瞑想の効果を実感してみて下さい。

超越瞑想(TM)の方法や効果について詳しくご紹介します。

静寂のひととき……TM瞑想

瞑想で脳の潜在力を開発!

yun_727.jpg
TMの驚くべき効果の一つに、「自然からの支援」と呼ばれるものがあります。その「自然からの支援」について解説した、ベブン・モリス博士の文章をご紹介します。

                 ☆ ★ ☆

超越瞑想を規則的に実践することで、自然からの支援が増していきます。自然からの支援が増すとは、「幸運が増す」ということです。自然からの支援は様々な形で現れます。たとえば、行動するとき抵抗や障害に出会わなくなる、何か願望を抱くと誰かがその実現のために手助けしてくれる、行動が効率的になりすべての物事が円滑に運ばれる、自分の願望に気づくよりも前にその願望がかなえられる、といったことです。ではなぜ超越瞑想をすることで、幸運に恵まれるようになるのでしょうか。

「播いた種は刈り取らなければならない」という格言がありますが、私たちが肯定的な行動をとると肯定的な結果がもたらされ、否定的な行動をとると否定的な結果がもたらされます。つまり、幸運という肯定的な出来事は、私たちが肯定的な行動を行った結果もたらされる、ということです。ですから幸運に恵まれるためには、私たちの行動が常に肯定的、進歩的でなくてはなりません。そしてそのためには、自然法則と調和して生きることが大切です。

自然法則に調和して生きるとは、あらゆる自然法則が一体となって機能しているレベルから活動するということです。瞑想中、私たちは心の活動の最も精妙なレベルを超えて、枠のない意識(純粋意識)を体験します。この枠のない意識は、すべての自然法則が一つに統一されている場であり、現代物理学ではそれを統一場と呼んでいます。

瞑想してこの統一場のレベルを体験し、それから活動すれば、その人の行動はあらゆる自然法則と調和したものとなり、それは自然法に好意を示すことになります。そうすると自然法もあなたに好意を示すようになり、自然法はあなたを助け、支えるようになります。あなたを取り巻いている生命の組織全体が、あなたがしたいと思うすべてのことを好意的に支えるようになるのです。これが自然からの支援と呼ばれる現象です。

                 ☆ ★ ☆

自然の支援に関する体験談をいくつかご紹介しましょう。

必要な情報が絶妙のタイミングでやってくる
管理職、女性、神奈川

TMを始めてから、本当に”自然の支援”が強くなりました。必要な情報が、必要な時に、絶妙のタイミングでやってくることを実感しています。『棚からぼたもち』ということわざがありますが、私は、棚にぼたもちをわざわざ取りに行くタイプでした。それが今では、必要な時には黙っていても、手のひらに自然にぼたもちが落ちてくるようになったのです。

自然法則に従った行動が成功をもたらす
洋裁師、女性、大阪

TMを始めて1年3カ月が過ぎました。ただひたすら朝夕20分の瞑想を実行しているだけなのですが、私自身の心の変化は自分でも驚くほどです。言葉でうまく説明できませんが、すべてがおおらかになっていて、毎日が楽しいのです。そして、物事をプラス思考に考えるようになりました。

また、月に一度、野の花を描く会に参加していますが、花と向き合って細かな観察をしていると、こんな繊細で美しいものを創造された宇宙の偉大な『神』のことを感じないわけにはいきません。この地球上にある一つひとつの生物が二つとない個別の生命体であることに、今さらながらいとおしさを感じます。そして自分の中にも宇宙全体の生命の一部を感じ、改めて『生きる』ということを考えさせられております。

話は変わりますが、数ヶ月前、大家さんから(わが家は借家です)この家を買い取るか、立ち退くかの選択を迫られていました。もちろん買いたいのはやまやまですが、自己資金不足で悩んでいたところ、一人、二人と資金援助を申し出てくれる人が出て、あれよあれよと言っているうちに買い取る方向に動き出しました。何か目に見えない自然の力を感じます。

マハリシは、自然法則に従って無心に単純に行動すれば、成功は自然にともなってくると言っています。忙しさの中で、時には流されそうな日もありますが、マハリシの言葉の通り、自然法則にそった生活を続けてゆきたいものです。

