瞑想の効果を実感してみて下さい。

超越瞑想(TM)の方法や効果について詳しくご紹介します。

静寂のひととき……TM瞑想

瞑想で脳の潜在力を開発!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
インドの中心にあたるマドゥヤプラデーシュ州に、2000人のヴェーダのパンディットが暮らす施設が完成しました。ヴェーダのパンディットとは、人類最古の知識体系である「ヴェーダ」を代々受け継いできた、専門家です。マハリシは、パンディットの家系の子供達を集めて、小さな頃からヴェーダの吟唱の訓練を行ってきました。パンディットが行う「ヤギャ」と呼ばれるヴェーダの技術は、非常に強力な調和の影響を生み出し、世界に平和をもたらします。

i1.jpg
このヴェーダのパンディット(専門家)が暮らすキャンパスは、インドの地理上の中心点(ブラフマスターン)にあります。


i2.jpg
こちらはパンディットの住居とミーティングホールの全景です。これらの建物はすべて、古代ヴェーダの建築学であるマハリシ・スターパティヤヴェーダの原則に則って建てられています。


i3.jpg
こちらのカロンディ地区のキャンパスです。手前にあるのは管理部門の施設であり、奥には瞑想と祝典のための大ホールや、ヴェーダのパンディットの住居があります。


i4.jpg
キャンパス内にある個人の住居です。


i5.jpg
マンダップと呼ばれる建物です。この建物のなかで、パンディットたちは、世界に平和と調和を生み出すためのヴェーダのパフォーマンスを行っています。


i6.jpg
こちらは大きなマンダップの建物です。ここでもヴェーダのパフォーマンスが行われます。


i7.jpg
ヴェーダの吟唱を行っているパンディットたち。


i8.jpg
キャンパス内にある、パンディットのための住居です。


i9.jpg
新しく完成した建物で、祝典が行われています。


i11.jpg
キャンパス内では、マハリシ・ヴェーダ有機農法による農作物や乳製品が作られています。


i10.jpg
大きなマンゴー果樹園もあります。


i12.jpg
キャンパス内の住宅と日常生活の風景です。

スポンサーサイト
2009.08.31 14:40 | 世界のTM運動 | トラックバック(0) | コメント(-) |
イギリスとメキシコ.002
最近、英国サフォーク州レンドシャムに、マハリシ・スターパティヤヴェーダ建築による瞑想者のコミュニティー「マハリシ・ガーデンビリッジ」が完成しました。このコミュニティーは、ロンドンの北西110キロにあり、世界で最も大きなヴェーダ建築のコミュニティーの一つとなります。


ピクチャ 12
マハリシ・ガーデンビリッジのブラフマスターン(中心)と、その周りにある家々。すべての家はマハリシ・スターパティアヴェーダ建築の原則を取り入れ、英国の伝統的な建築様式で建設されています。


ピクチャ 2
今年春の段階では、27軒の住宅が完成し、4軒の住宅が建築中。


ピクチャ 5
3つのベッドルームを備えた住宅や、4つや5つのベッドルームを備えた住宅など、様々なサイズの建物が建てられています。


ピクチャ 3
サフォーク州の伝統的な建築様式で建てられているので、その地域の他の建物とも調和しています。


ピクチャ 4
その地域の伝統に従って、柔らかい土の色で家の壁が塗られています。


ピクチャ 6
マハリシ・ガーデン・ビリッジで最近完成したばかりのスターパティヤヴェーダのマンション。建物の後ろ側にあるバルコニーは、マハリシ平和宮殿に面することになります。


ピクチャ 7
マハリシ平和宮殿のイメージ画。 最近、平和宮殿の建築許可がおり、これから建築が行われる予定です。平和宮殿はマハリシ・ガーデン・ビリッジの中心的な建物であり、木材など自然な建築素材を使用して建てられます。ヴェーダ建築の原則に則って、左右対称のバランスのとれたデザインです。


ピクチャ 8
南西方向から見たマハリシ平和宮殿の外観。この風格のある建物には、超越瞑想とTMシディプログラムのグループ実習会場、展示室、レジデンスコース用の20のベッドルーム、マハリシ・アーユルヴェーダクリニックの施設が含まれます。


