瞑想の効果を実感してみて下さい。

超越瞑想(TM)の方法や効果について詳しくご紹介します。

静寂のひととき……TM瞑想

瞑想で脳の潜在力を開発!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「平和のための演技」
 スティーブン・コリンズが語る


TVシリーズ『7th Heaven』のスター、スティーブン・コリンズは、超越瞑想プログラムを27年間以上実践しています。このインタビューでは、瞑想から得られた経験、そして世界平和を促進するために彼が果たしている役割についてお話していただきました。

SC5.jpg質問:超越瞑想法を学んだきっかけは何ですか?
スティーブン・コリンズ:私はニューヨークに住んでいましたが、1976年に、最初に出演した映画『All the President’s Men』(邦題『大統領の陰謀』)を撮るためにロサンゼルスに出て来ました。ロサンゼルスの様子を見ておきたかったので、そこで1年暮らすことにしました。そして、その映画の撮影が終わった後、テレビの仕事をいくらかやっていました。

その頃、私は『メルローズ・プレース』のようなアパートに住んでいました。そこは、だだっ広くて、家賃は比較的安く、人気上昇中の若い俳優やモデル、ディレクター、ライターがたくさんいました。近くにはテニスコートやオリンピックサイズのプールがありました。

ある日、私がプールサイドに座っているときに、クリント・イーストウッドと会話を始めました。私は、それまでの2年間で超越瞑想が爆発的に広まっているのを知っていました。私たちは数日間、午後になるとプールサイドに座っていました。私は彼にTMについて質問し、彼はそれが簡単であり、どこにいてもできるということを説明してくれました。彼はTMに関する研究がいくつか載っている本を見せてくれたのですが、それがとても印象に残りました。そして1976年6月にTMを学んだのです。

始めてからすぐ、ほとんど圧倒的と言っていいほどの心地よさを感じました。そのような安らぎはそれまで体験したことがありませんでした。TMは、クリント・イーストウッドが話していたとおりのものでした。それはまさに超越の体験であり、それを楽に続けられるのは間違いないと思えるような体験でした。

質問:TMを始めてから、演技の面で何か影響がありましたか?
スティーブン・コリンズ:最初の頃、TMと演技との間に関係があるとは気づいていませんでした。気づいていたのは、もっと微妙なこと、つまり、自分自身をより大切にするようになったことです。ショービジネスはある面で狂気のビジネスと言われますが、そういう面に捕らわれることが少なくなっているのを感じました。たしかに、それは狂気であり、人を捕らえてしまうものですが、TMを始めてから、それに捕らわれない、自分自身の中心を見つけられるようになりました。それ以前には決してなかったことです。それは演技を行う上で大きな助けとなりました。そのような影響がゆっくりではありましたが着実にあらわれてきました。

もっとも大きな効果は、私が本当に参加したいと思うプロジェクトのことを、自然に考えるようになったことでした。仕事のために割り切るという考えは魅力を失っていきました。そして、どのような作品を世に出していくかという考えが、より重要に思えるようになりました。

『7th Heaven』は、私にとって素晴らしい贈り物でした。私はそれに一生懸命取り組むことができ、そして、満足できるものを世に出すことができました。それは素晴らしい気分です。このショーは大成功を収めました。8シーズンにわたって視聴率は上がり続け、WBネットワークの5年間の番組の第1位にランクされました。『Buffy』、『 Dawson’s Creek』、『Smallville』といった、ものすごく人気のあったショーよりも上位にランクされたのです。

瞑想をやっていなかったとしたら、私は『7th Heaven』に巡り会うことができなかったと思います。仮に巡り会ったとしても、その価値を見抜くことができたという自信はありません。台本を読むことはそれ自体でアートです。台本の価値を見抜くことができなかったために、私は自分のキャリアのなかで、愚かな大失敗を何度か犯して、物事をダメにしてしまったことがあります。ほとんどすべての俳優はそのような失敗を経験しています。

『7th Heaven』の台本を読んで、それを断った俳優も知っています。彼はその役を得ようとはしませんでした。しかし、私はTMを始めてから、私が読むべきもの、私が参加したいと思うものへと、とても自然に注意が向くようになっていました。これはまさに瞑想の効果だと思います。

質問:超越瞑想法に関心がある人に、あなたはどのように言いますか?
スティーブン・コリンズ:それを学びたいという気持ちが少しでもあるのなら、あなたは自分の第六感に従うべきです。あなたをそれに引きつける何かが内側で湧き起こるのを感じているなら、それに身を任せてください。あなたの内側深くから強い感動が湧き起こるのであれば、たぶんあなたはそれに身を任せるべきなのだと私は信じています。

これまで、瞑想はまさに私の人生の一部でした。しかし、瞑想するのを止めていた時期もありました。娘が生まれたばかりの頃です。瞑想する時間を見つけることは難しすぎるように思えたのです。「もうこれはできないかもしれないな」と私は思いました。それはまったく生活上の都合による理由でした。

しかし、それから数か月後に気づいたのは、自分が人生をあまり楽しんでいないということでした。瞑想をやめていた期間、私は、1日2回の小さな休暇を失っていたのです。瞑想をしていれば、私は世界をもっとはっきり眺めることができ、どこにいてももっと楽しくなれて、いつの瞬間にもバラの香りを感じていられるのだと気づきました。それで私はまた瞑想を始めたのです。

その経験から、より多くを成し遂げるには、TMという小さな休暇を自分に与える必要があるのだということをはっきり実感しました。たぶん、ほとんどの人は、自分が十分な成果を上げているとは感じていないようですが、私は時々ふり返って「うん、かなりのことをやり遂げたな」と思っています。瞑想していなかったら、すべてをやり遂げることはできなかったでしょう。たとえ同じことをやり遂げたとしても、それを同じくらい楽しんで行うことはなかったでしょう。それはとても重要なことです。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tmsite.blog40.fc2.com/tb.php/229-8b12815d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。