瞑想の効果を実感してみて下さい。

超越瞑想(TM)の方法や効果について詳しくご紹介します。

静寂のひととき……TM瞑想

瞑想で脳の潜在力を開発!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Paul_516441a.jpg
ポール・マッカートニーとリンゴ・スターが
子供達に超越瞑想を広める

タイムズ・オンライン 2009年4月6日

現在も活躍中のビートルズの2人が、世界中の子供達に超越瞑想を伝えるために、ニューヨークのステージで共演した。ポール・マッカートニーとリンゴ・スターが一緒にコンサートを行うのは7年ぶりのこと。二人でウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズを演奏した。

このコンサートは、映画監督のデヴィッド・リンチ氏が主催したもので、超越瞑想を100万人の学生に教える資金を集めるために行われた。二人の共演は、ラジオシティ・ミュージックホールでの慈善コンサートのクライマックスとなった。「それはインドでマハリシに会ったときから始まっていた。それはさらに大きくなって、世界中に影響を与えることになるだろう」とマッカートニーは聴衆に語った。

他の出演者は、シェリル・クロウ、モービー、エディ・ヴェダー(パール・ジャム)、ドノヴァン、ベン・ハーパー。映画「ブルー・ベルベット」「ツイン・ピークス」の監督であるリンチ氏は、超越瞑想を学校に導入する活動を積極的に進めている。彼は著書「大きな魚を捕まえる」の中で、瞑想によって創造性が育まれると語っている。

意識による教育と世界平和のためのデヴィッド・リンチ財団は、これまで世界30カ国で10万人以上の子供や教師や両親に、TM瞑想を学ぶための奨学金を提供してきた。「問題を抱える学校がTM瞑想を導入し、1年以内に180度変わるのを我々は目にしてきた。それはとても感動的なことだ。」とリンチ氏は語っている。

1970年にビートルズが解散して以来、マッカートニーとスターの二人が共演することはほとんどなかった。2002年に、ジョージ・ハリスンが癌で亡くなったとき、彼に捧げるコンサートで共演したのが最後だった。今回のコンサートでも最初は一人づつ別々にステージに立った。

マッカートニーは、1980年にニューヨークで亡くなったジョン・レノンに敬意を表し、「私もジョンもニューヨークが大好きだった。ジョンのためにこの曲をおくる」と言って、ヒア・トゥディを演奏した。これはレノンの死後にマッカートニーが作った曲だ。マッカートニーは、レット・イット・ビー、レディーマドンナ、ブラックバードなどビートルズ時代のヒット曲も演奏した。マッカートニーが「紳士淑女の皆様、ビリー・シアーズです」と言ってリンゴ・スターを紹介したとき、コンサートはハイライトを迎えた。ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズを演奏した後も、リンゴ・スターはアンコールに応えてステージに残り、マッカートニーがインド滞在中に作った歌をドラムで演奏した。

コンサートの前日の記者会見では、マッカートニーとリンゴ・スターは、1968年にインドへ行き、マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーから瞑想を習ったことを話した。「40年前にリシケシに行き、そこでマハリシと一緒に過ごした。その数ヶ月前にも、我々はウェールズでマハリシと会っていた。それ以来、あるときはたくさん、あるときはわずかに瞑想を続けてきた。瞑想はマハリシからの贈り物だ。」とリンゴ・スターは語っている。

マッカートニーは「これまで人からもらったものの中で、本当に大切だと思えるものは少ない。TM瞑想は、その数少ないものの1つだ。クレイジーな60年代の終わり、自分を安定させる何かを探し求めていた時に瞑想と出会った。」と語っていた。

「匿名の瞑想者たちのミーティングのようだった」とモービーは冗談交じりに語った。「精神的な道楽として、私はたくさんの様々な瞑想法を試してきた。その中で、TMに非常に魅力を感じたのは、その効果だった。TMがとても効果的である理由の1つは、努力が必要ないこと。それは怠け者の私にとって、とてもありがたいことだ。」
スポンサーサイト
2019.05.19 19:08 | TM瞑想に関する報道記事 | トラックバック(0) | コメント(-) |
RTR2009040600855.jpg
P・マッカートニーとR・スターがチャリティで共演

[ニューヨーク 2009年4月4日 ロイター] ビートルズの元メンバー、ポール・マッカートニーとリンゴ・スターが4月4日、「超越瞑想」普及の資金集めを目的としたコンサートで共演した。

2人が共演するのは、2002年11月にロイヤル・アルバート・ホールで開催されたジョージ・ハリスンの追悼コンサート以来となる。

デビッド・リンチ財団のために、ラジオシティ・ミュージックホールで開催された同コンサートには、シェリル・クロウやロックバンド「パール・ジャム」のエディ・べダー、ベン・ハーパーらも出演。マッカートニーが「レット・イット・ビー」や「レディ・マドンナ」など往年のビートルズの名曲を歌うと、会場は故ジョン・レノンと故ジョージ・ハリソンへのノスタルジーに包まれた。

コンサートのハイライトでは、マッカートニーがスターを「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」の曲の中に登場する架空の歌手「ビリー・シアーズ」として紹介し、スターが登場。2人は、マッカートニーがインドで書いた楽曲など数曲を演奏した。

同コンサートは、100万人の子どもたちが瞑想を学ぶための資金集めのために開催された。ビートルズは、1967年にインドのマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーからストレスを克服できるようになるという超越瞑想を学び、多くの人に広めている。
2019.04.07 11:09 | TM瞑想に関する報道記事 | トラックバック(0) | コメント(-) |
090404press.gif
元ビートルズのメンバーが
チャリティーコンサートに出演

2009.3.4 BBC NEWS より

ポール・マッカートニーとリンゴ・スターが、来月ニューヨークで行われるチャリティー・コンサートに出演する。

4月4日に「ラジオシティ・ミュージック・ホール」で行われるコンサートでは、ポール・マッカートニーが主役をつとめ、リンゴ・スターが特別ゲストとして名を連ねている。

デヴィッド・リンチ財団は当初、二人が共演すると発表したが、ポール・マッカートニーのスポークスマンは、「共演するかどうかはまだ分からない」と語り、リンゴ・スターのスポークスマンは、「彼は自分の曲を2~3曲歌うだけだ」と語っている。

映画監督であるデヴィッド・リンチによって設立されたデヴィッド・リンチ財団は、超越瞑想の学校への導入を支援している。

そのコンサートに関する声明のなかでポール・マッカートニーは、「僕は40年間、超越瞑想を続けてきた。狂乱のただ中にあって、超越瞑想のおかげで平穏な時間が得られるようになった」と語っている。

このコンサートの目的は、100万人の子供達に瞑想を教える基金を集めることにある。「超越瞑想は、あまり平穏とはいえない世界にあって、子供達に平穏な天国を与える助けになるだろう」とポール・マッカートニーは語っている。リンゴ・スターは「このコンサートに参加することは僕にとって大きな喜びだ。このチャリティー・コンサートの目的は本当に素晴らしいと思う」と語っていた。

元ビートルズのメンバーが最後に共演したのは、2002年に行われたジョージ・ハリスンに捧げる記念コンサート。また、ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、ジョージ・ハリスンの三人は、1994年に、彼らの名曲集をレコーディングするためにプライベートで一緒に演奏を行っていた。