ピクチャ 9
平和宮殿の敷地のプラン。 敷地の面積は1579平方メートル(約480坪)、周りは緑の樹木で囲まれます。 平和宮殿の北側には広々とした田園風景が広がり、東側にはマハリシ・スターパティヤヴェーダの家々が建ち並びます。


ピクチャ 10
近い将来建設を予定している、サフォーク州のマハリシ学校。マハリシ・ガーデン・ビリッジ内に学校が建てられるため、子供達は歩いて学校に通うことができます。英国には、瞑想者のコミュニティーがもう一つあり、そこにあるマハリシ・スクールが学校の認可を受けているため、ガーデン・ビリッジに新たに学校を創設するのも簡単だそうです。
ピクチャ 11
西側から見た、マハリシ・スクールの完成予想図。

このコミュニティーのある地域は、有名な画家が多く住んでいる、風景が美しいことで有名な場所です。数キロ離れたところに海があり、英国で最も大きな空をもつ場所だと言われているそうです。(マハリシ・グローバル・グッド・ニュースより)
英国サフォーク州レンドシャムに、スターパティヤヴェーダ建築による瞑想者のコミュニティー「マハリシ・ガーデンビリッジ」があります。このコミュニティーは、ロンドンの北西110キロにあり、世界で最も大きなヴェーダ建築のコミュニティーの一つです。この「マハリシ・ガーデンビリッジ」の新しい写真を見つけたので、それをご紹介いたします。

e1.jpg
英国サフォーク州レンドシャムにある、美しいマハリシ・ガーデンビリッジの夕暮れ

e2.jpg
英国におけるTM運動のリーダーである、ピーター・ウォルバートン博士が、初めてこのマハリシ・ガーデンビリッジを訪れました。

e3.jpg
マハリシ・ガーデンビリッジの見取り図です。30軒の住宅が建てられています。それぞれの住宅は、3つ4つ、または5つのベッドルームを持ち、様々なサイズがあります。すべての建物がマハリシ・スターパティアヴェーダ建築の原則を取り入れています。

e4.jpg
マハリシ・ガーデンビリッジの家々は、古代ヴェーダの建築学を取り入れながらも、伝統的な英国の建築様式で建てられています。

e5.jpg
マハリシ・ガーデンのアパートメントです。スターパティアヴェーダ建築は、サフォーク州の一般住宅とも見事に調和しています。バルコニーの後方からは、マハリシ・ピースパレス(マハリシ・アーユルヴェーダの医療施設を含むTMセンター)が見渡せます。

e6.jpg
マハリシ・ガーデンビリッジに住む人々のグループ写真。みなさん、何十年もTM瞑想を行っている方々ばかりです。

e7.jpg
マハリシ・ガーデンビリッジの中心にあるブラフマスタンは、庭園になっています。
2008.09.01 22:14 | 世界のTM運動 | トラックバック(0) | コメント(-) |
06Pop01.jpg

インドのブラフマスターンの紹介ビデオ

ピクチャ 1
インドのブラフマスターン
開発計画の紹介ビデオ(12分)

このビデオでは、マハリシ・スターパティヤヴェーダの専門家であるアイキ・ハートマン博士が、インドのブラフマスターン・プロジェクトの進行状況や今後の開発計画について解説しています。

ピクチャ 1
パンディットの施設と
建築中の建物の映像(5分)

2008年2月に、インドのTM運動のリーダーであるハリス・カップラン博士がブラフマスタンを訪問し、建設中のパンディットの施設を見て回りました。そのときの映像です。

次にご紹介するのは、2008年に日本人グループがインドを訪れたときに撮影したパンディットの施設の写真です。
Brahmasthan_grand_view_800.gif
インドの中心にあたるブラフマスターンに完成したパンディットの施設

IMG_5296.jpg
現在、2000人のパンディットを収容できる施設が完成しています。

IMG_5298.jpg
こちらの建物で、世界に調和と平和の影響を生み出すために、ヤギャと呼ばれるヴェーダの技術のパフォーマンスが行われます。

IMG_5317.jpg
ヴェーダの吟唱を行っているパンディットたち。

IMG_5293.jpg
2000人のパンディットが入ることのできる広大な集会場。

IMG_5304.jpg
祝典のときは、この集会場に大勢のパンディットが集まって特別なヤギャが行われます。

IMG_5320.jpg
他にも、近隣の二つの地域で、9000人を収容できるパンディットの施設が建設中です。
2008.08.30 21:54 | 世界のTM運動 | トラックバック(0) | コメント(-) |
Brahmananda_Saraswati_Nagar1.jpg
>インドの48カ所に、パンディットの町「ブラーマナンダサラスワティナガール」が建設され、世界192カ国のために毎日ヤギャを行います(一つの町が四カ国を担当)。日本のためのヤギャを行うパンディットの町は、バラナシに建設される予定です。バラナシの場所は、上の図において黄色い★印で示されています。

