瞑想の効果を実感してみて下さい。

超越瞑想(TM)の方法や効果について詳しくご紹介します。

静寂のひととき……TM瞑想

瞑想で脳の潜在力を開発!

IMG_0811.jpg
先日、三浦達哉教師が西那須野の印度料理店「ナマステ」にフリペを置いてもらったので、今回は黒磯の姉妹店「ナマステ」にもフリペをもって行きました。

IMG_0812.jpg
インド人の店長さん、クリント・イーストウッドのことは知りませんでしたが、マハリシの名前は知っていました。「マハリシの瞑想なんですよ」と言ったら、「マハリシはどこに載っている?」と言ってさがしていました。でもマハリシの写真はなかったのでちょっと残念そう。次回はマハリシの写真も載せますね。

IMG_0814.jpg
フリペは、入口近くのインド雑貨を置いてある棚に置いてくれました(店長さんの左側にフリペがあります)。そのフリペの写真をとろうとしたら、一緒にポーズもとってくれて、愉快な店長さんでした。

IMG_0815.jpg
もう一軒、板室街道添いの洒落た雰囲気のカフェ「ノビロー」にも寄ってみました。このお店には観光パンフを置く場所がなかったので、「置いてもらえるかな」と少し心配しましたが、快く受け取ってくれました。

IMG_0817.jpg
オーナーらしき女性の人にフリペを渡した後、その人がフリペを見てくれていたので、「クリント・イーストウッドも40年瞑想しているんですよ」と言って、瞑想のことを少しお話ししました。「瞑想っていいものなんだろうけど。なかなか余裕がなくて……」とおっしゃるので、「近くのヴェーダの森という建物でも瞑想を学べますよ」と伝えたら、「マハリシの建物は知ってる、看板を見たことがある」と言っていました。「建物は知っているけど、何をしているのか分からない」という方が多いので、こうして近所の人達にもTMのことを知ってもらえて嬉しかったです。
2010.11.11 13:29 | ヴェーディックライフ | トラックバック(0) | コメント(-) |
■埼玉県で高校の教師をしている中山学さんから「TMのフリペを職員室の机の上に置いています」というメールをいただきました。
101104_1341.jpg
「先日、お送りいただいたヴェーディックライフ、先ず勤務先の高校で自分の机の上に置くことにしました。必ず校長先生、教頭先生、他の先生方、生徒などの目につくと思います。興味を示してきた方に、ヴェーディックライフやTMのリーフレットなどをお渡ししたり、TM関連のお話をしていきたい、と思っています。また『できるビジネスマンは瞑想する』などの書籍もさりげなく並べておきたい、とも考えています。……TMの紹介が成功するためにも、まず自分自身が一回一回のプログラムを大事にし、喜び・愛・幸せに満ちた人生を生きて、卓越した高校教諭活動を送っていきたいと思います。」

これはとてもいいアイデアですね。TMのフリペをデスクの上に置いておくことで、TMの話をするチャンスも増えると思います。ぜひ皆さんも、自分のデスクから至福のメッセージを伝えていきませんか?

■東京府中市にお住まいの増田喜香さんからも、フリペの報告メールが届きました。

101102_153135s.jpg
「京王線府中駅から歩いてすぐの子育て支援センター『たっち』に、TMのフリーペーパーを置いてもらえないかお話ししてみました。親子、祖父母ともども、よく利用している施設です。そしたら、子育て情報のコーナーにあるファイルに、フリーペーパーを入れて頂けることになりました。このファイルには、お金のかかるサークルや、定期演奏会の広告などがあり、最長1ヶ月はおいて頂けるそうです。スタッフの閲覧用としても、もう一部、受け取ってくださいました。超越瞑想が一人でも多くの方に知って頂けるチャンスを頂けたことに喜びを感じます。非瞑想者の夫も、瞑想4ヶ月の私の成長というか、変化を感じてくれています。」