4月のニューヨークのコンサートには、他にもシャリル・クロー、ドノヴァン、エディ・ヴェダー、ベン・ハーパー、モービー等のミュージシャンが参加する予定。
2019.03.05 23:16 | TM瞑想に関する報道記事 | トラックバック(0) | コメント(-) |
meditationhelpsstudentswithadhd.jpg
最近、超越瞑想がADHDの症状を改善することを示す研究結果が、世界中の新聞や雑誌で取り上げられ話題になっています。インターネットの各種ニュースサイト(英語版)でも、「瞑想がADHDの子供達を救う」「瞑想がADHDの症状を軽減する」といった見出しの最新記事がたくさんアップされていました。その記事の一つをご紹介いたします。

瞑想がADHDを救う
ニュースマックス 2009年1月23日(金)

超越瞑想を行うことで、注意欠陥多動性障害(ADHD)の子供達の症状が改善されることが研究によって明らかになりました。

ある予備的研究は、超越瞑想(TM)がADHDの子供達の不安感を静め、行動を改善し、考える能力や集中力を高めることを示しています。

超越瞑想は最も簡単な瞑想法の一つであると言われます。実践者は10分から15分の間、楽に座って目を閉じて、静かにマントラ(音、言葉)を繰り返します。それによって、心と体が落ち着いていきます。ある研究者は、超越瞑想は神経系に影響を与え、体の機能を変化させると述べています。例えば、瞑想中には呼吸が減り、血管が拡張し、ストレスホルモンが減少することがわかっています。

ADHDの子供達は超越瞑想を学ぶことで効果を得ているという研究結果が、教育に関するオンラインジャーナル最新号で報告されました。

「その効果は予想をはるかに上回るものでした」と研究主任であるサリナ・グロスワード博士(認知学習の専門家)は報告書のなかで述べています。

超越瞑想を学んだADHDの子供達は、注意力、記憶力、行動面でも改善が見られたということです。

その研究は、言葉に関連した学習障害の学校に通う10人の子供達(11才から14才)を対象に行われました。それらの子供達はADHDと診断され、そのほとんどが薬物療法を受けているにも関わらず、学校や家庭で問題を抱えていました。

生徒たちはTM瞑想を学んだ後、学校で1日2回10分づつ瞑想を行っています。そして三ヶ月後、生徒たちはストレスと不安感が少なくなったと報告しました。また教師と両親を対象としたアンケート調査の結果も、子供達のADHDの症状が改善されたことを示しています。

教師達は、子供達のストレスと不安感が減ったので、子供達にもっと教えることができるようになり、子供たちはもっと学べるようになったと報告しています。

今後、より大規模な研究を行い、超越瞑想をこれまでの治療法に追加する形で、あるいはそれ自体で、ADHDの治療法として使用できるかどうかを調べる必要があるとグロスワード博士は報告書に記しています。

超越瞑想は何かに集中したり、心をコントロールする必要がないので、ADHDの子供達でも実践することができます。ADHDの子供達が超越瞑想を行うことができるという事実、簡単に実践できるという事実が、超越瞑想が特にADHDの子供達に適した手法であることを示しているとグロスワード博士は述べています。

resize.jpg


2019.03.03 11:35 | TM瞑想に関する報道記事 | トラックバック(0) | コメント(-) |
MsaeTM_outline.jpg
高血圧? 瞑想が役に立つかも
ニューヨーク・タイムズ 2006年6月13日 火曜日

カリフォルニアの医療研究センターで行われたプラセボ対照試験の結果によれば、超越瞑想には心臓病患者の血圧およびインスリン抵抗性を改善する効果があることが示されました。

研究者たちは、冠動脈疾患の患者84人を無作為に2つのグループに分けて研究を行いました。一方のグループは16週間の健康教育コースを受講し、もう一方のグループは超越瞑想のコースを受講しました。どちらのグループも、従来の診療と医師のアドバイスは引き続き受けました。

超越瞑想とは、マントラを使うことによって、つまり、言葉もしくは音節を繰り返すことによって、精神を集中し、身体をリラックスさせる技法のことです。

研究終了時までに、瞑想グループの患者は、対照グループの患者と比較して、血圧が有意に低下し、また、インスリン抵抗性(インスリンと血糖を適切に処理する身体の能力)の測定値にも有意な改善を示しました。この研究論文は昨日、『アーカイブズ・オブ・インターナル・メディシン』に掲載されました。

科学者たちは、超越瞑想によってメタボリック症候群(冠動脈疾患やその他の心血管障害のリスクを高める一群の関連症状)の一部が改善することを示唆しています。

「瞑想の有益な面は、QOL(生活の質)にとても素晴らしい影響を与えることです」と語るのは、この研究論文の筆頭著者で、ロサンゼルスのカリフォルニア大学医学部教授であるC・ノエル・ベイリー・メルツ博士です。「経済的負担が続くことも、副作用もありませんし、有益な効果を証明するデータが豊富にあります」。

それは「標準的な医療に追加することができる、もう1つの治療方法」であると彼女は付け加えました。
2019.01.14 21:20 | TM瞑想に関する報道記事 | トラックバック(0) | コメント(-) |
瞑想は血圧を下げる
NBCヘルス、2008年3月17日

2008_03_17_nbc.jpg最近の研究から、超越瞑想は副作用なしに血圧を下げる助けになることがわかりました。

ケンタッキー大学のジェイムズ・W・アンダーソン博士は、9つの研究を再検討した結果、瞑想は、収縮期血圧(最大血圧)を平均4.7ポイント、拡張期血圧(最小血圧)を平均3.2ポイント下げることを確認しました。

アンダーソン博士は、このような血圧の低下は、心臓病の危険性を著しく減らすことになると述べています。また、彼は、他のリラクゼーション法に関する研究では、同じような結果は得られなかったと語っています。

「超越瞑想を付け加えることは、第二の降圧剤を付け加えることに、ほぼ等しいと言えます。それは安全で、副作用を伴いません」とアンダーソン博士は話しています。
2010.04.07 11:48 | TM瞑想に関する報道記事 | トラックバック(0) | コメント(-) |
TMBrainEEG.jpg

瞑想は大学生の学習能力を高める
ビジネス・ウィーク 2009年2月24日

ストレス反応と脳機能に関する超越瞑想の効果が調査されました。その結果、瞑想は大学生をストレスから守り、学習能力を高める働きがあることがわかりました。

アメリカの大学、主にワシントンD.C.の大学で、ボランティアの学生たちが、生理的および精神的なテストを受け、その後で無作為にTMのグループと対照群に振り分けられました。

10週間後、TMのグループの学生たちは標準的な脳の測定値で高いスコアを取り、眠気の減少とイライラの減少が報告されました。

「対照群では、脳の統合の度合が低く、脳機能が分裂気味です。これは注意力が散漫で、混乱した思考を引き起こす可能性があることを示している」とフレッド・トラヴィス博士は述べています。彼は、アイオワ州フェアフィールドにあるマハリシ経営大学の脳研究ディレクターです。「対照群では、交感神経反応と眠気の増加が見られましたが、これは不安や思い煩いや短気の増大に相応しています。」