ピクチャ 3
現在、設計中のブラーマナンダ
サラスワティナガールの町の風景


1500-BRAHMANAND-SQUARE-1000.jpg
一つの町の広さは50エーカー(20万㎡)、そこに1500人のパンディットが生活し、担当する四つの国に平和と調和を生み出すためのヤギャを行います。一つの町には以下の建物が建設される予定です。

・150人が入れる寺院マンダップ:1棟
・150人が入れるマンダップ:8棟
・11人が入れる小さなマンダップ:12棟
・375人のパンディットが住むマハ・バストゥ:4棟
・60人のパンディットが住む3階建ての建物:5棟
・40人のパンディットが住む2階建ての建物:2棟
・食堂:1棟
・1500人が入れる大集会場:1棟
・管理事務所:1棟
※マンダップ:ヤギャを行う建物


2008.08.29 22:18 | 世界のTM運動 | トラックバック(0) | コメント(-) |
自然と調和した理想的な町
マハリシ・ヴェーディック・シティ


20060610215025.jpg
マハリシ・ヴェーディック・シティは、米国アイオワ州南部にある小さな町です。2001年に、アイオワ州から認可を受けたばかりの新しい町で、人口はまだ200人くらいです。


マハリシ経営大学のキャンパス
20060610215221.jpg
近くのフェアフィールドという町にはマハリシ経営大学があり、教職員や学生たちを中心に約3000人の瞑想者が住んでいます。そこに住む瞑想者たちが、少し離れた郊外にスターパティヤヴェーダの家を建てて移り住んだ町、それがマハリシ・ヴェーディック・シティです。


スターパティヤヴェーダ建築学による都市計画のデザイン
STPV083.jpg
ヴェーディックシティでは、建物、道路、公園などすべてが、マハリシ・スターパティヤヴェーダ建築学に則って、自然と調和するように配置されています。住民たちが自然と調和して生活し、より多くの自然の支援が得られるように、町全体が設計されています。


分譲住宅の家
20060610220429.jpg
ヴェーディックシティの建物は、日の出の太陽を迎え入れるために、玄関が真東に向いています。


カラシ
03220024.jpg
屋根の上にはカラシがのっています。このカラシは、地上と天界とを結びつける働きをしています。


市長さんのお宅
W-MVC.jpg

05030038*.jpg
美しい家々が建ち並んでいます。


アーユルヴェーダ・クリニック
20060610224251.jpg
豪華な作りのアーユルヴェーダ・クリニック「ラージ」です。館内には菜食レストランがあり、週末は友人同士や家族連れでにぎわいます。


ホテル
20060610215325.jpg
こちらは長期滞在型の高級ホテルです。


ヴェーダ天文台
WIObserv.jpg

11230008.jpg
ヴェーダ天文台が設置された美しい公園もあります。


スターパティヤヴェーダのオフィスビル
20060611094909.jpg
住む家だけでなく、職場もスターパティヤヴェーダ建築です。


マハリシ・スクールの校舎
ph_endowment_top.jpg
子供たちは、意識に基づく教育を導入したマハリシ・スクールに通っています。


大型のプログラム会場「ゴールデンドーム」
05190001.jpg
市民たちは、朝夕二回、マハリシ経営大学の構内にあるゴールデンドームに集まって、大人数のグループ実習を楽しみます。


マハリシ理想女子学校の校舎
igs.jpg

Village-MVC.jpg
隣人たちはみな親しい友人同士であり、犯罪や争い、貧困は存在しません。アイオワ州は、映画フィールド・オブ・ドリームスの舞台となった場所です。「ここは天国かい?」「いいや、アイオワだ」というセリフがありましたが、映画のなかで描かれていた、あの天国のように穏やかで平和な雰囲気が、ここヴェーディックシティには存在しています。
今回は、マハリシ・ヴェディックシティやフェアフィールドにある、マハリシ・スターパティヤヴェーダ建築による分譲住宅やマンションについてご紹介します。