■京都の江畑教師からの報告です。

625302-2.jpg
TMのフリーペーパー、京都の伏見桃山のゴルフ場クラブハウスに置いてもらいました。ゴルフ場クラブハウス二階の食堂の経営者は、別のところで小さな飲食店2店を経営されています。かなり若い経営者で、気楽な方なので、その二つのお店にも置いてくださいとお願いしたら、快く承諾下さったので20部渡しました。
また姫路市郊外にできた新しいインド料理店にも、レジ置きに20部ほど置いていただきました。知り合いの瞑想者の方を通してお願いしました。
2010.11.04 13:25 | ヴェーディックライフ | トラックバック(0) | コメント(-) |
2010.10.27 13:17 | ヴェーディックライフ | トラックバック(0) | コメント(-) |
IMG_0793.jpg
今日、ちょっと出かけたついでに、近所のよく行くお蕎麦屋さんにフリペを配ってきました。地元の人達がよくいくお店で、お蕎麦の量もたっぷり。野菜天ぷらソバが美味しいです。


IMG_0796.jpg
お店のすみに新聞、雑誌、チラシが置いてあるテーブルがあったので、そこにTMのフリペも置いてもらいました。


IMG_0797.jpg
お蕎麦屋さんの隣には、地元でとれる有機野菜や手作りお総菜を売っている産直店があります。残念ながらフリペを置くスペースはなかったのですが、お店の中をぐるっと見て回りました。


IMG_0800.jpg
その日の朝にとった新鮮な野菜が棚に並んでいます。有機野菜なのに、一パック100円くらい。那須は野菜が安いですね。


IMG_0790.jpg
最後によったのは田代商店。昨日の夕食で、AKI教師が那須名物「ねぎからし」を家族へのお土産に持って帰ったら大評判だったという話がでました。ぎざんだネギを辛子と醤油で味付けしたもので、ご飯の上にのせたり、湯豆腐の薬味にするそうです。一度食べるとやみつきになるらしく、那須アウトレットのマーケットでは一番の人気商品だとか。その話題の「ねぎからし」、ネットで調べてみたら、ご近所の田代商店のおばあちゃんが作っている手作り商品だとわかったので、試しに買ってみました。


IMG_0788.jpg
今日の夕食にみんなで試食してみたら、おもったより辛くもなく、食が進みます。後を引く美味しさです。でも普段めったにネギや辛い物を食べないので、食後は少し頭がクラクラして不思議な気分。ヴェーダの森のすぐ近くにある小さなお店が、1日に1400パックも売れるほどのヒット商品を出すなんて、これはグループ実習による地域活性化の効果に違いない!とみんなで盛り上がりました。那須にいらしたときは、お土産にどうぞ。
2010.10.25 22:14 | ヴェーディックライフ | トラックバック(0) | コメント(-) |
200707312237001_bigger.jpg default_profile_2_bigger.png DSCF6262_s3_bigger.jpg sachiyo8_bigger.jpgsyasin_bigger.jpg
TMのフリーペーパー「ヴェーディックライフ」は、瞑想者のツブヤキを集めたツイッター「ヴェーディックライフ」から始まりました。

TMツイッターサイト:http://twitter.com/Vedic_Life

最初、横浜センターの小林恵美先生が、クリント・イーストウッドの記事を見つけてツイートしたところ、大きな反響がありました。そこで、その記事をTMのツイッターによく登場するSashaさんに翻訳してもらい、それがユートピアに掲載され、ついにはフリーペーパーの一面を飾ることにもなったのです。そしてフリペが完成したら、すぐにTMツイッターの仲間たちが動き始めて、知り合いのお店や友人に配り始めてくれました。皆さん、ヴェーディックライフを楽しみながら、ヴェーディックライフを広げようとしてくれています。そんな皆さんのツイートをご紹介いたします。

