瞑想の効果を実感してみて下さい。

超越瞑想(TM)の方法や効果について詳しくご紹介します。

静寂のひととき……TM瞑想

瞑想で脳の潜在力を開発!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
eyes0276.jpg

「お金よりも価値あるもの」
 レイ・コクラン

創造性が高まり、物事がスムーズになって、人生の難題が解決する

1972年、私はロッキードで航空宇宙産業のエンジニアをしていたのですが、政府が非防衛・防衛ともに研究開発資金を削減したため、何千人もの同僚のエンジニアとともに一時解雇されました。私の同僚の一人はその状況になっても著しく冷静で楽観的であるように見えたので、私は彼に、暮らしには困らないのかと尋ねてみました。「いいや。お金を持っているのではなく、それよりも価値のあるものを持っているんだ。超越瞑想をね」と彼は声を大にして言いました。

私はさらに多くの質問をしました。すると彼は、スタンフォードで説明会に参加すればいいと私に教えてくれました。私は妻と一緒に説明会に参加し、数日後にTMを学びました。効果はすぐに現れました。家庭と仕事を両立することがより簡単になり、そして私たち二人は、創造性が高まり、物事がスムーズになって、人生の難題が解決するのを体験しました。

1978年に私たちは、上級のTMシディプログラムを学び、ヨーガのフライングで心身が協調する高揚感を体験しました。何という喜びでしょう! これは私たちの進化における大躍進となり、「意識」の意味がよりいっそう身近で、生き生きとしたものになりました。

私たちは、健康と活力が改善され、人間関係がよりいっそう円満になり、内面の強さが高まるのを体験しました。これこそが人生の生き方であるべきだと私たちは感じました。私たちは内側にある巨大なパワーと幸福につながっていると感じました。

それからもう30年が経過しました。私の息子はとても若い年齢で死に、私の妻は亡くなっていますが、私はTMとTMシディプログラムをしっかり続けることによって、集中力と幸福を保っています。その恩恵は、あなたの在職中だけでなく退職後にも続きます。家庭を守る責任、日常の業務、期限に追われるプレッシャーから解放されているので、じっくりと超越意識に取り組む大きなチャンスであり、その結果として、良好な健康という生理面での報酬と調和的な生活を楽しめます。

「超越意識」というと、何か漠然としたものとして避けようとする人々がいます。しかし、人生において不可解なものを探求することを恐れない人々もいます。そのような人々は、超越意識の体験が実際に手応えのあるものだと実感し、生命とは平和と幸福と安らぎの中で生きられるように、もともとデザインされていることに気づきます。
スポンサーサイト
マハリシ3
瞑想は心の入浴です

質問:生きていくためには、張りつめた神経が生みだすエネルギーが必要であると主張する人々がいます。それらの人々は、瞑想をするとリラックスし過ぎて、彼らの活力源であるこの張りつめたエネルギーが失われることを恐れています。

マハリシ:エネルギーの自由な流れを制限するのはストレスと緊張です。ストレスが解消されると、エネルギーが自由に流れて、行動が効果的なものになり、実り多い結果を得ることができます。

質問:完全に満足していると感じている人々にとって、瞑想が役立つことはありますか?

マハリシ:最初の世界ツアーでハワイへ立ち寄ったとき、ある女性が「私は欲しいものはすべて手に入れました。あなたは私に提供できるものが何かありますか?」と尋ねました。

私は言いました。「はい。あなたが欲しいもの全てを手に入れているのなら……本当にそうであるなら、あなたの幸福によって、この世界の苦しみを取り除いてあげてください。つまり、あなたが何でも持っているのであれば、成就を得るためのテクニックも持っているはずです。私は、あなたが世界へ出て行って、苦しんでいる人々すべてにそのテクニックを与えることをお奨めします。ですが、あなたの考え得る全てを本当に持っているかどうかを分析してみましょう。」

私は言いました。「おそらく、あなたは自分の居間の中に欲しいもの全てがあると思っていますね。その居間と、ただ願望を持つだけで何でも手に入るような機能が備わっている居間と交換しませんか? 何かを願えば、願ったものがそこに現れます。あなたが望むものは何でもそこにあります。そのような居間が欲しいと思いませんか?」