12100025*.jpg
ここは、マハリシ・ヴェーディックシティにある分譲住宅地です。マハリシ・スターパティヤヴェーダ建築で家を建てる場合、コンサルテーションを受けて建物の設計や建設を行います。しかし、これら分譲住宅では、スターパティヤヴェーダに則した既存の設計が用意され、住む人の希望に応じて少しアレンジできるようになっています。


20060622202619.jpg
シンプルな作りですが、なかなか素敵なお家です。


12100027.jpg
アイオワ州は、冬になるとマイナス15度まで下がる寒い地域ですので、この家は、外に出なくても車に乗れるように、家とガレージがつながっています。スターパティヤヴェーダ建築では、本来はヴァーストゥの柵の中にガレージは作りませんが、寒い地域ですのである程度は許されるようです。


12100025.jpg
こちらはうすい緑色の家です。スターパティヤヴェーダの家では、外壁の色も明るい色がよく使われます。


12100027*.jpg
こちらは水色のお家です。上の家と同じタイプの建物ですが、この家の南側にはサンルームがあります。こうしたスターパティヤヴェーダの住宅地は、マハリシ経営大学の近くにも2カ所ほどあります。


03170008.jpg
こちらは、スターパティヤヴェーダ建築によって建てられたマンションです。マンションでも、部屋の配置はスターパティヤヴェーダの原則通り、南側にはキッチンやダイニング、南西には寝室、北東には瞑想室があります。


20060622202546.jpg
ここもスターパティヤヴェーダ建築によるマンションです。オフィスとしても使われているようです。煉瓦造りのとても上品な建物です。


20060622202558.jpg
こちらは、マハリシ・ヴェーディックシティの建物の設計や建設を行っているオフィスです。

日本でも、このようなスターパティヤヴェーダの分譲住宅やマンションがあったらいいですね。スターパティヤの家は、住む人の健康や幸福を高め、意識の成長や成功をもたらす特別な家です。このような人を幸せにする家があることを多くの人に知ってもらい、一般の建築会社でもスターパティヤの分譲住宅やマンションを作ってもらいたいですね。

swap_default.jpg


アーユルヴェーダ医療施設のある
高級ホテル「ラージ」


今回は、米国アイオワ州マハリシ・ヴェーディックシティにあるアーユルヴェーダ・クリニックをご紹介いたします。

広大な敷地のなかには森や湖や散歩コースがあります。また、クリニックの建物以外にも、ヴェーダ波動療法を行う建物や、クリニックの経営者や医師たちが住む家もあります。すべてスターパティヤヴェーダ建築です。


ロビー
20060616181101.jpg
ここはアーユルヴェーダ・クリニックの施設を備えたホテルです。一流のホテルなみに、内装や家具、インテリアなどすべてが贅沢な作りで、病院という感じはまったくありません。


ライブラリー
20060616181218.jpg
この部屋で、本を読んだり、アーユルヴェーダのビデオを見ることができます。またここでアーユルヴェーダの特別レクチャーが行われることもあります。トリートメントの合間に静かなひとときを過ごせる場所です。


客室
20060616181149.jpg
客室は、壁の色や、ベッドカバー、クロスなど、すべてがやわらかな色合いで統一され、とてもくつろげる雰囲気です。


脈診
20060616181233.jpg
アーユルヴェーダのクリニックでは、まず最初に脈を診て、その人の健康状態や生理機能のバランスの乱れを診断します。そして、生理のバランスを取り戻すために、その人に合った食事法や生活の仕方を指導したり、ハーブ調合剤やオイル・マッサージを処方します。


オイルマッサージ
20060616220537.jpg
二人のアテンダントが完全に同調した動きで、ハーブの入ったごま油で全身をマッサージする療法です。ハーブはその人の体質に合わせて調合されます。全身の不純物を取り除き、深い休息を与えます。


シロダーラ
20060616181259.jpg
温かいハーブ入りのオイルを、額に垂らす療法です。中枢神経系や頭部の緊張を静め、疲労を取り除く効果があります。


スウェダナ
20060616181313.jpg
ハーブの入ったスチームにより発汗を促す療法です。ふつうオイル・マッサージの後に行われます。それによって体の管が広がり、血液やリンパ液の流れがスムーズになって、不純物が体の外に排泄されます。