瞑想は学生たちを大学生活のストレスから守る、と研究チームは述べています。研究中、瞑想を行っているグループの学生たちは脳の統合の度合が増大します。「それは構想と思考と環境認識がさらに増していることを示している」とトラヴィス博士は言います。「TMを行っているグループの間では、交感神経反応と眠気が減少しますが、これは感情のバランスが取れていて、より良く目覚めていることに相応します。」

「大学生の間に見られるこうした明確な統計結果は、超越瞑想を行うことは、張りつめた挑戦的な学習や労働環境にいる人にとって重要な価値を持つことを示している」と彼は述べています。

この研究は、精神心理学のインターナショナル・ジャーナルの2月24日号で出版されたものです。
2010.04.05 19:24 | TM瞑想に関する報道記事 | トラックバック(0) | コメント(-) |
article_1-4_vediccity.jpg
東洋の方法で活気づくアイオワの町
瞑想とビジネスが住民を引き寄せる

『ワシントン・ポスト』への特別寄稿 2004年8月9日月曜日

エリック・シュワルツ氏は、1992年に超越瞑想の実践者たちの仲間に加わるために、彼の金融サービス会社をワシントンD.C.のシルバースプリングからアイオワ南東部に移転することを決めました。そのとき、顧客や同僚から少しおかしいと思われるのではないかと心配しました。

「ある人々はTM(超越瞑想)はカルトの一種だと考えています」と彼は言いました。「私はそれが自分のビジネスにマイナスになるかもしれない、顧客がおびえるかもしれない、と思ったのです」。

しかし、事態はそれとはまったく逆の方へ進みました。経費が大幅に削減されて、彼の会社の収入は年々上がっていったのです。ワシントンD.C.にいたときには年間約50万ドルだった総収入が、2002年には5000万ドルを超えていました。『インベストメント・アドバイザー』誌は、彼を2003年のブローカーディーラーに指名しました。彼は、1971年のアマースト大学1年生の頃から始めた超越瞑想のおかげで、成功をつかむことができたと語っています。

「投資家や顧客はたとえTMには興味がなくても、私がそれをするために当地に移転したという事実、つまり、お金を稼ぐことだけに関心があるのではなく、広い視野を持っているということに魅力を感じてくれます」とシュルツ氏は語っています。彼は、自分の肩書きを最高経営者から最高精神責任者に変えることを検討しています。「顧客はそのような会社と付き合いたいと思っているのです」。

ヴェーディックシティとそれに隣接するフェアフィールドに住んでいる他の多くの人々も同じように感じています。ビートルズのグル、マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの支持者によって創立されたこのコミュニティは、中西部における起業家のメッカになっています。支持者たちは、1974年にマハリシ経営大学が設立された後、フェアフィールドに集まるようになりました。2001年にはフェアフィールドの境界のすぐ外側の地域が合併されてヴェーディックシティとなり、1982年以来アイオワで初めて合併によって新しい市ができました。推定では、フェアフィールドとヴェーディックシティの10,000人の住民のうち4分の1がTMを実践しています。

他にも、TM実践者が経営して成功している企業として、国内最大のイベント写真会社を自負するマラソンフォト、ディズニーやシカゴ・ブルズなどの顧客向けに、大理石と花崗岩で床や壁に複雑な壁画を制作するクリエイティブ・エッジ・マスター・ショップ、一日に数百ドルを支払う訪問客を全国から引きつけている保養施設ラージ・アーユルヴェーダ健康センターなどがあります。市当局者の話によると、過去13年間でベンチャー投資会社が2億ドル以上をフェアフィールドとヴェーディックシティに投資しています。

「中西部の小さな町にそれほど多くの成功した企業があるというのは、まったく信じがたいことです」と、毎年フェアフィールドで夏を過ごしている、カリフォルニア大学バークレー校のマーケティング&テクノロジー・センターの共同ディレクター、ラシ・グラツァー氏は語っています。「つまり、そこで何かが起こっているということです」。

ヴェーディックとは、「知識の全体性」を意味するサンスクリット語です。住民たちが暮らしている広々とした家は、玄関が東を向いていて、屋根には「カラシュ」と呼ばれる小さなタマネギ型のドームがあり、各部屋の方位は太陽と月のサイクルと調和するように設計されています。TMの実践者は普通、1日に2回、20分ずつ瞑想しています。

この地域が注目されているのは、TM実践者たちに企業家精神があるためだけではありません。正式な認可を受けているマハリシ経営大学は、15年間にわたって国立衛生研究所から資金を提供され、心血管系の健康に対する瞑想の影響について研究してきました。とりわけ、心臓病になる危険性の高いアフリカ系米国人に対する瞑想の効果について重点的に研究が行われてきました。

「超越瞑想の生理学的な効果は、脳波の秩序性が高まるということです。その結果として、ストレスホルモン濃度が低下し、血圧が下がり、ストレスへの反応度が減少するため、その効果は身体全体に及びます」と、ミシガン大学医学部で高血圧の特別研究員を務め、現在はマハリシ経営大学のヴェーダ医学部長であるロバート・シュナイダー博士は語っています。

ヴェーディックシティは、非有機食品の販売を禁止する決議案を可決し、ホールフーズマーケットをはじめとしてシカゴやアイオワ全域の店舗に農産物を販売する有機農業活動を行っています。農場責任者のディーン・グッデール氏は、ヴェーディックシティにある彼の農場の温室は、水耕栽培ではなく土壌栽培を行っていると語りました。

「従来の農民は、土壌といえばバクテリアを連想し、すべてのバクテリアを絶滅させようとしていました」と彼は言います。「しかし、バクテリアは、作物が吸収するある種の栄養素がつくられる過程で役に立っているのです」

農場に通じる道路の向こう側で、「アバンダンス・エコビレッジ」と呼ばれる住宅プロジェクトが開始されています。このプロジェクトでは太陽エネルギーと風力エネルギーで電力が供給されます。ヴェーディックシティとフェアフィールドは、エネルギー省や農務省などの政府機関から、再生可能なエネルギー源の開発や、リサイクル・プログラムと堆肥化プログラムの運用ための連邦助成金を受けています。

「堆肥化プログラムでは、市内で出た庭ゴミ、有機野菜レストランの厨房ゴミ、農場の作物ゴミ、有機ラマ農場からの肥料を利用しています」と水性毒物学者のケント・ボーヤム博士は語っています。彼はヴェーディックシティのエネルギー局からの資金提供により、アメリカ再建プログラムを指揮しています。「堆肥は温室で使用したり、またヴェーディックシティ産の特製土壌として販売されます」。

住民の話によれば、沿岸部から当地に移ってきた人々のほとんどは、マハリシ経営大学で瞑想やヴェーダの知識を学ぶためか、あるいは、自分たちの子供をマハリシ・スクールに通わせるために転入してきたそうです。マハリシ・スクールには小学校から高校まであり、標準カリキュラムには瞑想、サンスクリット語、アーユルヴェーダ医療が含まれています。

「転入した人々が就ける仕事は多くなかったので、彼らは起業家精神を持つようになり、仕事を創出したのです」と、ダナーオイル株式会社の社長であり、2001年にフェアフィールドの市長に選ばれたTM実践者のエド・マロイ氏は語りました。「TM瞑想は、実際に人間のもつ可能性を完全に引き出すことができるので、ここに住む人々に高い意欲と創造性があるのは当然だと思います」。