彼女は言いました。「それを欲しがらない人なんていますでしょうか? 願うことによって何でも手に入れられるような部屋が本当にあるなら、当然、誰でもそれを欲しがりますね。」

私は言いました。「つまり、あなたが感じていた満足は、もっと良いものがあるのをただ知らないだけだったというわけですね。何かもっと良いものがあることを知ったら、すぐにでも取り引きしていたことでしょう。このことは、その満足が本当ではない、完全ではないことを示しています。そのような満足は、もっと良い可能性があることを知ったとき、すぐにひっくり返されるでしょう。満足が完全ではないとき、あなたに至福意識、すなわち永遠に続く完全な幸福がなかったのは明らかです。そして、あなたにそれがないのであれば、ここにTMがあります。」

質問:自分のライフスタイルに満足している人が、瞑想の効果によって自分の興味が変わってしまうことを恐れている場合はどうでしょうか?

マハリシ:その変化は、その人が生まれてから現在まで体験してきた変化とは違った形で起こるのではありません。玩具に興味がありましたが、それは変化しました。書物に興味がありましたが、それは変化しました。富や財産に興味を持つようになりましたが、それも変化するに違いありません。

このように同じものへの興味はずっと続かないものです。それは変化しています。それは変化してきました。そして、現在も変化しているのであれば、それは新しい変化とは言えないでしょう。興味は年齢とともに、経験とともに変化します。

変化は避けることができません。ですから、絶えず変化して来たのだということが言えます。苦しみから幸福へと変化する場合にだけ、その変化には価値があります。変化はつねに存在し続けてきました。変化はつねに存在し続けるでしょう。誰でも、ずっと同じものを好きであり続けることはできないでしょう。

そして、この変化をすることで、私たちが進化します。変化しないのであれば、進化はしません。そして、誰も人の進化を止めることはできません。なぜなら、進化の力によって、すべてのものは絶え間なく推し進められているからです。誰もそれを止めることはできません。

質問:それがとても自然であるのなら、なぜ瞑想を教える必要があるのですか?

マハリシ:話すことはとても自然なことです。誰もが話す能力を持って生まれます。しかし、人が訓練を受けないで話をしようとすると、「ああ、ああ、ああ、ああ、ああ」というようにでたらめな話になります。ですから、話すことは自然ですが、訓練する必要があります。私たちは話す能力を持って生まれますが、A、B、C、Dのアルファベットの訓練を受けて、言葉の流れをつくります。

同じように、私たちは、より大きな幸福の場に向かう能力を持って生まれます。心は自然にそこに向かいますが、そうであったとしても、訓練しなければなりません。ですから、話す能力を訓練することに異論がないのであれば、超越瞑想による自然な方法で心を訓練することにも異論はないはずです。超越瞑想は自然なものですが、それを自然に行うために、訓練を受けなければなりません。

質問:瞑想はしたくても、時間がない人の場合はどうなるでしょうか?

マハリシ:市場でビジネスをしている人は、銀行に行く時間が必要です。銀行に行く時間がないと言うなら、自分のビジネスをより良くする時間がないと言っているのと同じです。生命がどのようなレベルにあっても、人が進歩し、成長したいのであれば、意識を拡大しなければなりません。自分の潜在力をより多く使わなければなりません。潜在力をより活用できるようになれば、彼の望みをより効率的に達成することができるようになります。ビジネスマンが銀行へ行くのを避けるというのは、それは賢明な策ではありません。

ビジネスマンが「私には時間が全然ありません。私はとても忙しいので、入浴する時間がありません」と言っているとすれば、その人は市場の中で、とても青ざめたぼんやりした顔をしているでしょう。その人は急いで市場に行きましたが、きちんとした服装をせず、入浴もしないで、ただそこにいるだけです。それは成功への道ではありません。

