瞑想の効果を実感してみて下さい。

超越瞑想(TM)の方法や効果について詳しくご紹介します。

静寂のひととき……TM瞑想

瞑想で脳の潜在力を開発!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
超越瞑想法で糖尿病を改善

photo_sandeep.jpgサンディープ・チョーダリー(医学博士)は、ロマ・リンダ大学医学部で内科学および小児科学の専門医認定を受け、その後、サンジエゴのカリフォルニア大学で内分泌学の専門医認定を受けました。彼は現在、スクリップス記念病院(カリフォルニア州ラ・ホーヤ)のウェルスプリング・エンドクリノロジーの医療ディレクターをしています。

質問:2型糖尿病は、体内でインスリンを分泌できなくなるか、インスリンが作用しなくなることに関係する生化学的な問題ですが、超越瞑想法はどのように2型糖尿病に影響を与えることができますか?

サンディープ・チョーダリー博士:糖尿病はいくつもの段階を経て顕在化いていく病気ですが、その過程を見てみると初期の段階では、患者はインスリン抵抗性を発症させます。つまり、インスリンが作用する効率が低下していき、その結果として血糖値が上がり始めます。

次に起こる結果は、膵臓が長年にわたって酷使されていれば、膵臓のインスリン分泌が次第に減ってきます。そうなると、インスリンがもっと必要になっても、膵臓はそれ以上インスリンを分泌できません。実は、膵臓が長年酷使されてきたため、ゆっくりと壊死が始まっているのです。

2006年に『アーカイブ・オブ・インターナル・メディスン』に発表された研究では、超越瞑想法の実践はインスリン抵抗性を改善するために、糖尿病の初期段階の治療に役立つことが示されました。ですから、糖尿病を発症して何年も経つと膵臓がかなりダメージを受けますが、もう救いがないというわけではないのです。

質問:より望ましい食事を選ぶことは、どのようにインスリン抵抗性を下げるのに役立つのですか?

サンディープ・チョーダリー博士:複合糖質、健康に有益なタンパク質、繊維含有量の高い野菜を調理したものなど、健康に良い食事を摂るようになると、その分だけ膵臓にストレスがかからなくなるので、その人の膵臓のインスリンの分泌は少なくなります。

それとは逆に、ジャンクフードを食べていると、その人の血糖値は激増します。そのため血糖値を下げるために膵臓は余分に働いて、より多くのインスリンを分泌しなければならなくなるのです。

質問:TMの実践はインスリン抵抗性を下げるために役立ちますか?

サンディープ・チョーダリー博士:2006年に『アーカイブ・オブ・インターナル・メディシン』に発表された研究では、超越瞑想プログラムの実践者は、HOMAで測定されたインスリン抵抗性に有意な低下を示しました。「HOMA」とは、ホメオスタシス・モデル評価の略語で、インスリン値の尺度になります。

血糖値がより安定している人々は旺盛な活力をもつ傾向があり、一方、血糖値の変動が大きい人々は1日の間により多くの疲れを感じ、心の明瞭さも低下する傾向があります。薬物治療で血糖値の変動を抑えることはできます。適切な薬物治療を受ければ、患者は集中力を改善することや、何とか一日を気分良く過ごすことはできます。ですが、それは生化学的なレベルでのことです。超越瞑想法を実践すると、それよりずっと根本的なレベルの変化を生みだすことができます。

超越瞑想法は、生理の最も深いレベル、すなわち意識それ自体のレベルにバランスを生みだします。そのような深いレベルで健康的な作用が生じると、人間の生理の粗大なレベルにもより深遠な変化が生みだされます。超越瞑想法を実践すれば、この最も基本的な実存のレベルに変化が生じ、それがより大きな変化をもたらします。健康に良いものを自然に選ぶようになり、そして精神面と身体面の健康が生みだされます。

超越瞑想法を実践すると、不安やストレスが減少するので、より望ましい食事を選ぶようになるだけでなく、食事が体内でより効率的に消化、吸収されるようになります。

質問:TMを実践すれば、私が補給しなければならないインスリンの量は少なくなりますか?

サンディープ・チョーダリー博士:あなたを診察している医師のアドバイスに従ってください、というのがこの質問の回答です。研究の結果、超越瞑想法を実践し、健康に良い食事を始めれば、通常は薬物治療の必要性が減少することがわかっています。超越瞑想法の実践を始めるのであれば、医師の指示の下で、あなたのインスリンの必要量を調節していくことができます。

私の患者の中に、糖尿病を長年患い、多くの薬物治療を受けていた人がいます。彼女は超越瞑想法を始め、身体から毒素を排除するためのセッションを何回も受け、健康に良い食事をするようになりました。その間、彼女が最初に受けたA1C検査(平均血糖値の測定)では9という比較的高い値だったのですが、最後には検査値が7以下に下がりました。それは糖尿病患者には理想的な値です。

ですから私の経験から言えば、超越瞑想法の実践を始めた人たちは、次第に自分の身体にとって必要なものを好むようになるので、自発的に健康のために良い食事をするようになります。

質問:ストレスも2型糖尿病の原因になりますか?

サンディープ・チョーダリー博士:はい。それは肥満症の場合と同じ理由です。あなたがストレスを受けていると、あなたのコレステロール値が高くなる傾向があり、そのためインスリン抵抗性も上がります。さらに、健康に悪い食事をしたり、食べ過ぎたりしがちになります。また、不安を抱いている人は睡眠のパターンが乱れる傾向があるので、夜中に何かを食べるようになりがちです。

夜中に食事をするのは、とりわけ糖尿病患者にはよくありません。なぜなら、午前3時頃に5分間くらい、自然に成長ホルモンの分泌が急増するからです。そのためインスリン抵抗性が一時的に増大し、続いて血糖値が上昇します。深夜に何かを食べてしまうと、この成長ホルモンの影響で血糖値がさらに急上昇します。そうなると薬物治療の効果は減少します。ですから、糖尿病の治療中にはストレスと不安を管理することが重要になります。

この場合も超越瞑想法は役に立ちます。なぜなら、研究結果が示すように、超越瞑想法を実践すればストレスを減少し、睡眠のパターンが規則正しくなるからです。そうなれば、その人は夜はよく眠れるようになって、ストレスや不安のために深夜に食事をすることはなくなります。

質問:肥満の問題がある人たちの多くは、2型糖尿病にもなっていますね。

サンディープ・チョーダリー博士:そうですね。この病気は家系内で伝わります。2型糖尿病の患者のほとんどは、家族のだれかが同じ病気をもっています。私たちは国全体でますます肥満の度を増しています。そのため、世代が変わるたびに、前の世代よりもインスリン抵抗性が高くなっているのです。これが、子供たちの間に2型糖尿病が蔓延しつつある理由のひとつです。

そのうえ、ファーストフードへの嗜好、極端な運動不足、ストレスの多いライフスタイルといった私たちの国民的習慣が加わるので、この国では国民がますます肥満となり、2型糖尿病の発症率がますます高くなっています。

このような状況でこそ、超越瞑想プログラムを本当に役に立てることができます。なぜなら、ストレスを少なくすることができれば、また、自分自身の本質と調和するための時間を1日2回とることができれば、その人たちは、肥満に関わる多くの問題を解決し始めます。「最近、あまり食べ過ぎないようになった。もう不安になったり、ストレスがたまったりすることがない」とか、テレビの前で座っているかわりに「自然の中を散歩しよう」と考えている自分に気づくかもしれません。それは、肥満に関わる問題を解決し始めている印です。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tmsite.blog40.fc2.com/tb.php/357-2bcdcd1d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。