瞑想の効果を実感してみて下さい。

超越瞑想(TM)の方法や効果について詳しくご紹介します。

静寂のひととき……TM瞑想

瞑想で脳の潜在力を開発!

j0222532.gif 病は気からといいますが、悩みや心配事は、病気を引き起こすのに十分な力をもっています。心の状態に起因するものとして、心臓病、潰瘍、喘息、心身症などはよく知られていますが、それだけではありません。医学会の権威ある筋によりますと、病気の60~90%は、精神的緊張が原因になっているといわれています。

 この緊張は、ストレスという形をとって、体の中にため込まれてゆきます。ストレスとは一般的に、何か漠然とした精神的抑圧のようなものと思われていますが、ここでいうストレスは、神経系の化学的または物質的異常のことを指しています。無理をすること、体験過多がその原因です。肉体的にも精神的にも、日常のいろいろな体験が神経系統をゆがめてしまうほど過ぎた場合、それがストレスとして残ります。これが、夜の睡眠でも解消しきれないくらいにたくさんあったり、根深いものであったりすると、それはどんどん体の中にため込まれていき、私たちの活動の効率を妨げます。

「あわてなければうまくいったのに」こう思うことは誰にでもあります。どんな状況であっても、落ち着いてことを運べばスムーズなのですが、ほんの小さなイラ立ちによって、問題が生じてしまうことがよくあります。本来あるべき楽しい人生を、このストレスが妨げているといっても過言ではありません。

 超越瞑想の実践による深い休息は、体に安らぎを与え、神経系にたまった根深いストレスを取り除きます。それによって、心はより明瞭になり周りの状況をもっとよく知覚できるようになりますから、人生はもっと落ちついた、ストレスのないものとなるはずです。

 暗い部屋に迷い込んでしまったときには、たとえそれが自分の部屋であっても人は恐怖感を抱きます。ですが、明かりをつければなんでもないことだと気付きます。ストレスで一杯の状態はちょうど暗闇の中にいるようなものです。知覚はストレスのために曇らされ、狭められた状態にあります。狭い視野では限られた部分しか把握できません。それが苦しみや恐怖の原因となっているのです。しかしもし、私たちの意識が拡大し、周りの状況をはっきり知覚できるようになれば、恐怖を感じることはなくなります。

 超越瞑想の規則的な実践によって、意識が拡大し、広い視野で物事を捉えることができるようになります。それは暗闇に光をもたらすようなものです。それによって、すべての苦しみや恐怖は消え去り、問題は問題でなくなります。ストレスという暗闇が取り除かれるにつれて、私たちの考えや行動は、より秩序正しく創造的になり、自然に成功へと結びつくようになるでしょう。(過去のユートピアの記事より)













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tmsite.blog40.fc2.com/tb.php/119-85e28a4d