ジョナサン・リップマン氏と彼の妻のパム・ウィットワースさんは、数年前にワシントンでの職を辞して、フェアフィールドに転入しました。それ以来、フランク・ロイド・ライト・ビル管理事務所の元社長であるリップマン氏は、ヴェーダ様式の住宅の設計に専念してきました。芸術家のウィットワースさんは、日本から輸入した古い着物などの織物から枕を製作するビジネスを始めました。それらの枕はマンハッタンの専門店で売られ、住宅デザイン雑誌で取り上げられています。

「彼女はスーパーマーケットに就職しようか、それともビジネスを始めようかと考えていたのです」とリップマン氏が言いました。

ヨーロッパのマハリシの大学で学び、1978年にフェアフィールドに転入したフィラデルフィア生まれのマリオ・オルサッティ氏は、代替医療や東洋哲学が最近ますます受け入れられ、人気が高まっていることも、この地域の成功の秘密を解くカギであると指摘しました。

「そこが30年前とは大きく違っている点です」と彼は語っています。「かつては異質なものやインドから入ったものはとても不審に思われていました。今日では、多くの人々が自分たちの伝統から目を離すことなくヨーガや瞑想を実践し、『それはとても素晴らしい』と言っています。中西部の小さな町の多くは廃れてしまっていますが、フェアフィールドとヴェーディックシティは繁栄しています。ここでは人々が転出するのではなく転入しています。アイオワのすべての地域がこんなふうになるのをぜひ見てみたいものです」。
2009.01.13 21:09 | TM瞑想に関する報道記事 | トラックバック(0) | コメント(-) |
ph_endowment_top2.jpg
学習能力の向上:マハリシの私立学校

『ニューヨーカー・トーク・オブ・ザ・タウン』2004年3月22日

ベン・ポラックは、アイオワ州フェアフィールドの高校2年生であり、並はずれて落ち着いています。彼は、広告関係の職業に就くことを考えており、その理由をこう語ります。「僕は、自分が感じていることや、自分が良いと信じているものについて、人々に話すことが好きなのです」。

広告関係者と誠実さとの一般的な関係について、そのような誤解をしているからといって、ニューヨーク市の有名な広告関係者と若いポラックとの距離が離れてしまうことはないでしょう。しかし、その考えは、彼が先週、飛行機に乗ってニューヨークの都会にやってきて、学校に超越瞑想を導入することを提唱する記者会見に出席したときには、たいへん役に立ちました。

ポラックは10歳のときから超越瞑想を実践しています。彼をはじめとする数人の若い瞑想者が、デモンストレーションに参加して、「安らぎに満ちた鋭敏さ」と表現される状態がニューヨークの十代の若者たちにどれほど素晴らしい健康と救いをもたらすかを示しました。ニューヨークの父兄たちが論評したように、ニューヨーク市の十代の若者たちの間では、安らぎのない無気力の状態がますます広がっているためです。

この記者会見では、さまざま教育者や科学者によってTM瞑想の効果に関する解説が行われました。ロングアイランドにあるノースショア大学病院の臨床神経生理学部長ギャリー・カプラン博士が、「脳の両半球間および前頭部と後頭部との間に見られる活動の同調」について話す一方で、アイオワ州フェアフィールドの科学・技術・公共政策研究所の上級研究員ジェーン・ローマン・ピット博士が、門外漢がより簡単に理解できるようにTM瞑想の効果について説明しました。「教室に入ったときに、静寂の状態にある百人の中学生を目にするのは素晴らしいことです。その深くて純粋な静寂は、耳で聞くのと同じくらいによく感じることができます」と彼女は言いました。

ですが、その朝のハイライトは、ポラックと彼の6人の仲間たちによるデモンストレーションでした。彼らは、指示されると、椅子に座って膝の上で手を組み、目を閉じて数分間の瞑想を行いました。彼らは皆、すぐに安らぎに満ちた鋭敏さの状態に達したように見えました。(ただし、眼鏡の内側に入れた指でしきりに目を擦っていた一人の小さい少年は例外だったようです。)瞑想する少年たちを取り囲み、彼らの顔を明るい光で照らして、シーンのBロールの躍動感不足を補おうとしている3人のTVカメラマンの方に、その少年は細めた目ですばやく視線を投げていました。

その後、この生徒たちは、驚くべき変化を引き起こすTMの威力について語りました。彼らの証言によれば、TMはストレスだけでなく、思春期特有のトラウマをも癒すということです。リヴァ・ウィニンガムは、アイオワ州フェアフィールドにある「悟りの時代のマハリシスクール」の高校二年生です。彼は、瞑想を始めた後、成績評価点の平均が大幅に上がったという話をしました。16歳のリーラ・オーマンスキーさんは、ロング・アイランドのローレンス・ウッドメア・アカデミーの生徒ですが、TMをすれば「あなたはより寛大になり、フレンドリーになります。つまり人を惹きつけるようになるのです」と話しました。長い黒髪、申しぶんのない肌、輝く瞳を持った彼女が人々を惹きつけるのは、超越的に可愛いらしいだけでなく、不思議なほど冷静であるという事実にも関係あるかもしれません。彼女は、これから大学の入試を受けるというより、「トゥデイ」のような番組の仕事に応募しようとしているかのようです。

マハリシ・スクールの生徒であり、金のメズーザを首に着けて、幸福そうに顔を輝かせるベン・ポラックも、同じように、瞑想には、ティーンエイジャーがよく抱えている不愉快な状況を改善する効果があると証言しました。TMをすると排他的な小集団を作らなくなると言うことです。「僕は以前は友だちが少なかったのですが、この学校では全員が全員の友だちなのです」と彼は言いました。そして、宿題で疲れ果てることもなくなるそうです。生徒のストレスを減らす一つの方法は、宿題の量を減らすことだという提案に対して、ポラックはこう言いいました。「超越瞑想をすると、僕の思考はより明晰になります。ですから、今では僕は、どれだけ宿題が出てもこなすことができます。必要であれば、僕は5時間勉強することができます」。ポラックは、TMでニキビを取り除くことはできないのは認めましたが、高血圧を下げるといった生理学的な効果があることはわかっていると指摘しました。

そしてポラックは、将来広告関係の仕事をするのに相応しく、メッセージを発する能力があることを示しました。先ほどのデモンストレーション中、テレビカメラのライトは彼が瞑想中に超越を達成する妨げになりましたか?という質問に、 それどころか「僕は自分の周りにカメラがいることさえ感じませんでした」と彼は言いました。「実際、外側の光よりも、内側の光のようなものをより多く感じていたのです」
2008.12.24 20:15 | TM瞑想に関する報道記事 | トラックバック(0) | コメント(-) |
ピクチャ 1
ADHDの治療法を研究している学校
メリーランド州シルバースプリングのチェルシー・スクール

TMがADHDの子供達を救う
『KFOR-NBC-TV、OKC』2004年6月7日

アメリカには、ADHD(注意欠陥多動障害)の子供達が200万人以上いるといわれています。さまざまな治療法がありますが、最近、瞑想がADHDの治療法の一環として採用されています。現在、ワシントン地区のある学校で代替治療の研究が行われており、生徒たちは瞑想には効果があると語っています。