入浴すると身体が新鮮になるのと同じように、瞑想は心の入浴です。身体が新鮮であれば、私たちは個性を十分に発揮し、上手にプレゼンテーションができ、人生でより良い成功を収めることができます。心の入浴をしないのであれば、心は、鈍く、怠惰になって、競争の場で輝くことはありません。世界は人生の運動場、大競技会なのです。

「第一印象ですべてが決まる」という格言があります。あなたが誰かと初めて会ったとき、その人がどのように見えるか、それが第一印象であり、その印象は持続すると言われています。ですから外見は大きな役割を果たします。入浴は役に立ちます。心の入浴は役に立ちます。

あなたが話をするとき、あなたがどれくらい耳に快く、どれくらい誠実に、どれくらい効果的に、どれくらい論理的に、どれくらい純真で簡潔に話すか、そこに知性、すなわち内なる意識の状態が表されます。言葉はどこから出てくるのでしょうか? 一つの言葉が話されると、それがその人の感情と心と進化レベルを描き出します。一つの言葉が話されると、そこにあなたが映し出されます。話される言葉はエックス線のようなものです。内側がとてもはっきりと映し出されます。

ですから、私たちは心の入浴をしなければなりません。そうすれば、言葉と行動を通して表される内側の個性は、きちんとした形で表現されます。超越瞑想を学ぶと、自宅に宇宙的な浴室が設置されます。もし家を建てれば、そこに浴槽と心地よいお湯があります。瞑想部屋は、心が入浴する宇宙的な浴室で、心はそこで純粋意識に至ります。そこから出てきた心は、より純粋で、効果的で、至福に満ちます。生き生きとした心で、より効果的に、より能率的に物事をこなします。あなたは、より少ない労力で、より多くのことを成し遂げます。

多忙な人々は、瞑想をした後にあまり急ぐ必要がないことを知っています。彼らは、ゆったりしたペースで倍以上のことを達成します。ですから、時間がないことは口実にはなりません。まず瞑想をし、それから活動をしてください。
科学的研究によれば、超越瞑想法を規則的に実践すれば、あなたの「生物学的年齢」が最高12年若返ることがわかっています。

1日2回20分ずつ

超越瞑想法から最大の効果を得るためのカギは、毎日規則的に1日2回の瞑想を実践することです。瞑想を始めるとすぐに効果に気づきますが、その肯定的な効果は累積していきます。規則的に瞑想をしていれば、それらの効果は時間が経つにつれて現れてきます。

en_twice_day.jpg
「TMは素晴らしいです。学んですぐに、エネルギーと自信が急激に高まったことに気づきました。それと同時に、内面の落ち着きと冷静さが増していくのがわかります。」
- マウラ・バトラー、アメリカ政府職員

朝と夕方

超越瞑想法を実践し、日々、心と体に深い休息を与え、内側の静けさを体験させることで、疲れがとれてすっきりし、新たな活力を取り戻した状態で活動できると感じるでしょう。そして、最も素晴らしいことは、それらの効果が自動的にやって来るということです。それらの効果を得るために努力する必要はありません。必要なことは、朝と夕方に規則的に瞑想することだけです。超越瞑想を学ぶ人のほとんどが、始めて数日以内に効果を体験します。しかし、重要なことは、最も深遠な効果は、時間が経つにつれて累積していくということです。

「生物学的年齢」の若返り

たとえば、瞑想者の生物学的年齢を調べた科学的研究によりますと、超越瞑想には若返りの効果があることがわかっています。生物学的年齢とは、血圧、近点視力、聴覚弁別などの標準尺度をもとに、その人の肉体的な年齢を調べたものです。この研究では、瞑想者の生物学的年齢と、暦年齢(誕生日を迎えた回数)とを比較してみました。

その結果、超越瞑想プログラムを5年間、規則的に実践した人々は、生物学的年齢が暦年齢よりも5歳若いことがわかりました。さらに瞑想を5年間以上続けた人々の場合には、生物学的年齢が暦年齢よりも12歳若くなりました。このことから、超越瞑想プログラムを規則的に実践することで、効果が累積的に高まっていくことがわかります。