■三木夫妻のツイート
ヴェーディックライフが完成してすぐに田園調布に住む三木ご夫妻に送ったところ、さっそく15の団体に送付してくださいました。他にも、田園調布のお蕎麦屋さん「兵隊屋」や「ドッグカフェ」にヴェーディックライフを置いてもらったり、同窓会にもヴェーディックライフを持参してTMの話をしてくださっています。

「昨日、高校卒業30周年記念同窓会に約150名が集い感無量でした。当初、同級生が教頭先生になっていると聞いて、マハリシ・スクールの紹介をしようと思っていましたが、なんと良く知っている野球部の監督が校長先生に就任しており、イの一番に挨拶してきました。次回アポをとってTMのプレゼンをします。またこの間お店においてもらったフリーペーパーがすでになくなっていました! 人目を惹くんだと思います。補充してもらいました。」

■千葉奈央子さんのツイート
「ヴェーディックライフを、福祉作業所のお店に置いていただきました。私は以前、障害をもつ児童の学童保育のアルバイトをしていたことがあります。ADHDにも効能を認められるTMが、療育家庭に広まっていくといいなと思っています。個人的に発達障害の研究に関心があり、身内に複数名当事者がいるので、薬物投与を減らしてくれるTMの効能に希望を感じます。」

「非常に内向的な気質なので、瞑想を知らない人に向かって紹介をするのは、私にはかなり勇気のいることですが……」といいながら、発達障害に関する書籍を刊行している出版社や、発達障害を支援する専門機関や学会に、千葉さんの心のこもった手紙を添えて、ヴェーディックライフとADHDに対するTMの研究論文を送付してくださっています。人に手紙を出すときには「最近これをやってます。すごいいいですよ」とフリーペーパーを同封してくれているそうです。

■小林恵美先生のツイート
「山下町のレストランに、TM瞑想のフリーペーパーを置いて貰いました。レジの近くの一番目立つ所に平積み。お店の奥様が「子供の時からずっとクリント・イーストウッドが大好きだったので早く読みたい!」と大喜び。デヴィッド・リンチとビートルズも載ってると知ると、更に喜んでくれました。」

「クリント・イーストウッドがトップを飾るTM瞑想のフリペ。それを快く置いてくれたお店は、横浜市中区山下町にあるインド料理店「シタール」。おいしいお料理と豪華なインテリアの店内には、インド古典音楽が流れています。横浜に来たら寄って、TMのフリペを持って行ってね。お食事もね。」

「ご自宅でピアノの先生をしている人(シダー)が、TMのフリペを生徒さんや生徒の親に渡しています。バイク屋の「ネクサス金沢文庫」もお店に置いて、お客さんや友人知人に渡してくれています。ここは社長(女性)がシダーで、ご主人(専務)と従業員がTM瞑想者です。」

「帰宅途中、キットカットをお土産に持って、アラビア料理のお店「アルアイン」に立ち寄る。レバノン人のズィアードさんはチョコレートが大好きなので、いつも持って行くのです。TM瞑想のフリーパーパーを見せて、置いてねって頼むと「いいよ」って。目立つところに置いてくれるそうだ。アラビア料理店のバイトは日本人だが、アブドラさんと呼ばれている。クリント・イーストウッドが大好きだそうで、フリペを見て興味を示してくれた。ああいう作品を創るには、こういうこと(TM瞑想)をやってないと無理だと思うと言っていた。」

「小田原の人から、TM瞑想のフリーペーパーを100部欲しいとの電話がありました。世の中おかしいし、自然もおかしくなっている。TM瞑想は本当に根本的なものなので、出来るだけ多くの人にやって欲しい。このフリペなら気楽に渡せるので、今度のチェッキングの時に貰って帰る、とのことでした。」

■Sashaさんのツイート
「わ~い♪今日会った人が、TM習うかも・・・早速説明会に申し込んだらしいデス。フリーペーパーの効果かなっ♪」

■ゴッスンさんからの報告
「先程ベーディックライフ届きました。早速、お昼ごはん食べたお店に1つ渡してきました。馴染みのお店でないのでさすがに何枚か置いてくださいとは言えませんでしたが(笑)これから知人にもお配りしようと思います。」