「楽な姿勢で座って、マントラを始めましょう」と、プロジェクト責任者のサリナ・グロスワルド博士が指示を出します。

シルバースプリングのチェルシー・スクールで、ADHDの10人の生徒が超越瞑想を試しています。同校は、子供たちが障害によるストレスを克服するのに超越瞑想が役に立つかどうかを調査する3か月間の研究の対象になっています。

「TMは心を落ち着かせる精神的な技法です。心が落ち着くと、身体が落ち着きます」とグロスワルド博士は説明します。

落ち着きのなさは、ADHDの子供の抱える問題の一つであり、多くの場合、彼らは何かに集中したり注意を向けることに困難さを感じています。

さらにグロスワルド博士は、「このような子供たちは行動の上で問題が生じたときに、フラストレーションを起こしますが、それはわざとそうしているのではなく、彼らは自分自身をコントロールすることができないのです」と説明します。

チェルシー・スクールでは、試験的なプログラムに参加した生徒たちが1日2回集まって瞑想をしていますが、彼らは瞑想が役に立っていると述べています。

「瞑想していると、宿題をするのも楽だし、あまり友だちとけんかしなくなりました」と、生徒のタイラー・デヴィッドくんは言います。

生徒のスコット・シュワルツマンくんも、「瞑想していると、勉強しているときにストレスがたまらないし、先生に怒られることも少なくなりました。普通の生徒と同じような行動がとれるんです」と言いました。

チェルシー・アカデミーの校長は、瞑想プログラムは学校全体に良い影響を与えると語っています。

アカデミー校長のリンダ・ハンディ博士は、「私は瞑想が当校の生徒全員に素晴らしい影響を与えるだろうと予想しています。生徒全員に瞑想させることができたらと思うとワクワクしてきます」
2008.10.25 15:19 | TM瞑想に関する報道記事 | トラックバック(0) | コメント(-) |
CBE1.jpg
瞑想すると成績が上がる

CBS 2 シカゴ、2004年3月10日

数学の成績を上げるための対策は瞑想と同じくらいに簡単だ、と聞いたらどう思いますか? 新しい研究の結果によると、超越瞑想を実践している子供は、成績が上がることがわかっています。

全国で、そしてここシカゴでも、父兄と教育者によって、超越瞑想を公立学校に導入しようという動きが進められています。ニューヨークの教育会議で今日発表された新しい研究の結果は彼らの努力を後押ししています。子供たちは無限のエネルギーを蓄えているので、彼らが毎日20分間、じっと座ってまったく何もしないという光景は想像しにくいかもしれません。

「僕は何も感じることができなくなり、感覚がなくなります。自分が座っているソファさえ感じられなくなり、そして終わったときには、うたた寝から目覚めたような感じがします」と、13歳のチャーリー・マギドヴィッチ君が説明します。チャーリーと彼の家族は4年前に瞑想を始めました。彼らはハイランドパークの自宅で毎日朝と午後に瞑想しています。

「瞑想をするとリラックスして、ストレスが少なくなります。ほとんどすべての人の生活にはたくさんのストレスがあり、もちろん私たちの生活にもあります」とラビ・ヨハンソン・マギドヴィッチさんは言いました。すべての学校で瞑想が実践されることを望む父兄や教師たちの活動が広がり、それがマギドビッチ家に表れています。

アイオワの私立学校とミシガンの公立チャータースクールを含めて、全国で3つの学校で生徒たちに超越瞑想が指導されています。デトロイトのナタキ・タリバー・スクールの生徒は、瞑想が生徒の日常生活に実際に効果をもたらすかどうかを調査するミシガン大学の研究の対象となっています。

「私たちの研究では、3か月以上TMを実践している子供は、自己評価が向上し、より高度な情動を示し、態度が積極的になり、自己についての否定的な感情が減少し、問題や状況に対してより柔軟な考え方ができることがわかっています」とミシガン大学の研究者、リタ・ベン博士(Ph.D.)は語りました。

チャーリーや彼の妹のエヴァンのように、瞑想している生徒は、宿題などによるストレスをあまり受けなくなっており、集中力も上がっています。
「私は前よりもずっとうまく、ずっと簡単に集中できるようになりました」とエヴァンは言いました。そして彼らの成績は上がっています。
「僕は頭が良くなり、成績が上がり、勉強に集中力できるようになりました。それに、適切な判断もできるようになりました」とチャーリーは言います。

今月刊行される医学雑誌に掲載される別の研究では、超越瞑想には血圧に対して有益な影響があるという結果も示されています。
タワーカンパニー
従業員にリラクゼーションの手法を提供する企業が増加
健康管理への朗報とみなされているヨーガと瞑想


『ワシントン・ポスト』2005年3月3日

ベセスダにあるタワーカンパニーでは、入社して3か月以上の社員であれば、そこから2ブロック先にあるマハリシ平和宮殿に足を運んで、4日間の瞑想コースを受講することができます。費用は会社が負担するので、受講費は無料です。社員は就業時間中にコースを受講しています。

かつては、会社のソフトボール・チームを持つことが、従業員のストレスを解消し、勤労意欲を向上させる方法でした。しかし、今日の会社は、以前であれば従業員に外野手になるよう勧めていたのと同じように、ヨーガ・マットに取り組むよう奨励しています。

たとえば、シルバースプリングにあるディスカバリー・コミュニケーション社の従業員は、ヨーガのインストラクターが指導する10週間のヨーガ・クラスを受講しています。ディスカバリー社は、受講料の一部を従業員に払い戻しています。同社ではマッサージ・セラピーも社内で提供しています。

ベセスダにあるタワーカンパニーでは、入社して3か月以上の社員であれば、そこから2ブロック先にあるマハリシ平和宮殿に足を運んで、4日間の瞑想コースを受講することができます。費用は会社が負担するので、受講費は無料です。社員は就業時間中にコースを受講しています。

ワシントン界隈では、ストレスを解消し、生産性を高め、医療費を抑制するためのツールを無料もしくは補助金付きで従業員に提供する企業が増えており、ディスカバリー社とタワー社はそのうちの2例にすぎません。

「ディスカバリー社では、従業員に身体面、情緒面、精神面の健康維持を奨励して、医療費の削減を目指しています」と広報担当のミッチェル・ラッソさんは語りました。

4年前、ヨーガ教師のカリン・ウィードマンさんはワシントンにアーバン・ヨーガ・スタジオを設立し、企業役職者たちにヨーガの恩恵をもたらそうとしました。その頃、スタッフは彼女一人しかいませんでした。しかし、ヨーガを提供するというアイデアに企業は興味を示したものの、たいていの場合、それらの企業は次のステップに進んで彼女を雇用することはなかった、と彼女は語ります。

その頃とは対照的に、現在では、ウィードマンさんは5人のヨーガ・インストラクターと契約し、彼らは多くの団体や企業のクライアントを指導しています。クライアントには、パイパー・ラドニック法律事務所のワシントン・オフィス、国立公園局、サービス従業員国際組合などがあります。