『大いなるもの』に身をゆだねて生きる
 飲食店経営、女性、横浜

一昨年の3月、いつものように煙草を吸っていた時のことです。微かに意識の中で『禁煙をしようか』と思っただけで、次の瞬間には吸いたいという思いがすっかりなくなっていました。ちょうど、手品師が品物を一瞬にして人々の目の前から消し去るようでした。それまでに何回も禁煙しようとして失敗していたので、この出来事は、私に大きな気づきを与えてくれました。それ以来、いろいろなことが努力なしに実現されるようになっています。まさに自然から支援されて生きているという感じです。こうして今、私は『大いなるもの』に身をゆだねて生きていけるようになりました。
20060729222232.jpg
今回は、瞑想して純粋意識を体験することで、より大きな成功に恵まれるというお話です。まずは成功の秘訣について語ったマハリシの言葉をご紹介しましょう。

                ☆ ★ ☆

サンスクリットのことわざに、「偉大な人物の行動の成功は、行動の手段によるよりも、その心の純粋さによる」というものがあります。

私たちが純粋性を維持することができれば、つまり「存在(純粋意識)」を維持することができれば、この世界で望む成功はどんなものであっても、それは私たちのものとなるでしょう。

自然が成功を支援するようになります。純粋性が維持されていれば、周りが成功をもたらします。ただ適切に朝夕の瞑想を実習すれば、そして瞑想している人が皆そうであるように、人生の常識をもてば、正しい想念が自然に浮かんで来て、自然界全体がそれを支援してくれるようになるでしょう。――マハリシ

                ☆ ★ ☆

ではここで、TMを始めて長年の夢が実現したり、事業で成功された方の体験談をご紹介しましょう。

夢がトントン拍子に実現!
保母、女性、北海道

私は、産休明けからの赤ちゃんを保育する無認可の共同保育所を、民家を借りて小規模で運営しています。日々、TM効果は数えきれませんが、最大のエピソードはTMを始めて5カ月後にやってきました。

広い園庭とゆったりした園舎で保育をしたいと願って、そのことをポロリとサークルの仲間に話したことから始まり、夢がトントン拍子に実現したことです。サークルの友人が130坪の土地の付いた42坪の中古住宅を紹介、持ち主の方と交渉してくださり、1カ月後には寄付や無利子の借入れによって、無一文ながら父母と職員で2千4百万円を調達しました。資金調達、購入、改築、移転を4カ月でやってのけたときは、父母、職員ともどもこの快挙によくやったと鼻高々でした。

新園舎に移転してからは、園舎や保育内容等の評判もよく入園児も順調に増え、訪問者があとをたちません。磁力に引き込まれたようです。儲け主義とは縁のない保育園のため相変わらず赤字で苦しいのですが、不思議と必要なお金は回ってくるので、自転車操業ながら楽しく仕事をしています。困難と思われた資金の返済も、レット・イット・ビーの心意気で乗り切っていけそうです。

                ☆ ★ ☆

また、次の経営者の体験談も、TMを始めてから人生の流れがよくなり、自分で努力しなくても仕事がどんどん拡大し、事業を成功させることができた、というものです。
経営1

377650283_c767d6eb48.jpg
TM瞑想を行うとき、私たちは静かに座って目を閉じることで、心の内深くを体験していき、ついには心の最も内深くにある完全に静かな意識を体験します。この意識の最も深いレベルから考えるとき、その考えは即座に実現されるとマハリシは説明しています。毎日の瞑想によって、より深い意識の領域に慣れ親しむことで、私たちはそのレベルから考え、行動できるようになります。その結果、何気なく思ったことが自然の支援を通して実現されるようになるのです。

 ◇ ◆ ◇ 体験談 ◇ ◆ ◇

意識の深いレベルで思ったことが現実化する
会社役員、男性

私は高校のときにTMを始め、大学時代にはTM教師のコースにも参加しました。そして、大学を卒業すると同時に就職し、現在はコンピューターグラフィックスを使ったアニメーションを制作する会社の副社長をしています。

この会社は自分で仕事を創り出す、とてもクリエイティブな会社で、私はそこでマルチメディア関係の仕事を一事業部として興しました。最初は一人で始めたのですが、二年後に分社し、現在は五十名くらいの社員を抱える会社となっています。

その過程で、いろいろなことが起きましたが、結果としてはとてもスムーズでした。何か努力をするというよりも、おかしな言い方かもしれませんが、「自然に仕事が降ってくる」という感じでした。必要な時に必要な人との出逢いがあったり、必要なことが起こったりして、全てのことが連鎖反応しているということを常に感じていました。