                ☆ ★ ☆

また1000人通信やユートピアで、ヴェーディックライフ配布の協力を呼びかけたところ、この2週間で多くの方から申し込みがありました。

■埼玉県熊谷市で美容室を開いている方より
「フリーペーパー届きました。この内容でしたらもっとお客様にお渡し出来ます。うちのお客様は、健康志向が強い方が多いです。すでに瞑想を学ばれている方が4名いますし、ヨーガをされている方もいらっしゃいます。お医者様やそのご家族も何人かお客様です。良かったら、あと100部お預かりしたいです。」

■数年前、TMを紹介する本を書いてくださった岡本社長の奥様からも、フリペ送付依頼がありました。 
「弊社の主催セミナーで、参加者の皆様に、ヴェーディック・ライフを配布させていただければと思っております。クリント・イーストウッド氏は皆様にとって、とても身近に感じられる映画俳優、監督です。このヴェーディック・ライフは非常に目立ちますし、TMをご紹介する上で、極めて有効だと思います。」

皆様のご協力に心から感謝を申し上げます。これからも、より多くの方のご参加をお待ちしています。

ヴェーディックライフ送付の申込フォーム

                ☆ ★ ☆

現在、フリペ配布に協力してくださっている方は35名です。最後に、そうした皆様のツイッター名またはイニシャルを紹介させていただきます。

■フリペ配布に協力してくださっている方

【東北】
・T.S.(仙台)

【関東】
・Mizusaki(那須)
・Sawada(那須)
・Haryu(那須)
・Y.O.(前橋市)
・F.M.(桐生市)
・N.H.(熊谷市)
・N.O.(秩父市)
・T.I.(さいたま市)
・M.N.(川口市)
・Mikikou1000(田園調布)
・Haganekaori(立川市)
・Sasha_JGD(杉並区)
・Sakurai(板橋区)
・M.K.(練馬区)
・T.O.(渋谷区)
・R.O.(東京)
・K.M.(柏市)
・Emi_JGD(横浜)
・Y.F.(横浜市戸塚区)
・Yoshie.H(横浜市金沢区)
・S.A.(横浜市金沢区)
・Y.N.(茅ヶ崎市)
・瞑想者(小田原市)

【関西】
・Gossun(大阪)
・K.I(豊中市)
・M.N.(大阪市)
・M.D.(高槻市)
・S.N.(神戸市)
・Ebata(京都市)

【四国・中国】
・M.M.(福山市)
・N.F.(福山市)

【九州】
・K.K.(宮崎県)
・M.Y.(長崎県)
・S.I.(長崎県大村市)

ご協力、ありがとうございます。
2010.10.23 20:29 | ヴェーディックライフ | トラックバック(0) | コメント(-) |
関西にいる江畑教師が、お店をやっている瞑想者の方々にヴェーディックライフを配布してくださっています。その江畑教師から送られてきた写真と報告です。

DSCF5695.jpg
島根県東出雲町のご自宅でエステティックサロン「スリーハートモア」をやっておられる瞑想者の石井恵美子さんです。お客様の目に触れる所にヴェーディックライフを置いて下さるようお願いしたら、快く受けて下さいました。

他にも大阪でフットサルの会場を運営されている瞑想者の方にも聞いてみたところ、練習に来る人が手にとってもらえるところに置いてくれることになりました。

2010.10.22 23:17 | ヴェーディックライフ | トラックバック(0) | コメント(-) |
超越瞑想を紹介したフリーペーパー「ヴェーディックライフ」は、お店やレストランにも置いてもらえるように作りました。なので、フリーペーパーが完成したら那須のレストランに行って頼んでみようと思っていました。そしたら私たちよりも先に、東京の田園調布に住む三木さんご夫妻から、近くのお蕎麦屋「兵隊家」さんに「ヴェーディックライフ」を置いてもらったという嬉しいニュースが届きました。
20080321_20.jpg

