瞑想の効果を実感してみて下さい。

超越瞑想(TM)の方法や効果について詳しくご紹介します。

静寂のひととき……TM瞑想

瞑想で脳の潜在力を開発!

「超越瞑想中、私たちは自らの内なる本性を体験します。それは落ち着いた、静かな、そして爽やかな体験です。この体験を内側深くで毎日繰り返すことにより、日中はエネルギーと鋭敏さが増大するので、私たちの活動は成功しやすく、楽しいものになります。また私たちは、この瞑想がとてもインド的であると感じています。これはインドの人々に自然に受け入れられるものです。世界中の人々との競争を迫られるグローバルな環境のなかで、この瞑想は私たちを有利に導いてくれます」
B. K. モディ博士
モディ株式会社会長兼社長


「私の場合、超越瞑想を始めたその週から、仕事面で効果が現れているのに気づき、4カ月で健康面にも効果が現れました。今では、心と思考がより明瞭になった結果、仕事の能率が向上しています。超越瞑想のおかげで血圧が一定に保たれ、一日を通じて新鮮な気持ちで活動できるようになったと、私は信じています。1日2回20分間費やすだけで生活の質を改善したい人々に超越瞑想をお勧めします」
K. K. アグラワル氏
ヒーロー・ホンダ上席副社長


「この6カ月間、約20分間の超越瞑想を1日2回実践した結果、私は、大きなプレッシャーがある時でさえ、以前よりずっとリラックスできるようになりました。記憶力も向上し、家族や会社の同僚との人間関係も大幅に改善されました。数多くの重大な局面を体験すると、いわゆる幸運を呼び込む要因は何かが、非常にはっきりとしてきます。私は60歳を過ぎていますが、過去44年間にわたりヨーガを実践してきました。それにもかかわらず、確かにTMは、私の生活の質を大幅に改善するのに大いに役立ちました」
シャシ・ウルアル氏
ハグヘス・エスコート通信(株)会長兼社長


「私は1974年から超越瞑想を実践してきましたが、現在、エリクソンで100人以上の同僚がこの瞑想法をやっています。私は、アイデアを実行に移すことがとても容易になりました。アイデアを思いつくと、それを明確な形にして、建設的なやり方で伝達するまでを一気にやってしまいます。新しい物事を受け入れることや、古いものと新しいものとの衝突を解決することも、以前より簡単にできるようになっています。社内のコミュニケーションもより率直なものになっています」
エヴァ・サロモンソン氏
エリクソン(スウェーデン)、技術・品質管理部長


「当社では、従業員のバランスのとれた人格的発達のためにマハリシ企業開発プログラムを導入しました。SRFでTMを実践した従業員は、鋭敏さや落ち着きが増し、ストレスが原因の健康問題から解放されたなど、数多くの効果を報告しています。こうした効果のすべては、間違いなく社内の調和とチームワークを高めるとともに、従業員の生活を改善するでしょう」
ラマナタン氏
シュリ・ラーム繊維(株)、社長・人材開発責任者


「超越瞑想は、私の公私の問題解決に大いに役立ってきました。超越瞑想をすると、深くリラックスするとともに、より積極的な姿勢になれます。超越瞑想はきっと、さらに多くの人々の人生に喜びと幸福をもたらすでしょう」
ラタン・ジンダル氏
ジンダル・ストリップス社長


「超越瞑想は私にとって、自分自身を取り戻すための手段です。超越瞑想を実践すると、休息がとれ、精神が安定し、そして周囲の出来事への洞察力が得られます。超越瞑想は私の心と体の根本レベルに働きかけて、心身の統合をますます深めていきます」
ピーター・コリドン氏
IBM(オランダ)、経営開発部長


「現代の世界で成功する秘訣は、なににも増して、革新性、創造性です。競争相手より明らかに優れた製品やサービスをつくりだせば、現代の世界で成功を勝ち取ることができます。自分自身の創造性とともに自社の従業員の創造性を高める能力をもつことが、管理職の究極の責任であると私には思えます。そして超越瞑想プログラムは、私が知る限り、創造性を高める最上の方法です」
ブルトン・A・ドーレ氏
ピューリタンベネット社(呼吸器医療機器メーカーの最大手)、前会長兼CEO


「私にとって、超越瞑想中に得られる内側の安定した目覚めと意識の拡大の体験は、成功を導く意志決定のまさに基盤となっています。瞑想後、私の心と意識は明瞭になり、レーザーのように細部に集中すると同時に、細部を見失うことなく広い視野をもつことができます。私は、洞察力と直感力、そして集中力と分析力が成長し続けているのを感じています。ビジネスに携わった長年の間、TMは競争を勝ち抜く上で大きな強みになってきました」
スティーブ・ルーベン氏
ユナイティッド・フューエル・インターナショナル(株)(国際的なエネルギー仲買企業)、会長兼CEO












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tmsite.blog40.fc2.com/tb.php/153-30699aeb