ハーブルーム
20060616181248.jpg

処方さえたハーブ調合剤はこちらで購入します。他にも、マハリシ・アーユルヴェーダのハーブティやアロマオイル、石けん、シャンプー、化粧品など、各種アーユルヴェーダ製品を販売しています。


オーガニックの菜食レストラン
photo_raj_restaurantm.jpg
治療中の特別料理の一例
20060617112153.jpg
治療中は、スパイスやハーブをもちいた消化によい菜食料理が出されます。ラージでは、一般のお客様を対象としたオーガニックの菜食料理レストランもあります。週末、家族や友達と一緒にここで贅沢な時間を過ごすのが、瞑想者たちの楽しみです。


ヴェーダ波動療法の建物
20060616181327.jpg
ヴェーダ波動療法とは、ヴェーダの波動をもちいて、慢性病などを改善する方法です。この波動療法は、以前は「速効治療法」と呼ばれたほど、治療を受けた途端に痛みが止まったり、すぐに症状の改善が見られます。西洋医学では直りにくい病気でも、大変顕著な効果が現れるといわれています。日本では、ヴェーダの森那須のアーユルヴェーダ・クリニックでヴェーダ波動療法を受けることができます。

湖や草原のある自然豊かな環境
dsc00013am.jpg
ラージでは、自然豊かな環境のなか、スターパティヤヴェーダの豪華な建物で、オイル・トリートメントを受け、おいしい菜食料理を食べ、グループ実習にも参加して、自然と調和した生活を取り戻します。

私たちは、自然のリズムと調和して生きることで健康になり、自然のリズムに反した生き方をすることで病気になります。マハリシ・アーユルヴェーダでは、人が自然と調和して生きることができるように、理想的な食事の仕方や生活の仕方など、様々な知識を提供します。

日本でも、東京の青山クリニックやヴェーダの森那須のクリニックで、マハリシ・アーユルヴェーダの健康コンサルテーションや、オイル・トリートメントを受けることができます。ぜひ一度、オイルトリートメントの至福に満ちた心地よさを体験してください。

マハリシ南青山プライムクリニックのサイト:
http://www.hoyurishikai.com/
01.jpg

ヴェーディックシティにあるルクマプラパークホテル

今回は、米国アイオワ州のヴェーディックシティにあるルクマプラパークホテルをご紹介します。

20060708222500.jpg
ルクマプラパークホテルは、マハリシ・スターパティヤヴェーダ建築によるヨーロピアンスタイルの建物です。長期休暇や仕事で利用される方や、マンション代わりにここで生活されている方もいます。


周りの環境
02dsc_0001a.jpg
ホテルの周辺は自然豊かな丘陵地帯になっています。森や草原に囲まれていて、近くには湖や小川もあります。

ブラフマスターン
03dsc_0019a.jpg
入り口を入ると正面にブラフマスターンがあり、大きな吹き抜けになっています。


客室
04room.001.jpg
客室は、居間と寝室のあるスイートルームになっています。暖炉があって家庭的な雰囲気です。また、キッチンや洗濯機の付いた特別なスイートルームもあります。


寝室
05dsc_0053a.jpg
あわいピンクとグレーで統一されたお部屋です。シーツやベッドカバーなどはすべて自然素材の布地が使われています。


室内プール
06dsc_4293a.jpg



会議場
07dsc_4282a.jpg
ヴェーディックシティでの重要な会議は、このホテルで行われています。


レストラン
08dsc_4268a.jpg

09dsc_4273a.jpg
結婚式、パーティー、昼食会などがよく行われます。


山荘風の家
10dsc_0025a.jpg
近くにスターパティヤヴェーダ建築による山荘風の家があり、別荘として借りることができます。


山荘風の建物の室内
03250031.jpg
こじんまりとした木作りの建物ですが、室内は洒落た作りになっています。


カヌー遊び
12027_23aa.jpg
夏は近くの湖でカヌー遊びができます。

スターパティヤヴェーダ建築は、自然と調和するように建物を設計し、建築します。それによって、その建物に住む人もまた自然と調和して生きられるようになります。もしご自宅がスターパティヤの家でなくても、たまにはスターパティヤのホテルでくつろいだ一時を過ごすことで、人間らしい本来の自然な生き方を取り戻すことができるでしょう。
photomum01_invincible_america_poster.jpg
2006年に、世界各国で無敵性のコースが開催されましたが、それ以来、最も大きなグループ実習を継続して行っているのが、米国アイオワ州のフェアフィールドです。フェアフィールドにはマハリシ経営大学があり、そのキャンパス内のプログラム会場では、毎日1100人以上の人が一緒に瞑想しています。今回は、そのフェアフィールドでのコースの模様をご紹介します。


