瞑想の効果を実感してみて下さい。

超越瞑想(TM)の方法や効果について詳しくご紹介します。

静寂のひととき……TM瞑想

瞑想で脳の潜在力を開発!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
この研究は、脳の研究では世界的な権威であるニコライ・ニコラビッチ・リュビモフ博士(当時ロシア医学アカデミー所長)による研究です。

P15-BR~1
こちらの図は、瞑想前と瞑想中に、左手の甲にわずかに触れたときの脳の反応を示しています。黄色と赤で示された部分が、脳が反応している箇所です。瞑想前と瞑想中を比較してみると、同じ刺激を与えたにも関わらず、瞑想中には脳のより広い範囲に反応が広がっていることがわかります。それはつまり、超越瞑想を実践することで、脳のより広い領域が機能し始めているということです。TM瞑想は、これまで使われていなかった脳の領域を活性化することで、脳の全潜在力を活用できるようにします。出典Human Physiology 25: 171–180, 1999.

TM中に起こる脳波の同調 

瞑想中の脳波を測定した研究によりますと、TM瞑想中には、脳の各部分で波形のよく似た脳波が現れることが知られています。それは脳波の同調と呼ばれる現象です。以下の研究では、脳の前頭葉の二カ所で脳波を測定しました。その結果、瞑想中には、二カ所の脳波の波形が非常に似通ってくることがわかっています。

■瞑想前:同調していない脳波(波形が合っていない)
不同調2

■瞑想中:同調している脳波(波形が似通っている)
脳波の同調.0222

瞑想中に見られる脳波の同調とは、脳の各部分が同調して、秩序だった形で働いていることを示します。それは、脳が最大限に機能している証拠でもあります。他にも、脳波の同調は、脳のさまざまな能力の向上と関係しています。例えば、脳波が同調することによって、知能指数や学習能力が高まり、創造性が増し、道徳観念が向上することがわかっています。

実際、TM瞑想によって考えや行動がより創造的で、秩序だってくることは、多くの瞑想者の体験や研究結果によって確かめられています。その理由は、TMの実践によって脳全体が秩序正しく機能するようになるため、私たちの考えや行動もまた秩序だってくるのです。

SRP1100.jpg
米国アイオワ州にあるマハリシ経営大学の学生が、超越瞑想とTMシディプログラムを二年間規則的に実習した結果、アイオワ州の他の大学生と比較して、知能指数が著しく向上したことが分かりました。知能指数はある年齢以上になると伸びないとされてきましたが、この研究からTM実践者はその年齢を過ぎても、知能指数が高まることが確証されました。出典:Personality and Individual Differences 12: 1105–1116, 1991.

SRP1151.jpg
超越瞑想を学んだ大学生は、一般の大学生と比較して、長期記憶テストおよび短期記憶テストにおいて大幅な向上が見られました。出典:Scientific Research on the Transcendental Meditation Program: Collected Papers, Volume 1: 385–392, 1977.

SRP30333.jpg
超越瞑想を行っている人たちは、超越瞑想を行っていない対照群と比較して、業務成績の大幅な伸びが見られました。責任の重い管理職の人たちは、一般の従業員と比べて、業務成績の伸びがよりいっそう大きなものでした。
スポンサーサイト
1990.12.05 21:23 | その他2 | トラックバック(0) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。