質問: 私の十代の息子は、不安を感じているだけでなく、とても憂鬱になっています。超越瞑想法は助けになるでしょうか?

クラーク博士: 不安や抑鬱はストレスによる症状です。大人が仕事や人間関係でストレスを受けているのと同じように、子供や若者もしばしば家庭や学校でストレスを受けています。研究の結果、超越瞑想法はストレスを軽減するだけでなく、内面の幸福感を高めるので、順応性、社交的な能力、自己評価を改善することが証明されています。子供と若者が超越瞑想プログラムを学ぶと、彼らは外から認めてもらおうとするのではなく、自らの内側から自己を認めるようになる傾向があります。それによって主体性が高まり、周囲からの圧力の影響を受けにくくなります。

研究の結果、超越瞑想法を規則的に実践すれば、生徒の学業成績や社交的能力が有意に向上することがわかっています。生徒が超越瞑想法を実践している学校の実例となるのが、アイオワ州のフェアフィールドにある「悟りの時代のマハリシ・スクール」です。その学校では生徒たちが学業、芸術、スポーツで大きな成功を上げています。

質問: 私の息子は頭は良いのですが、一生懸命努力するという面に欠けるようです。超越瞑想法は息子が向上するための役に立つでしょうか?

クラーク博士: 聡明な生徒が、ストレスを受けたり抑鬱や倦怠感のために、学校での勉強に身が入らないというのは時々あることです。しかし、超越瞑想法を学び、それを規則的に実践すれば、ストレスや抑鬱や倦怠からくる症状は軽減します。そして、内面の輝きや喜びが増してくるので、他人や環境を正当に評価する能力も高まります。知性だけが子供たちの学校の成績を上げたり、生徒たちを十分に成長させるのではありません。本当に聡明な生徒は、知的であるだけでなく、健康で、幸福であり、社会に順応できるべきです。

質問: 私の娘は太りすぎなので、彼女の健康が心配です。超越瞑想は役にたちますか?

クラーク博士: 肥満は、子供や若者の健康面の大きな懸念材料です。残念なことに、過去20年間で肥満症は流行病になっており、肥満が健康面に及ぼす影響は長期的です。子供のときに肥満症になると、その後の人生で糖尿病や心血管系疾患を発症する危険性が高まります。

肥満症には悪い食習慣と運動不足の両方が関連しています。超越瞑想の実践者がよく報告するのは、瞑想を開始すると心と体の調和が増してくるということです。これは超越瞑想法が深い休息をもたらし、ストレスを解消するためです。心と体へのメッセージのフィードバックを妨げているのは疲労やストレスです。子供たちが規則的に瞑想して、鋭敏さや明晰さが増してくるのを感じると、より健康に有益な食事や活動を選ぶ傾向が強くなります。

超越瞑想法に関する研究では、瞑想によって活力が高まり、生理のバランスが増すことがわかっています。規則的に実践すれば、無気力になっている人々でも、肉体的な活発さが増してくる傾向が見られます。以上の理由から、超越瞑想法の実践は、肥満の子供たちが健康のためにできる最も効果的な手法であると言えます。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tmsite.blog40.fc2.com/tb.php/411-bbd7fa4f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。