もう一軒、田園調布のドッグカフェでもヴェーディックライフを置いてもらったそうです。

今回のフリーペーパーの特集は「セレブの新生活」。田園調布に住む日本のセレブの人々にも、ヴェーダの知識を活用した生き方を知ってもらいたいですね。

------------那須のレストラン----------

東京のお店でヴェーディックライフを置いてもらえたと聞いて、私たちもさっそく近くの那須のレストランを回ってみました。

IMG_0713.jpg

まずは、豆カレーが美味しい「かふぇあん」です。カレーのご飯は黒米で、おかわり自由なところが魅力です。


IMG_0711.jpg

平日にも関わらず、けっこうお客さんがいました。レジにいた定員さんにヴェーディックライフを置いてもらえませんかと聞いたら、快くOKしてくださいました。ここの豆カレーの作り方を聞いたら、既存のカレールーは使わずに、自分達でスパイスをブレンドして作っているそうです。お米も野菜もできるだけ有機のものを使っているそうですが、豆カレー700円とお値段も手頃だし、良心的なお店だと感じました。

かふぇあんのサイト:http://www.nasuweb.com/cafean.html


IMG_0716.jpg
次は、「かふぇあん」の向かいにあるお蕎麦屋さん「高林坊」に行きました。ヴェーダの森の職員が時々、行くおそばの美味しいお店です。


IMG_0719.jpg
那須のお店には、たいてい観光案内のチラシ置き場があります。


IMG_0723.jpg

定員さんに聞いてみたら、自由にチラシを置いていいとのことなので、うまく隙間を作ってヴェーディックライフも置いてもらいました。


創造の森
次はシュタイナーの農園レストラン「創造の森」です。無農薬の自家製野菜を使った野菜料理中心のお店です。以前は、ヴェーダの森がお休みのときは、よくここでベジタリアンのお弁当を作ってもらっていました。
森の定食1200円です。

IMG_0735.jpg


IMG_0732.jpg

優しそうなレジのお兄さんに頼んで、お店の棚にヴェーディックライフ置いてもらいました。


IMG_0740.jpg
最後は、那須名物すいとん料理のお店です。ヴェーダの森のすぐ近くにあるのですが、今まで入ったことがありませんでした。グランマって、どんなおばあちゃんなのかしらと興味津々でお店に入ってみました。


IMG_0750.jpg


IMG_0744.jpg

店内は思ったより明るくて、居心地のよさそうなお店でした。


IMG_0743.jpg

「ヴェーディックライフ置いてもらえますか」と聞いたら、「ちょっと待ってくださいね」と定員さんがお店の奥に入っていきました。


IMG_0746.jpg

そして奥からグランマさんが出てきて、「どうぞこちらへ置いてください」と親切にチラシの配置をアレンジしてくださいました。そば粉すいとんセット(小付、おやき、デザート、コーヒー付)1000円、すいとんセット900円ならベジタリアンでも大丈夫です。


IMG_0754.jpg

帰り道に、高林活力倍増センターという建物があったので、ここでもヴェーディックライフを置いてもらおうと立ち寄ってみました。建物の中は図書館もあり、公民館にもなっていました。すごく人のよさそうな地元のおじさんが受付にいたので聞いみたら、残念そうに、公共のチラシ以外は置くことができないと言われました。でもヴェーダの森のことは知っていて、12年前に建物が完成したときには館内を見に行ったことがあると話していました。そこで、ヴェーディックライフを見せて、「ヴェーダの森ではこういう瞑想法を教えているんですよ。もしよかったら他の人達にも見てもらってください」と言って渡してきました。