photomum02_morning_march_to_mens_dome_copy.jpg
男性のプログラム会場「マハリシ・パタンジャリ・ゴールデンドーム」です。朝のプログラムに参加するために、たくさんの人々が集まってきます。


photomum03_inside_meditation.jpg
プログラム会場の室内の写真です。コース参加登録を行った人は1700人に近づきつつあります。


photomum04_invincible_banner.jpg
無敵のアメリカコースの垂れ幕が、全コース参加者を歓迎しています。


photomum05_ladies_at_const_hall_copy.jpg
マハリシ・ヴェーディックシティでは、朝のプログラムが終わった後、女性たちは会議室に集まって、マハリシとの電話会議に参加します。


photomum06_registration.jpg
無敵性コースの受付は、毎日昼食後に行われています。受付はとても素早く効率的で、わずか数分で終わります。


photomum07_student_center.jpg
コース参加者は、まもなく完成予定のスターパティヤヴェーダ建築の学生センターを見学することができます。


photomum08_peace_palaces.jpg
現在、男性の平和宮殿と女性の平和宮殿が建築中です。フェアフィールドとマハリシ・ヴェーディックシティには、300以上のスターパティヤヴェーダ建築の建物があり、マハリシ経営大学のキャンパス内だけでも60以上のスターパティヤヴェーダの建物があります。


photomum09_entering_ladies_dome_copy.jpg
女性のプログラム会場です。午後のプログラムに参加するために、人々が集まってきます。


photomum10_gdm_outside_copy.jpg
ゴールデンドームの近くに、世界初のスターパティヤヴェーダ建築による食品店があります。夕方のプログラム後、たくさんの人々がこの店に集まります。


photomum11_gdm_shopping.jpg
高品質の有機の食料品が販売されています。


photomum12_cafe_dining.jpg
二階はカフェになっていて、有機の食事を楽しむことができます。
01photodc_2exp_meetings_w_m.jpg

2006年7月のグル・プルニマの祭典以来、世界各国で無敵性のコースが開催され、大人数のグループ実習が行われています。アメリカでは、首都ワシントンとアイオワ州のフェアフィールドで「無敵のアメリカコース」が開催され、ワシントンに150名、フェアフィールドに1100人の瞑想者が集まっています。今回は、そのワシントンでのコースの模様をご紹介します。

02photodc_3mpp_bethesda.jpg
ワシントン近郊にあるメリーランド州ベテスダの平和宮殿


03photodc_4tent1.jpg
平和宮殿の敷地内に建てられた食堂用のテント


04photodc_5tent2.jpg
プログラム会場のテント


05photodc_6tent.jpg
左が食堂用のテント、右がプログラム会場のテント


06photodc_7enl_for_individ.jpg
超越瞑想とTMシディプログラムは、個人に悟りをもたらし、国家に無敵性をもたらします。


08photodc_9organic_meals.jpg
参加者たちは、有機の食材を使ったおいしい食事を楽しんでいます。


09photodc_10friends_coming_together.jpg
無敵のアメリカを生み出すために、各国からやってきた仲間たちとの交流も楽しみの一つです。


10photodc_10ramada_inn.jpg
参加者が宿泊しているラマダホテルは、平和宮殿から車で5分のところにあります。


11photodc_10gather_in_teh_inv_amer_tent.jpg
アメリカに無敵性を生み出すために、アメリカ23の州と三つの国から瞑想者たちが集まりました。


12photodc_13discussing_experiences.jpg
電話を通じてマハリシとのミーティングが行われます。コース参加者は、プログラム中の体験をマハリシに報告し、それに対してマハリシがコメントしています。