例えば、事業部を興そうと考えたとき、まず『本物』を見るためにディズニーや優良な映画会社やコンピューターで先進的な仕事をしている所などを見て回りました。そのうちに意識の静かなレベルで、それらの情報が結びつき、アニメに関する思いが芽吹き始めました。

ちょうどその時に「テレビアニメの制作をやってくれないか」という話が持ち上がったんです。うちではアニメ制作の経験はなかったのですが、依頼者側で、アニメの経験者も必要な機材も全部用意して下さるということで、私はただ番組の企画プロデュースをするだけでよかったんです。この時、意識の深いレベルで思っていたことが現実化したと感じました。マハリシがおっしゃっているように、意識の深いレベルで抱いた想念はとても強力であると思います。

もう一つ、私が最近感じていることは『自分が純粋に願っていると、自然はその結果を現実化するために手伝ってくれる』ということです。自分の純粋な思いを行動に移すだけで、達成がどんどん起こってくる感じがします。

ある思いがやってきても、このままでは通用しないとか、社会的な常識を気にして言わない、やらない、というのではなく、自分の内側から湧いてくる思いを素直に表現して、現実化していける時代になったんじゃないかと思うんです。

以前はネガティブなことが思い浮かぶこともあったんですが、TMを規則的に実践しているせいか、今はそういったものは何も出てこなくなりました。だから、何もコントロールしていないんです。ただ自然に振る舞い、自分の思ったままを行動に移しているだけです。

大切なことは、自然からの支援を無邪気に受け入れることのできる心と体を、常に維持することだと思います。そういう意味で、毎日のTMの実習はとても貴重なことだと思います。

これぞ自然の支援!
主婦、東京

TMを始めてから、「これぞ自然の支援」と思えるような出来事がたくさん起こりました。一番大きかったことは、TMを始めてすぐに今の主人と出会えたことです。その後はトントン拍子に話が進んで、何の障害もなくわずか二ヶ月で結婚することが決まりました。

他にも、「自分に合った何かいい仕事がないかな」と考えていたら、雑誌の編集の手伝いをさせてもらえるようになったり、新居を探すにあたって「静かで緑の多い所がいいな」と思っていたら、そのとおりの家が見つかりました。「私たち人間は、自分ではどうにもならない何らかの力によって導かれている」ということを強く実感しています。

こうしてみると、何かTMを始めてから良いことばかりが起きているようにみえますが、やはり時にはそうでないことも起きます。実際私にも、TMを始めて七ヶ月が過ぎた頃、とても大きな壁がやってきました。しかもその壁は、それまで私の前に立ちはだかってきたものより、何倍も大きなものでした。でもなんとかそれを乗り越えたときには、もっともっと大きな喜びがやって来たのです。このような経験から、「どんなことに出会っても、それは自分が成長するために必要だからこそやってくることで、必ず乗り越えられる」と思えるようになりました。

こんなふうに、常に冷静にプラスの考え方ができるようになったことは、私にとってとても大きな収穫です。そして肩の力が抜けて毎日がとても楽しくなりました。
1998.12.14 20:36 | TM効果&体験談 | トラックバック(0) | コメント(-) |
170518tatunamisou.jpg
前回、「思いが現実化する」というTMの効果についてお話しました。規則的なTMの実習を通して、私たちはただ願望を抱くだけで、それを実現できるようになるのです。マハリシは、願望を実現するその秘訣について次のように話しています。

目標がはっきりしていないと、自然法は助けることができません。
疑うことは自然の支援を拒否することになります。
私たちは願い、それにしたがって行動するだけです。
自然がどのようにしてその願いを成就してくれるかは、
私たちの関心事ではありません。
私たちの関心は、ただその願望だけにあります。
成功するための秘訣は、願望の成就を妨げる障害物に注意を向けないことです。
――マハリシ

 ◇ ◆ ◇ 体験談 ◇ ◆ ◇

自然の支援は自分の決意から

TMを始めて一番大きな変化は、自分を鍛え直すために五○歳にしてハーバード・ビジネス・スクールに留学したことです。しかしながら、「よし、行こう」と決心して、それが実現するまでには五年の年月がかかりました。その理由は、ハーバード・ビジネス・スクールのアドバンス・マネジメント・プログラム(AMP)応募の条件の一つに「会社で選考され、会社から派遣される」というポイントがあったからです。