彼女の電話が鳴る回数も増えています。ウィードマンさんは、月に5回ほど見込み客からの電話が入ってくると語りました。顧客になろうとする企業も、だんだんと情報通の消費者になってきて、インストラクターたちは十分な訓練を受けているかどうか、どこで訓練を受けたのかといった質問をしてきます。彼女の指導料は1時間につき200ドルです。

「ヨーガはストレスを和らげる方法として人気が高まっています。ヨーガに対する固定概念は実際かなり変わってきました」とウィードマンさんは言いました。

健康を推進しようという傾向はワシントンで主流となりつつあるようですが、ニューヨークやサンフランシスコではそれはちっとも珍しいことではありません。

たとえば、ニューヨークのアービントンにある婦人服メーカーEileen Fisher Inc.は、数年前に、従業員たちに「健康促進の補助金」の提供を始めました。そこに勤務する約500人の従業員の各人は、マッサージ、ヨーガ、リフレクソロジーなどの心身を落ち着かせる活動への補助金として最高で1000ドルが与えられます。療法士を職場に呼んで、就業時間に指導やサービスを提供することもあります。

こうした企業の健康促進プログラムを対象とした研究では、それらのプログラムが医療費の抑制に役立っていることがわかりました。2002年に『職業および環境医学ジャーナル』に掲載された報告によると、Coors Brewing Co.で行われた健康促進プログラムでは、6年間で投資したコストに対して1ドル当たり6.15ドルの収益が生みだされたことがわかりました。その報告によれば、オフィス家具メーカーのSteelcase Inc.は、5年間の健康促進プログラムに費やしたコストに対して、1ドル当たり5.80ドルの収益を上げています。同じく、Equitable Life Insuranceは5.52ドルの収益を生みだし、現在はCitigroup Inc.の傘下に入っているTravelers Corp.は、最初の1年で投資した資金に対して1ドル当たり3.40ドルの収益を上げました。

南カリフォルニア大学の経営政策教授のイアン・ミトロフさんは、瞑想やヨーガの人気は、精神性を求める深い願望に結びついていると語りました。「瞑想やヨーガは単なるストレス解消法ではありません。それらには精神的な側面があります。人々は目覚めている時間の大半を仕事に費やしてます。人々は生きる意味と目的を探し求めているのです」

リサイクル材料を使った「グリーン」オフィスビルの開発で評価を得ているタワー社は、健康促進プログラムの流行を先取りしていました。この会社は、12年前、本社の従業員に対して、毎日2回瞑想することを条件に、無料の瞑想クラスを提供することを始めました。オーナーの一人であるジェフリー・アブラムソン氏は、超越瞑想を長年実践しており、会社の医療手当のリストに瞑想クラスを追加しました。それがストレスに関連した病気の発生と医療費の増大を食い止める良い方法であると考えたからです。

「健康管理システムが見失っているポイントは予防です」と彼は語ります。
タワー社は約2年前から、他の事業所の従業員にも瞑想を提供し始めました。

アブラムソン氏の会社では、従業員に瞑想を教えることで会社の医療費がどれほど減少したかを示す統計はとられていません。なぜなら、彼の会社の従業員数は統計的に有意とみなされるサンプルサイズに達していないからです。

「50歳の人が、それまでの50年の人生と対比して、瞑想からどのような影響を受けたかを数値で示すのは難しいことです」と彼は言います。「わが社の従業員たちの心臓発作が減ったということは言えません。私たちは心臓発作を起こしたことがないからです」

また、アブラムソン氏は、瞑想している彼の従業員と瞑想していない人々の違いを見分けることができると言います。「当社の従業員はより明るく、より生き生きしています。超越瞑想は、否定的な影響を受けずに、もっと成功できるようになるための手法です。これまでは「倒れるまで働く」ことが模範とされてきました。それが自分の価値を証明する方法だったのです。しかし、アメリカ人を見わたすと、非常に多くの人々が高血圧になっています。私たちの生理は、高いストレスを受けながら活動するようには設計されていないのです」

TOWER会社左から、タワーカンパニーの社員のチャック・ウォーラックさん、ジム・シュナイダーさん、ジム・ルイスさん、ジェフリー・アブラムソンさん、リンダ・シェーンゴールドさんが、会社が費用を負担する社内研修で瞑想を行っています。タワーカンパニーの共同経営者のアブラムソンさんは、ストレス緩和と医療費削減の手段として、瞑想のコースを従業員に受けさせています。
瞑想中の姿

瞑想で心臓病の危険性が減少する

研究者によれば、超越瞑想を実践している正常高値血圧の黒人の若者は、血管の拡張機能が向上しているので、成人後に心血管系疾患になる危険性が減少するということです。

ph_vernon.jpg瞑想を8か月実践した後、これらの若者たちは血管拡張機能が21パーセント向上し、それに対して、瞑想していない同一条件の若者たちはその機能が4パーセント低下したと、ヴァーノン・A・バーンズ博士は語ります。この研究を行ったバーンズ博士は、ジョージア医科大学に付属するジョージア予防研究所の生理学者です。

「私たちの血管は硬いパイプでありません。血管は身体の要求に応じて拡張したり収縮したりする必要があります。このような拡張機能の改善が、心血管系疾患の患者にも再現できれば、心血管系疾患の予防および治療に瞑想プログラムが有効であることを証明することになります。

「この種の血管の変化は脂質低下薬で引き起こすことができますが、瞑想プログラムでそのような変化を起こせるのは注目に値することです」とバーンズ博士は語ります。

『アメリカン・ジャーナル・オブ・ハイパーテンション』の2004年4月号で、バーンズ博士とその共同研究者たちは、都市のスラム街に住む黒人の若者156人が超越瞑想を1日2回15分ずつ実践した結果、彼らの血圧は順調に低下していき、低下した状態で安定する傾向が見られたと報告しました。

この新しい研究は、バンクーバーで3月2日~5日に開催された米国心身医学協会の第63回年次科学会議で発表されました。このとき、超越瞑想を実践している156人のうち57人を瞑想実践者のグループ、瞑想を実践していない54人を対照群として、比較研究が行われました。

ジョージア医科大学の研究者たちは、瞑想者の群では、内皮と呼ばれる血管内層の拡張機能の向上が見られることに気づきました。「内皮の拡張の機能不全は、心臓病の初期に生じる症状で、そのプロセスは若年から始まります」とバーンズ博士は語ります。

研究者は、4か月目と8か月目に、右腕に巻いた血圧計バンドを2分間膨らませた前と後の上腕動脈(腕部に血液を送り込む主要な動脈)の直径をエコー検査法で測定しました。4か月目にはどちらのグループにも、ストレス後の血管拡張機能に本質的な違いはありませんでした。しかし8か月後、瞑想者にはEDADすなわち内皮依存動脈拡張の有意な改善が認められたとバーンズ博士は語り、生活習慣を変えるどのような試みもそうであるように、瞑想の効果が十分に現れるにはしばらくかかることを指摘しました。

「変化が一夜にして起こるということは期待できません。瞑想も、運動や正しい食事といったその他の好ましい生活習慣も、歯磨きのように生活の一部にする必要があります」。心臓病のリスクに対する瞑想の長期的影響を判断するには長期的な研究が必要である、と彼は語ります。

