瞑想の効果を実感してみて下さい。

超越瞑想(TM)の方法や効果について詳しくご紹介します。

静寂のひととき……TM瞑想

瞑想で脳の潜在力を開発!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ロードアイランド州の理想社会キャンペーン

 1961年、TM運動が始まったばかりの頃、マハリシは、世界平和を実現するためには、世界人口の十分の一の人々が瞑想する必要があると話していました。しかし、1974年に「1%効果」が発見され、都市人口の1%の人が超越瞑想を行うだけで、その都市全体に調和的な影響が高まることがわかりました。

 そして、その4年後の1978年には、超越瞑想とTMシディプログラムをグループで実習することで、人口のルート1%というさらに少ない人数で、社会全体に調和の影響を生み出せることがわかりました。

 このルート1%効果は、米国ロードアイランド州で行われた「理想社会キャンペーン」の期間中に偶然発見されたものです。今回は、この「ルート1%効果」が発見されるきっかけとなったロードアイランド州の理想社会キャンペーンについてご紹介します。

 1978年のある温かく気持ちのよい夏の夕方、州都プロヴィデンスの中心街からさほど離れていない、昔からの家が並ぶ一区画の周囲を私たちは歩いていた。訪問先の家に到着し、玄関の石段に向かって歩いているとき、仕事で行き来している人々や、六月の心地よい夜をただ楽しんでいる人々から何十回も挨拶をされた。他にはたいしたことは起きていなかったが、私たちはまさにこれを見るために来たのである。それは単なる人の集まりであったが、いつか重大な歴史的事件として思い出されることになるかもしれないという予感がしていた。

 その家の中は満員であった。二階のいくつかの部屋は寝具が天井まで積み上げられており、他のいくつかの部屋ではミーティングが開かれていた。その家に集っていたのはTM教師であり、一夏かけてロードアイランド州を「理想社会」に変えるために、東海岸全域から集まっていたのだ。

 TM運動の国際組織は、彼らが発見した1%効果をぜひ証明したいと思い、ロードアイランド州の既存の住民の1%に超越瞑想を教えることに決めた。小さなロードアイランド州が選ばれたのは、地理的に狭く、人口密度が高く、しかも都市よりも政治的・文化的に独立しているからである。そこで、夏の間にロードアイランド州の人々に瞑想を教えるために、1978年6月にTM教師が何百人も到着し、州全域に散らばり始めた。

 しかし、ロードアイランド州民はそれほど興味を示さなかった。確かに多くの人がその夏に瞑想を習ったが、人口の1%に達するには至らなかった。明らかに、彼らは州の歴史上最良の夏を楽しむことで手一杯で、他のことをする暇がなかったのである。

 だがTM教師たちにとっても、それほど悪い夏ではなかった。ロードアイランドは動き回りやすいところなので、彼らはプロヴィデンスにある指導センターを戦略を練る本部としてだけでなく、旧友と集まったり、新しい友人を作る場所としても活用したのである。その古い家は、夏の間ずっと人ではち切れそうになっていたが、いつでもほほえみを浮かべているようであった。

 当然このTM教師たちは、できる限り一緒に瞑想することにも努めた。さらに、偶然にも彼らのほとんどが、1977年にマハリシが教え始めたTMシディ・テクニックを、1978年の夏までに習得していた。この新しいテクニックによって、純粋意識の効果の決定的な躍進が可能となった。(続く)












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tmsite.blog40.fc2.com/tb.php/34-5830f816

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。