瞑想の効果を実感してみて下さい。

超越瞑想(TM)の方法や効果について詳しくご紹介します。

静寂のひととき……TM瞑想

瞑想で脳の潜在力を開発!

Masthead.jpg
「見捨てられた子どもたち」を救う

コロンビアの街の通りには、家族に見捨てられて、路上生活をしてる子供たちがいます。そうした子供たちを救うために、ガブリエル神父は孤児院を開き、静かに活動しています。そのドキュメンタリービデオです。



コロンビアには、家族に見捨てられ、通りで暮らす子供たちがいます。そうした子供たちは、誰からも愛されず望まれずに、様々な虐待に耐え、通りで死を迎えることさえあります。コロンビアのメデリンは、麻薬の密売買のために世界で最も暴力犯罪の多い都市の一つです。そんな街の通りで小さな子供たちが生き延びることは、非常に厳しいことです。子供たちは酒場で働いたり、売春をして生活し、シンナーを吸うことで苦しみから逃れようとしています。

1980年代半ばに、ガブリエル神父はメデリンで最初の孤児院を開きました。そこは、子どもたちに良い食事と安全に眠れる場所を提供する施設です。その数年後に彼は超越瞑想と出会い、この瞑想法が「見捨てられた子どもたち」の深刻なストレスを取り除く解決策になると理解しました。麻薬カルテルの勢力が衰えるにつれて、ガブリエル神父の孤児院の数は増えていきました。2010年現在、ガブリエル神父が監督する施設は48あり、コロンビア全土に広がっています。

メデリンの中で治安の悪い地域に孤児院があり、6歳くらいの子どもたちが救いを求めにやってきます。孤児院では、子どもたちはシャワーを浴び、良い食事をとることができますが、やって来るのも立ち去るのも子どもたちの自由です。留まることを強制はしません。ガブリエル神父が、そうした子どもたちと接するうちに学んだのは、通りの生活から抜け出したいという強い願望は、子どもたち自身の内側から湧き上がる必要があるということです。多くの子どもたちは、シンナーやガソリン中毒になっていて、そうした依存症から立ち直るプロセスはとても苦しく、長い時間がかかります。そのためのリハビリテーションの一環として、子どもたちは超越瞑想を習います。これは、ガブリエル神父や施設のメンバーからの心のこもった指導のもとに行われます。

時間をかけて、子どもたちの人生に驚くべき変化が起こっています。これまで耐えてきた苦しみから自由になり、ドラッグ中毒から立ち直り、教育を受け始めています。ガブリエル神父が作った施設は、「見捨てられた子どもたち」を救い、彼らの尊厳を回復し、明るい未来を与えています。

このドキュメンタリービデオの中で、ガブリエル神父は次のように語っています。

「子供達の心を癒すことができるのは、愛だけです。愛は全ての病気を治す特別な薬です。子供は自分が歓迎されていると感じるときに変わります。犯罪や虐待された状況の中で、攻撃的になっていた子供たちが、変わりるのです。……すべての人が、いま生きている世界を変えることに力を注いでいます。私たちは、いま自分が生きている世界よりも、よりよい世界を子供達のために残していくべきです。問題の解決策は、すべての人の内側にあると私は信じています。私たち一人一人の内側に、神聖な場所があります。私たちは、その場所に入り込むことができるのです。すると問題の解決策が、私たち一人一人の内側からやってきます。それらが集まれば、多くの解決法が見つかるでしょう。私たちは愛を世界中に広げていくべきです。―ガブリエル神父」

AboutSidebar1.jpg
世界で最も暴力犯罪の多い都市の一つ、メデリン……。その街の通りで子供達が生き延びるのは、非常に過酷なことです。

AboutSidebar2.jpg
メデリンの中で治安の悪い地域に孤児院があり、6歳くらいの子どもたちが救いを求めにやってきます。

AboutSidebar3.jpg
子供達が孤児院にとどまることを望むときには、彼らは他の子供達や教師達と家族のように暮らすことのできる他の施設に移ります。
2010.03.02 11:21 | TMメルマガ | トラックバック(0) | コメント(-) |
2185696829_b658c86e622.jpg
暗闇に光をもたらし、問題を解決する

「あわてなければうまくいったのに」こう思うことはよくあります。どんな状況であっても、落ち着いてことを運べばスムーズなのですが、ほんの小さなイラ立ちによって、問題が生じてしまうのです。

例えば、暗い部屋に迷い込んでしまったときには、たとえそれが自分の部屋であっても人は恐怖を感じます。ですが、明かりをつければなんでもないことだと気付きます。ストレスで一杯の状態はちょうど暗闇の中にいるようなものです。ストレスのために私たちの目は曇らされ、狭められた状態にあります。狭い視野では限られた部分しか見えないので、それが苦しみや恐怖の原因となっているのです。

しかし、超越瞑想の実践によって、ストレスを解消すれば、周りの状況をはっきり認識できるようになるので、恐怖を感じることはなくなります。それはちょうど暗闇に光をもたらすようなものです。 ストレスという暗闇が取り除かれるにつれて、すべての苦しみや恐怖は消え去り、問題は問題でなくなります。

 ◇ ◆ ◇ 体験談 ◇ ◆ ◇

明確で迷いのない答えを体験する
主婦、東京、TM歴7年

TMは母に勧められて学生のときに始めました。その頃は、実習率も低くてTMに対する理解も中途半端でした。テスト前に夜遅くまで勉強したときTMをするとすっきりして「これはいいテクニックだな」と思う程度でした。

そんな私に転機が訪れたのは大学二年のときです。とにかく色んなこと(サークル、勉強、人間関係)がうまくいかなくなり、来る日も来る日も「どうしよう、どうしよう」と悩んでいました。数ヶ月たってもまだ悩んでいてどうしたらいいのか解らない、と限界を感じたときに、ふと「そうだ、TMをしてみよう」と思い(それまで私は悩むのに忙しくてTMを全然やっていませんでした)マントラを唱えると、すっと心が静かになり深く休まっていくのが解ります。

そしてTM後、心の中に自然と「ああそうか、こうすれば良かったんだ……」と悩みに対する答えが浮かんできました。というより、正確に言うとその答えは元々自分の心の中の深い所にあったのに、表面に惑わされて気付かなかったのです。これまで見えていなかったものが今は見えるという感じで、私はまさに「直感」とも言える、明確で迷いのない答えを体験しました。

そんなわけで、何ヶ月も悩んでいたことが一気に解決され、私はTMのすごさに初めて気付きました。「私たちには無限の可能性があり、TMでストレスが解消されると、それが輝き出して悩みが解決する」というTMの先生の話を思い出しました。この瞑想法に出会えて本当に良かったと思います。最後にTMを勧めてくれた母に感謝しています。
2010.03.01 11:43 | TMメルマガ | トラックバック(0) | コメント(-) |