医師たちには周知のことですが、喫煙、高血圧、高コレステロール、心血管疾患は、すべてEDADの低下に結びつきます。彼は、高い費用はかからず副作用もない瞑想について、「今日におけるわが国の心臓病の罹患率の高さを考えると、これは検討すべき事柄であると思います」と語りました。

米国で蔓延している肥満は、子供の血圧値を上げている大きな原因になっていると彼は語ります。しかし、肥満は、貧困や家庭での安らぎの欠如などの日常生活のストレスが、過食、高脂肪食品のやけ食い、運動不足といった悪い習慣につながるという、不健康なサイクルのなかで起こっているようです。また、ストレスがあると、睡眠が阻害され、その結果、身体ひいては血管の休息と回復が妨げられることになります。

瞑想をすれば1日2回15分ずつ、心が安定して精神活動が最小になるので、慌ただしい環境の中にいる人にとっては、リラックスして血管を緩めるために役立つようです。

ジョージア医科大学のジョージア予防研究所所長フランク・トレイバー博士と、同大学の心臓学者サレンダー・マルホートラ博士が、この研究の共著者です。この研究は、会議に提出された論文摘要のうち、診察、診断、あるいは治療の観点から、治療法に変革をもたらす可能性が最も大きい研究の一つとして注目を浴びました。

この研究は、国立心肺血液研究所から資金提供を受けました。
瞑想と薬物療法
『ニューズウィーク』2005年2月3日

meditating_girl.jpg先週の『アメリカン・ジャーナル・オブ・ハイパーテンション』に掲載された研究によれば、瞑想のようなストレスを和らげる技法は、高い血圧を下げたり、治療の必要性を減らしたりするのに役立ちます。研究者は、ステージ1の高血圧(平均血圧142/90、多くの医師は140/90は正常とみなす)のアフリカ系米国人の男性と女性150人を評価しました。黒人はその他の民族グループよりも高血圧になる率が高くなっています。

1年間の研究では、超越瞑想を実践している患者は、拡張期血圧が6mm、収縮期血圧が3mm低下したのに対して、筋肉弛緩法を試した患者や従来の健康教育クラスを受講した患者は、拡張期血圧の低下は3mmだけであり、収縮期血圧には変化が見られませんでした。また、瞑想者は、研究が終了するまでに高血圧の薬品の使用量が23パーセント減少しました。超越瞑想では、15~20分楽に座って目を閉じて、身体をリラックスさせます。この研究は、アメリカ国立衛生研究所から資金を提供されて行われたものです。
瞑想が「寿命を延ばす」
デヴィッド・アダム(サイエンス記者)

『ザ・ガーディアン』 2005年5月2日

ビートルズは正しかったようです。研究者は、マハリシと付き合えばあなたの寿命が延びるかもしれないという発見をしました。

インドのグルが創始した超越瞑想は、60年代後半に4人の大スターがそれをかじったことで有名になりましたが、新しい研究の結果は、超越瞑想で死亡率を約4分の1減らせることを示しています。

photo_schneider.jpgその研究を主導したロバート・シュナイダーはこう語りました。「この研究の結果、軽度の高血圧の高齢者のうち、超越瞑想を実践している人々は、すべての死因を合わせた総合的な死亡率が23パーセント低いことがわかりました」

この研究は米国政府からの資金提供を受け、その結果は『アメリカン・ジャーナル・オブ・カーディオロジー』に発表されました。この研究では、以前に行われた、202人の高齢者を18年にわたって追跡調査した2つの試験の結果が総合されました。被験者のあるグループは超越瞑想を実践し、他のグループは漸進的筋肉弛緩法など各種の技法を試しました。

超越瞑想を実践したグループは、心臓病による死亡率が30パーセント低く、癌による死亡率が49パーセント低いという結果が出ました。

「被験者は比較的少人数だったのですが、これらの予備的結果が示唆しているのは、超越瞑想というストレスを緩和する効果的な手法によって死亡率が減少する可能性があるということです」と研究者は語りました。

以前に行われた研究では、超越瞑想によってストレスホルモン濃度と血圧が下がることがわかっています。「それに基づいてこの研究が行われたのですが、これらの生理学的・心理学的変化の最終的な結果として寿命が延びることがわかったのです」とシュナイダー博士は語りました。彼は、アイオワのマハリシ経営大学の自然医療・予防センターの所長を務めています。
DSC03075.jpg
TMを活用

映画監督のデヴィッド・リンチ氏は、彼が超越瞑想から受けてきたという恩恵を、学校と分かち合いたいと願っています。

『オレンジ・カウンティ・レジスター』2005年8月10日

映画監督のデヴィッド・リンチ氏は、非現実的で、抽象的で、しばしば美しいと同時に心をかき乱す、夢の中のような展開を見せる映画を制作しています。

『イレイサー・ヘッド』、『ブルー・ベルベット』から『ツイン・ピークス』、『ムルホランド・ドライブ』に至るまでの作品がもつミステリアスな特色を味わった鑑賞者は、リンチ氏は彼の潜在意識の中に入り込んで、そこで見つけたものをアートとして表現する何らかの方法を見つけたのではないだろうか、と不思議に思うことがあります。ある意味では、そのとおりであると、彼は言っています。

リンチ氏は、30年以上にわたって超越瞑想、略してTMを実践しています。彼は、自分の幸福が増していること、健康が良好であることはTMのおかげであり、そしてとても重要なことですが、彼の芸術、彼の創造性についてもそうであると考えています。

リンチ氏は、TMが彼自身にも彼が知る他の人々にも役に立ってきたと強く確信しているので、希望する学校と学生にこのプログラムを提供することを目的に、「意識に基づく教育と世界平和のためのデヴィッド・リンチ財団」という、大きな志を名称とした団体を発足しました。

「証拠はプディングの中にあります」と、彼は新しい映画プロジェクト『インランド・エンパイア』の仕事の手を休めて語りました。「意識に基づく教育を経験した生徒たちを見たとき、あなたはこんなふうに言うでしょう。「ああ、自分の見ていることが信じられない!」と。

「この人々は自己充足しています。彼らは強さを持っています。彼らは明晰さを持っています。彼らは内側の幸福を持っています」
「彼らは、いわば、この意識の輝きを放っているのです」

超越瞑想は、50年前にマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーが創始した瞑想プログラムです。瞑想する人は、1日2回20分ずつ、座って目を閉じ、心を安定させて、TM仲間では「安らぎに満ちた鋭敏さ」と呼ばれている深い静寂の状態に入っていきます。

ベビーブーマーたちは、60年代にビートルズがマハリシを信奉していたことから、TMとマハリシのことを記憶しているかもしれません。しかし、TMを信奉する有名人は、俳優のクリント・イーストウッドやメアリー・タイラー・ムーアから、過激な発言で有名なディスクジョッキーのハワード・スターンに至るまで、他にもたくさんいます。

それでもこの運動には常に批判がつきまといました。ある人々は、それにはヒンズー教に関係する宗教的な要素が含まれていると主張しています。1970年代のニュージャージーの訴訟では、それは本質的に宗教的であり、学校で教えることはできないという判決を下されました。

しかし、その後もデトロイト、アトランタ、ワシントンD.C.の公立学校はTMを採用しており、現在では、それはヨーガと同じくらい宗教色のない精神的・身体的な技法であると広く考えられています。

