瞑想の効果を実感してみて下さい。

超越瞑想(TM)の方法や効果について詳しくご紹介します。

静寂のひととき……TM瞑想

瞑想で脳の潜在力を開発!

IMG_09671.jpg

内側の調和に基づいて外側の調和が確立される

宇宙意識において、心は内なる大我(存在)との完全な調和を確立しています。心は存在になります。心が存在になるということは、心が存在との絶対的な調和を得るということです。自分自身の大我との無限の調和があります。これが宇宙意識です。人は自分自身の大我との完全な調和を得たのです。

さて、自分自身の大我との調和を得た後、その次のステップは、自分以外の他のものとの調和を得るということです。これが調和の発達の次のステップです。そして、このステップが効率的に始まるのは宇宙意識からです。なぜなら、あらゆるものとの調和を得るためには、その調和の基礎が強力でなければならないからです。これはとても重要なポイントです。

ビルを空高く建てるときには、基礎となる地下部分がしっかり造られなければなりません。では、あらゆるものとの調和の基礎となるのは何でしょうか。それは自分自身との調和です。優秀な医者であるための基礎は、医者自身が健康であるということです。医者自身が健康であるということが、医者であることの基礎であり、証となります。もし不健康で苦しんでいるとすれば、その医者は医学の技術を活用していないことになります。医療にしっかりとした基礎をもっていないのです。

自分自身の内側における調和が十分に築かれていないのであれば、つまり、心、体、理知、自我の間の協調、人格全体の協調が弱いのであれば、外側との調和は決して得られません。混乱した弱い人間、つまりその人の理知と心が同じペースで機能していない、五感と自我が同じペースで機能していない、そのような人は他のものとの統合を見いだすことはできません。自分自身の内面における協調が保たれていない人の場合、他人との関係は常に統合に欠けたものとなります。

生命における永遠の調和とは、すべてのレベルに調和が確立された状態です。すべてのレベルとは、生命の主観面と生命の客観面です。心が存在に立脚し、自分自身の調和を保っている人は、自分の外側のすべてのものとの調和を確立するようになります。つまり、宇宙意識は、心と存在との完全な調和を確立することによって、大我の気づきの意識が決して失われないようにします。

大我の気づきの意識が失われなくなると、人格の主観的な内面が完全な調和を保つようになります。人格の主観面における、すべての部分の協調がよくなります。内面における完全な調和は、外側の世界との調和を確立するための基礎となります。人が外側の世界との調和を確立するのは、内側の調和を確立することによってです。続く(高次意識への成長より)












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tmsite.blog40.fc2.com/tb.php/133-071644de