瞑想の効果を実感してみて下さい。

超越瞑想(TM)の方法や効果について詳しくご紹介します。

静寂のひととき……TM瞑想

瞑想で脳の潜在力を開発!

超越瞑想法で記憶力、集中力、意志決定力を向上

photo_clark.jpgクリストファー・クラーク(医学博士):イェール大学医学部精神医学科を卒業し、ワシントン大学から児童心理学の研究奨学金を受ける。20年以上にわたり開業医として診療にたずさわり、現在はフロリダ州ベロビーチで精神科医をしている。


質問: 私は現在50代ですが、記憶力は以前より衰えているようです。超越瞑想法は記憶力を良くするために役立ちますか?

クラーク博士: 多くの研究の結果、超越瞑想法を規則的に実践すれば短期記憶、長期記憶ともに改善することがわかっています。超越瞑想法の規則的な実践によって心はより新鮮で鋭敏で深く安らいだ状態になります。生理の安らぎが増すと、自然に心はより明晰になり理路整然と働くようになるので、記憶力、集中力、認知能力が向上します。

1日の労働で蓄積した精神的疲労が超越瞑想の実践によって解消されると、集中力の妨げとなるストレスや緊張も減少します。集中力が改善されると、記憶力も良くなります。50代くらいの年齢で超越瞑想法を学ぶと、記憶がより明瞭、鮮明になるので、それまでの数年間に比べて、本を読んだ内容がよく記憶できるようになっているのに気づくでしょう。

質問: 私はいつもとても疲れていて、仕事に集中できずに困っています。TMは助けになるでしょうか?

クラーク博士: 科学的研究の結果、超越瞑想法を実践している人々は集中力が高まり、気が散ることが少なくなり、仕事の能力が向上することが明らかになりました。また、環境の中から注意を向けるべき対象を見分けられる(つまり対象への集中力が高まる)ことや、よりすばやく正確な意思決定ができるようになることも実証されています。瞑想を実践するたびに、心はリフレッシュされ、より明晰で安定した状態になり、情報の処理能力が高まります。瞑想は仮眠や休憩をとるよりも効果的なのです。

超越瞑想法は睡眠よりも深い休息を与えるという効果があります。そして調査によると、アメリカ人は睡眠不足であり、睡眠時間が100年前より平均1時間半少なくなっているということです。人々は睡眠不足で疲労が蓄積しているため、日中に精神的疲労を感じ、仕事の能率が低下し、ストレスが増大しています。超越瞑想プログラムを規則的に実践すれば、このような疲労の蓄積や睡眠不足を軽減することができ、そして夜の睡眠はより深く、より安らかなものになります。疲労が少なくなれば、ほとんどの人は仕事への集中力が高まります。

質問: 私は仕事や子育てが大きなストレスになって、まともに頭が働かず、後で後悔するような決断をすることがよくあります。私の日課に超越瞑想を加えることで、どのような助けになるでしょうか?

クラーク博士: 超越瞑想を日課に加えると、一貫性、集中力、創造性、機知が高まります。超越瞑想を規則的に実践すれば、生理のストレスや疲労が解消されます。研究結果によれば、超越瞑想の実践によって仕事の能率が向上します。超越瞑想の実践を始めた多くの人々は、無理なく子育てができるようになり、これこそが彼らが探し求めていた解決法であったことに気づきます。

質問: 私は少しばかり空想的で非現実的なところがあります。友人たちは私のことを現実離れしていると言います。超越瞑想を実践しても、空想にふける傾向が増すだけで、身近な物事に集中できなくなるのではないでしょうか?

クラーク博士: いいえ。研究の結果、超越瞑想法を実践すると創造力と集中力がともに高まることがわかっています。

芸術的・創造的な才能や広い視野をもった人々は、その能力ゆえに空想的になることがあります。研究では、超越瞑想法によってそれらの創造的能力が高まるだけでなく、心の集中力や問題解決能力なども向上するという結果が出ています。超越瞑想法は、いわゆる脳の実行中枢を含めた脳全体を活性化させるので、その人の創造性を高めるとともに現実的な生産性も高めます。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tmsite.blog40.fc2.com/tb.php/400-ae3d0333