瞑想の効果を実感してみて下さい。

超越瞑想(TM)の方法や効果について詳しくご紹介します。

静寂のひととき……TM瞑想

瞑想で脳の潜在力を開発!

ADHD:超越瞑想法で衝動を抑制する

ADHD(注意欠損多動性障害):集中力が持続できず、注意が散漫になる。絶えず、落ち着かず動き回る。衝動的で興奮しやすい。こうした症状をもつ発達障害あるいは行動障害。最近アメリカで、ADHDの新しい治療法として、超越瞑想が学校で取り入れられ、注目を浴びている。

photo_stixrud.jpgウィリアム・スティクスラッド博士(Ph.D.)は、臨床神経学者で、学習障害、注意障害、社会情緒的障害を専門とするグループ診療所、ウィリアム・スティクスラッド&アソシエーツ(メリーランド州シルバースプリング)のディレクターです。また、ワシントンDCの全国児童医療センターで非常勤スタッフを務めています。

《すべての質問の答えを表示》

質問: 周知の事実ですが、子供たちは以前よりも多くのストレスにさらされています。このことは、ADHDやその他の問題の一因になっているのでしょうか?

質問: 子供たちの学校におけるストレス反応はどのようなものですか?

質問: このストレスは超越瞑想法で軽くすることができるのですか?

質問: ADHDの実に困った一面は、衝動を抑制できないということです。そういう子供は、いつも、衝動的に何かを口走って周囲の人々の話をさえぎり、そのために人々はイライラさせられます。そんな場合にも超越瞑想法は役に立ちますか?

質問: あなたはそうしたことを身近で体験しているようですね。

質問: 超越瞑想法がADHDの治療に役立つことを示す研究は他にもありますか?

質問: 瞑想はすごいと思いますが、私は自分の子を集中力のある子供にしたいと思っています。あまり消極的な子供にはしたくはありません。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tmsite.blog40.fc2.com/tb.php/289-b866d24d