それまで務めていた鐘紡では、AMP留学の前例はありませんでした。そこで、どうしたら会社の了解を得て、会社から派遣してもらえるだろうかと、上司や先輩に相談してみたのですが、当然のこと、私の将来を心配してくれる善意の立場から、出てくるものは否定的な意見ばかり。

でも悩んだ末、「一回だけの人生、悔いの残らないように生きよう、ここは自分の意志を貫こう」と腹に決めたんです。すると不思議なことに状況が好転し、周囲の理解とあたたかい応援が始まって、夢が現実のものとなりました。こうした経験から、「自然からの支援はすべて自分の決意から始まる」ということを学んだような気がします。

留学から戻ってきてTMの上級プログラムも学びましたが、その五ヶ月後に企画部長に転進しました。バブル崩壊後は、会社の経営が危機的な状況を迎え、その中で自分も翻弄されましたが、後から考えてみると、大変な時期であっても、瞑想していると自然と道が見えてきて、あるべき状況へ導かれていくように思います。TMのよいところは、自分でも気がつかないうちに効果が出ているところでしょう。(『できるビジネスマンは瞑想する』の著書、藤井義彦氏)
1998.12.13 10:23 | TM効果&体験談 | トラックバック(0) | コメント(-) |
2582921948_e57b5c501e.jpg
想念の力を強める

何かを達成するためには、私たちの行動を導いている想念の力を強くすることです。しかし、強い想念とは「強く思い続ける」ことではありません。超越瞑想によって、心は想念のより微妙な状態を体験していきます。心がより精妙な想念を体験するにつれて、想念の力はより大きくなります。そして心が最も精妙な想念を体験するとき、想念の力は最大となります。ですから、その人が考えるだけで、周りの環境がその考えに反応するようになるのです。それが、自然からの支援と呼ばれる現象です。自然(宇宙)が、その人の願望が実現されるように助けてくれます。そのことをマハリシは次のように語っています。

「願い、そして、あとは忘れなさい。細かなことは、宇宙を信頼してまかせなさい。」

 ◇ ◆ ◇ 体験談 ◇ ◆ ◇

「気楽にやってみる」
 経営者、男性、TM歴9年

私はボウリングが好きなのですが、スポーツの世界は「結果」が出るのが早いので、「願望の実現」の経過が良くわかります。特にTMをしてからは面白い気づきがいろいろありました。例えば、ボウリングの投球動作中「ストライクを出したい」という願望を持ち続けて投球すると、なんとストライクは出にくいのです。願望を持ち続けると、無駄な努力を生んだり、「失敗するかもしれない」という不安がわいてきて、ボウルは思うところに行かないのです。

逆に良い結果の出る時は、結果ではなく自分の投球動作に注意が向いています。自然な動きだけを心がけます。結果にとらわれていませんから、不安も無いし失敗も恐れません。そして、自分のスイングが理想どおり自然な動きになった時、不思議と良い結果がやってきます。普通なら倒れないようなピンが倒れたりするのです。何かが良い結果を「導いてくれている」と思えるくらいです。

また何年か前に、スターパティヤ建築の那須研修センターを訪れました。朝の目覚めがとても気持ちよかったので、「スターパティヤ建築の家に住んで、毎日こんな目覚めがしたい」とふと思いました。しかしその時は否定的な発想しか出て来ず、できない条件だけがいっぱい浮かんできました。(まさかその半年後にスターパティヤの住宅で生活することになるとは思いもしませんでした)

私は那須から帰ると、強い願望は持たずに気楽にスターパティヤ・ヴェーダの案内書を取り寄せました。その後知り合いの建築会社の方に会ったので「こんな建築法で家つくれる?」等と気楽に聞いてみました。そんな風に気楽にいろいろしていたら、いつからか「これ本当に家できちゃうんじゃないの?」という気になってきました。何かがそちらに流れ出した、動き出したという感じでした。

願望を忘れ、できることを気楽にしてみただけで実現したのです。おそらく、結果や願望だけを考えていたら、難しい問題ばかり出てきて一歩も進まず止まっていたでしょう。この「気楽にしただけ」ができるようになったのは、TMの最大の効果の一つだと思います。(TM歴9年、経営者)
1998.12.12 19:10 | TM効果&体験談 | トラックバック(0) | コメント(-) |