ヴェーディックライフを通じて、地元の人々との交流もできました。
2010.10.08 23:44 | ヴェーディックライフ | トラックバック(0) | コメント(-) |
超越瞑想(TM)を楽しまれている人々を紹介したフリーペーパー「ヴェーディックライフ」ができたのが嬉しくて、那須に住む瞑想者の皆さんに配って回りました。


P1040279.jpg
まず最初に訪れたのは、那須塩原駅の近くでカイロプラティックをされている方のお宅です。


P1040274.jpg

初めてお会いしたのですが、とても感じの良い整体師さんでした。ヴェーディックライフのフリーペーパーを差し出すと快く受け取ってくれて、整体院の待合室に置いてくれました。整体を受けに来るお客さんにも、時々TMを紹介してくれているそうです。


P1040276.jpg

こちらが待合室です。落ち着いた雰囲気の居心地のいいお部屋でした。ちょうどそこへ年配のご婦人のお客さんがやってきたので、さっそくTMのフリーペーパーを渡すと、興味深げに見てくださいました。


P1040281.jpg

次に訪れたのは、那須で学習塾を開いている瞑想者の方のお宅です。10年くらい前、ヴェーダの森那須ができた後に、埼玉から那須に引っ越してきたそうです。教室の建物の裏側にご自宅があるのですが、大きなお家でした。ご自宅の玄関は東向きで、目の前には広々とした田園風景が広がっています。日の出の太陽がとても美しいそうです。


P1040287.jpg

最初は二人だけで静かに暮らしていましたが、今は息子さん夫婦も那須に移ってきて、3人のお孫さんと一緒ににぎやかに暮らしているそうです。


P1040291.jpg

最後に訪れたのは、お習字の教室を開いている瞑想者の方のお宅です。静かな森の中にありました。500坪の敷地を8年かけて開拓したそうで、季節の花々が美しく咲いていました。


P1040303.jpg
この方もよくTMを紹介してくださっています。今回も那須でグループホームを始めようとしている友人に、TMのことを紹介しようと思っていたそうで、新しいフリーペーパーができたことを喜んでくださいました。

------------埼玉編----------

先日、埼玉の実家に帰ったときも、近くに住む瞑想者の方にヴェーディックライフを届けてきました。この方は、さいたま市日進駅の駅前で、漢方薬のお店を開いています。漢方薬のお店とは思えないくらい、静かな雰囲気の洒落たカフェのようなお店でした。

IMG_0704.jpg

IMG_0708.jpg

ヴェーディックライフをどこに置いたらいいかなあと、いろんな場所に置いてみました。フリーペーパーを届けに行きますと数日前に電話していたのですが、親切にもフリーペーパーを入れるケースまで用意してくださっていました。
IMG_0709.jpg

そして驚いたことに、お店の隅に世界平和の世界国家の国旗が掲げられていました。ちょうど5年前の10月の勝利の日に、マハリシから「日本中のすべての県で世界平和の国旗を掲げてください」というメッセージがありました。そのとき埼玉の代表として、この方が旗を掲げてくれたのですが、それ以来ずっとお店にその旗を掲げ続けてくれていました。うれしかったです。どうもありがとうございます。
2010.10.07 23:46 | ヴェーディックライフ | トラックバック(0) | コメント(-) |
vediclife2.jpg
TMのフリーペーパー「ヴェーディックライフ」ができました。創刊号では、長年TMを続けて、ヴェーディックライフを自然に生きているセレブの人々を紹介しています。外国人の記事が多いのですが、一人だけ日本人の体験談もあり、実はその日本人の記事が一番評判がいいです。こうしたフリーペーパーを通じて、ヴェーダの知識を活用した自然な生き方を紹介していきたいと思っています。このフリーペーパーをご自身のお店や会社に置いていただける方には無料で送付していますので、こちらの申し込みフォームを使ってお知らせください。

ヴェーディックライフ送付の申込フォーム
2010.10.01 20:02 | ヴェーディックライフ | トラックバック(0) | コメント(-) |