13photodc_14rajas_discussions.jpg
ワシントン地区を担当しているラージャ(管理者)たちもミーティングに参加しています。


14photodc_16course_meeting.jpg
ミーティングでは、マハリシのビデオレクチャーを楽しみます。


photodc_17kn_w-rajas.jpg
ラージャがマハリシの知識について解説しています。


15photodc_19mario.jpg
ワシントンに150人の瞑想者が集まった日、参加者たちは至福で顔を輝かせていました。

16photodc_20brit_ladies.jpg
無敵のアメリカを生み出すために、イギリスの瞑想者やTM教師たちもワシントンにやってきました。

01jan12-entry.jpg

インドのブラフマスターンに建設される
地球的世界平和の国の首都


2005年1月12日のマハリシの誕生日に、インドの中心にあたるブラフマスターンで大きな祭典が行われました。ブラフマスターンにはすでに、スターパティヤヴェーダ建築によるヴェーダのパンディットの建物があり、そこで毎日ヤギャが行なわれています。また、この場所に地球的世界平和の国の首都が建設される予定です。今回は、インドのブラマスターンに建設されたパンディットの建物と、今後の首都建設のプランをご紹介します。

パンディットの施設の全景
02WorldCapitol0106.jpg
ヴェーダのパンディットの建物は、美しい山々に囲まれた谷間にあります。

宿泊施設
03Housing_block3.jpg
パンディットの宿泊施設やヤギャの行なわれる建物はすべて、マハリシ・スターパティヤヴェーダに則って建てられています。

聖なるナルマダ川のほとりでの夕べ
04Narmada0106.jpg


2006年1月12日の祭典
05RajasMinisters0106.jpg
2006年1月12日のマハリシの誕生日に、地球的世界平和の国のラージャと大臣がインドのブラフマスターンに集まり、大きな祭典を行いました。


インドのブラフマスターン
06Pop01.jpg
インドの中心点にあたるブラフマスターンの位置が図示されています。


ブラフマスターンの場所
07Pop02.jpg
インドのブラフマスターンは、マハーバーラータにも出てくる有名なヴィンダヤ山のジャングルと緑の丘に囲まれています。


首都の建設プラン
08Pop03.jpg
ブラフマスターンの場所に、このような地球的世界平和の国の首都が建設される予定です。写真の右側には世界を形作った世界平和の湖が見られます。


世界平和の湖
09Pop04.jpg
世界平和の湖は、インド大陸と世界全体を表しています。


湖を横断する道
10Pop05.jpg
湖を横断する道は、モノレールや車で行き来できるようになっています。


首都の三つの塔門
11Pop07.jpg
首都には三つの塔門が作られます。それらはヴィシュワ・ゴプラム、ヴェーダ・ゴプラム、ヴァーラート・ゴプラムと呼ばれます。


二つの宮殿
12Pop09.jpg
マハラージャ・ナーダー・ラーム陛下の宮殿と、インド大統領の宮殿が、首都の南側と北側に向かい合うようにして建設されます。


ナーダー・ラーム陛下の宮殿
13Pop10.jpg
マハラージャ・ナーダー・ラーム陛下の宮殿から、首都全体が一望できます。

四つのヴェーダの建物
14Pop11.jpg
ブラフマスターンの場所には、四大ヴェーダにあたるリク・ヴェーダ、サーマ・ヴェーダ、ヤジュル・ヴェーダ、アタルヴァ・ヴェーダの四つの建物が建てられます。


二つの議事堂
15Pop12.jpg
中央には世界平和の塔があり、その両脇には世界議会の議事堂とインドの国会議事堂が作られます。


大臣たちの建物
16Pop13.jpg
地球的世界平和の国の大臣と秘書室の建物が建設されます。

2005年、マハリシはサトユガと呼ばれる黄金時代の到来を宣言しました。そのきっかけとなったのは、ヴェーダのパンディットたちが、スターパティヤヴェーダの建物でヤギャを行なうようになり、そのヤギャの効果がよりいっそう強まって、世界全体に影響を与えることができるようになったためです。

これまで、パンディットの施設についてはあまり紹介されることはありませんでしたが、TM運動のホームページ「グッド・ニュース」のなかで初めて公開されました。このインドのブラフマスターンに、地球的世界平和の国の首都が建設され、ヴェーダの知識が完全な形で復活することによって、世界全体に黄金時代(サトユガ)をもたらします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。