グループ瞑想
超越瞑想は、現代の世界で利用できる瞑想法のなかで、最も歴史が古く、最も効果があり、最も研究が行われ、最も幅広く実践されているものです。

TMとはどのようなものか

超越瞑想法は、簡単で、自然で、努力が要らず、簡単に習得できるテクニックであり、目を閉じてゆったりと座った姿勢で、1日2回20分間ずつ実践します。この実践は、宗教でも哲学でもなく、生活習慣を変える必要もまったくありません。

このようなものです

超越瞑想法とは、次のようなものです。

簡単です:超越瞑想法を習得し実践することは、難しくも複雑でもありません。それは簡単な方法です。

自然です: 心を操作したり、暗示を与えたりすることはありません。

努力は不要です:超越瞑想法は、簡単に実践でき、心を集中したりコントロールしたりする能力はまったく必要ありません。

すばやく容易に習得できます: 10歳以上の人なら誰でも、簡単な7つのステップで超越瞑想法をすぐに習得できます。

1日2回、15~20分間実践します:超越瞑想法は午前に1回実践し、午後または夕方にもう1回実践します。

ゆったりと座ります:超越瞑想法を実践するのに、不格好な姿勢や快適でない姿勢をとる必要はありません。

このようなものではありません

超越瞑想法は、宗教や哲学ではなく、生活習慣を変える必要もありません。

宗教ではありません:超越瞑想法は、聖職者も含めて、あらゆる宗教の何百万人もの人々が実践している簡単で自然なテクニックです。超越瞑想法を実践するために、何かを信仰したり、特定の信念を持ったりする必要はありません。

哲学ではありません:努力の要らない科学的なテクニックなので、誰でも、どこにいても、例外なく適用でき、その効果を繰り返し実証することができます。

生活習慣を変える必要はありません: 超越瞑想は、楽しく実践できるテクニックです。超越瞑想法を始めるために生活習慣を変える必要はありません。ただそれを習得し、実践し、その効果を楽しめばよいのです。

■TM瞑想の関連書籍

《体験談》

ビジネス1
レイ・ダリオ氏
1500億ドルを運用する国際的な投資会社
ブリッジウォーター・アソシエーツ社・社長


瞑想を始めた瞬間から違いに気づきました。ストレスや疲労がたまることはありますが、瞑想をすればすぐに深い休息とリラックスが得られ、ストレスは消え去ります。瞑想を終えたときには気分が爽快になり、自分の中心が感じられ、その感覚が1日ずっと続きます。20分間の投資に対してとても大きな利益が返ってくるのです。

強調したいのは、TMは実用的であるということです。宗教や信仰とは全く関係のない、生活をより良くするための実際的なツールです。私は35年前に瞑想を始めましたが、これまで成功させたどの業績にも、TMがなくてはならない重要な役割を果たしてきました。


ビジネス2
ラマニ・エーア氏
米国最大の金融サービス&保険会社の一つ
ザ・ハートフォード社・会長


リーダーは、将来を見通して、大胆で積極的なアイデアを取り入れ、大いに意欲的な目標を定めなければなりません。リーダーは、ビジネスの現場レベルで何が起こっているか、そのビジネスの強みと弱みは何であり、そのチャンスと課題は何であるかを、非常に厳しい現実的な視点から把握する能力が要求されます。私は30年以上にわたって超越瞑想法を実践してきました。それは確かに、私の能力レベルを不断に向上させるために役立ち、また、人生のストレスと重圧に対処するために役立ってきました。そして、確信しているのは、TMを実践しているおかげで、心を安定した状態に保つことができ、どんなことが起こっても落ち着いていられるということです。


ビジネス8
ミンディ・ワイゼル
画家。彼女の作品はスミソニアン美術館、アメリカ国会議事堂、
イスラエル美術館など世界中の美術館に展示されている。


私は、かつてこうなりたいと願っていた以上に幸福で創造的になっています。もっと早くから瞑想を始めたかったと思うことがありますが、でも瞑想を始める前は、こんな素晴らしいテクニックがあるなんて全然知らなかったのです! TMを学んだことは大きな喜びです。それは、驚くほど簡単で自然なテクニックです。


ビジネス6
ディビッド・リンチ監督
数々の賞に輝いた映画監督。代表作は『エレファントマン』
『ツイン・ピークス』『インランド・エンパイア』など


真の幸福は内側にある

私がTMに興味をもったきっかけは、「真の幸福は外側にあるのではない。真の幸福は内側にある」という言葉を聞いたときです。しかし、その「内側」とはどこにあるのか、どうやってそこに行くのか、教えてくれる人はいませんでした。なので、それは何だか意地悪な言葉だと思いましたが、そこに真実の響きを感じました。

私たちはいつも外側にある幸福を追い求めています。そしてそれを手に入れた途端、それは消えていきます。私たちは無常の世界に生きているからです。そして私たちは、また何か他のものを探し求めます。いつも何か他のものを探し続けています。しかし、私たちが内側に潜るとき、そこには真の幸福があります。そして、これまで自分自身を傷つけていた、怒り、憂鬱、悲しみ、恐れ、不安といった感情が、すべて薄らいでいきます。

映画というビジネスには、プレッシャーがとても大きく、不安と恐れが入り込む余地がたっぷりとあります。内側に潜ると、人生はファンタスティックなゲームのようになります。そして、創造性がよどみなく流れだします。

あらゆるものを創造している、創造性の大海がそこにあります。ヴェーダ科学では、この純粋意識の大海を、「アートマー」「自己」と呼んでいます。「汝自身を知りなさい」という言葉がありますが、鏡を見ても、自分自身を知ることはできません。座って、自分自身と対話しても、自分自身を知ることはできません。私たちの「自己」は、内側、内側、内側にあるのです。《インタビューの全文を読む》


超越瞑想プログラムは、ストレスを伴うことなく、管理職と従業員の創造性と生産性を高め、ビジネスにおいてより大きな成功をもたらします。

ビジネス向けのプログラム

超越瞑想プログラムは、ビジネスを成功に導くきわめて有効な手法であるとともに、ストレス軽減のために利用できる最も効果的なテクニックです。研究の結果、瞑想している管理職や従業員は、より幸福で、より健康で、より生産的になっていることが示されています。ビジネス向けのプログラムは、費用対効果に優れ、容易に実施できるようになっています。

ln_business_dole.jpg「今日の世界で成功する秘訣は、何にもまして、優れた革新性と創造性を持つことです。自分自身の創造性だけでなく従業員の創造性も高められるようにすることは、企業の中で経営者が果たすべき究極の責任であると私は思います。そして、超越瞑想プログラムは、何にもまして、そのような創造性の向上を実現することができます」
バートン・A・ドール・Jr、呼吸装置の大手メーカー、ピューリタンベネット社の前会長兼CEO

世界中で利用されているビジネスツール

ビジネスにおいて、超越瞑想法がもたらす測定可能な効果は、即効性があるとともに累積的であることが証明されています。このプログラムは、米国のフォーチュン100社や、日本とヨーロッパの一流企業を含む、世界中の何千もの企業で実施されてきました。

生産力の向上

仕事に対する満足感が高まり、チームワークとコミュニケーションが向上し、同僚や上司との人間関係が改善され、無断欠勤や病気欠勤の日数が減少します。科学的研究および事例研究では、収益が増大し、従業員の勤労意欲が向上し、職場環境の調和が高まり、失敗、事故、負傷が減少したことが証明されています。

健康の増進

超越瞑想を実践することで、ストレスや不安感、高血圧、高コレステロール、不眠症、喫煙、飲酒、薬物乱用などの、健康に有害な危険因子が減少します。研究では、医療費負担が減少し、病気全般では入院日数が56パーセント減少することがわかっています。例えば、心臓病による入院日数が87パーセント減少し、癌による入院日数が55パーセント減少したことが示されています。米国の国立衛生研究所は、超越瞑想が心血管系疾患に効果があることを実証する研究に、2100万ドル以上の研究費を提供しました。

創造性の向上

超越瞑想によって、創造性と知性が向上し、記憶力、問題解決力、意思決定力が向上し、精神的健康や人間関係が改善され、全体を把握しながら細部に集中する能力が高まります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。