生徒たちも彼と同じように恩恵を受けると信じているリンチ氏にとって、問題は単純です。
「世の中の人々は学校が窮地に陥っていることがわかっています」とリンチ氏は言います。「そして、ここにTMがあり、今すぐ利用することができます」
「やってみてください。そして、何が起こるかを見てください」
10tm1.jpg
家族の時間:ブルースとアンナマリアのカリヴァン夫妻が19歳の娘(中央)と一緒に瞑想しているところ。

瞑想するのは自然なこと

ダヴキャニオンに住む19歳のジーン・アン・カリヴァンさんは、ものごころついた頃から超越瞑想を実践しています。5歳のときに略式のやり方で始め、10歳になったときに伝統的なプログラムを学びました。

サンタ・マルガリータ・カトリック・ハイスクールに通っている間、彼女は毎日2回瞑想しましたが、それが勉強と生活全般に役に立っていたと彼女は確信しています。

「それは私をとても明晰にしてくれました」と話す彼女の両脇には、TMを長年実践している両親のブルースさんとアンナマリアさんのカリヴァン夫妻が座っています。

「私は疲れを感じるということがありません。それはTMのおかげで、良い成績をとるために努力するのではなくては、楽しんで勉強することができます。」

昨年、カリフォルニア大学バークレー校に入学した彼女は、物理学と哲学を専攻する予定です。彼女のルームメートは「試験前になっても私がストレスでイライラしないことにいつも感心していました」とカリヴァンさんは言います。

カリヴァン夫妻の息子たち、21歳のジョセフくんと16歳のピーターくんも瞑想しています。彼らは、落ち着いていて、聡明で、集中力があるという点で、デヴィッド・リンチ財団のポスターに登場するのにうってつけの人材です。

「人々がTMをしていないことが私には信じられません」と父親のブルース・カリヴァンさんが言います。彼はブロードコム社の技術部長であり、アイオワ州フェアフィールドのマハリシ経営大学の評議会の評議員も務めています。

「TMを学校に導入すれば、素晴らしいことになると思います」と母親のアンナマリア・カリヴァンさんが言います。「それはあらゆる面で、このうえなく素晴らしい希望を与えてくれます」

「瞑想するのはとても自然なことであり、他の子供たちも瞑想をすれば素晴らしい効果を得ると思います。」とジーン・アンさんは言います。
DL22.jpg
TMしている生徒はストレスが少ない

デトロイトのナタキ・タリバー・スクールハウスでは、約120人の生徒が6年間毎日2回のTMを実践してきました。

この公立チャーター・スクールの創立者であり校長であるカルメン・ヌナンビさんは、ダイムラー・クライスラー財団からの助成金を資金の一部としてこのプログラムを導入して以来、同校の120人の生徒は、体育館で毎日2回、10分間の瞑想を大切に行っています。

「アメリカの文化の中では、静寂というものに十分な価値がおかれていません」とヌナンビさんは言います。「アメリカの社会は多忙ですから、将来の世代は休息の方法を知る必要があります。『もうそのくらいにしておきましょう。私は少しの間、自分自身を休ませる必要がありますから』と言ってね」

同校で行われているプログラムは、ミシガン医科大学の研究者による研究対象となり、その予備結果では、同校で瞑想している生徒は幸福感がより大きく、ストレスがより少ないと報告されました。

『あなたたちはどうしてTMが好きなの?』とカルメン・ヌナンビさんが聞くと、生徒たちは『イライラすることがなくなったから』とか、『学校の勉強がずっとよくできるようになったから』と答えるのです」

DL44.jpg
「意識の深みでアイデアを釣り上げる」

リンチ氏が超越瞑想をするようになったのは、1973年に、妹から超越瞑想を始めて幸せになったという話を聞いてからでした。

「最初に起こったのは、怒りっぽかった私の怒りが2週間経たないうちに消えてしまったということです」と彼は言います。「私は幸せが大きくなるのを感じるようになり、前よりも楽しんで物事に取り組むようになりました」

「TMをすると心が内側に向けられていきます。幸福が最大になる領域、純粋な至福の領域に到達するまで内へ内へと進んでいくのです」

「その体験は、私たちが必要としているものです」と彼は言います。「『そんなことは馬鹿げている』と人々は言うかもしれませんが、本当にそのような体験が起こるのです。至福、統一、幸福、愛の大海がそこにあります。あなたがそれを体験するためにです」

映画監督であるリンチ氏は、TMが彼の創造性を開発するのに役立ったと語ります。
「いつも言っていることなのですが、アイデアを考えることは魚釣りに似ています」とリンチ氏は言います。あなたはアイデアを釣りに行きます。あなたの願いを餌にします。願いは針に付けた餌のようなものです。そして、あなたはアイデアを釣り上げます。

「小さな魚は水面の近くを泳いでいますが、大きな魚になるほど深いところを泳いでいます。そして、あなたが瞑想しているとき、大きな魚を釣り上げます。
「私はよいアイデアを思いつくとき、いつも幸運を感じています」

財団の設立は素晴らしいアイデアであるとリンチ氏は確信しています。
財団は、TMを学校に提供することだけではなく、平和のために瞑想するグループを結成することも願っています。グループによる瞑想が犯罪や戦争の減少に役立つと信じているからです。

全国的なTM団体の広報を担当するスティーブン・イェリン氏によれば、40の学校がTMを提供するための資金供与を待っています。財団への寄付金が集まってくれば、それらの学校は一人当たり2,500ドルの実習費用を受けることになっています。

「目標は基本的には資金を集めることです。私は70億ドルを集めたいと思っています」とリンチ氏は語ります。「その利子で、子供や希望者にTMを提供していくことができます」
「私は、ビル・ゲイツとの1回の交渉でそれができると思います。彼は教育にとても関心を持っている人です」とリンチ氏は言います。「私はこの件についてぜひとも彼と話をしたいと思っています」

しかし、リンチ氏は、草の根の支援者からも資金を集めたいと思っています。たとえば、彼の最新の映画にエキストラ出演した女性は、その日の出演料50ドルを寄付してくれました。また、彼の行きつけの理容師は、最近、彼が支払った散髪料をこの運動への寄付金として返してくれました。

「生徒の全潜在力を引き出す教育はきっと実現できます。そして、平和を創造するグループを設立して、地上に平和をもたらすことも可能です。それはきっと実現できます」とリンチ氏は語ります。

詳細情報:この財団の詳細情報については、www.davidlynchfoundation.comをご参照ください。
maschools.jpg
心を明晰にする
『NEAトゥデイ』
2006年5月号

超越瞑想と聞いて、まず思い浮かぶのはビートルズですか? 超越瞑想は心を明晰にし、学生の健康状態と学業成績を高めるという理論に基づいて、あるハリウッドの大物が超越瞑想を学校に導入するための財団を設立し、数十万ドルを投資しています。リンチ財団(カルト映画の制作者で、『ツイン・ピークス』の監督であるデビッド・リンチ氏が設立)は、6つの公立学校のそれぞれに、超越瞑想プログラムを導入するための資金2万5000ドルを供与しました。生徒と教師は毎日約10分間静かに座ります。そうすると、NCLB法も、いじめも、大学入試も、消えてなくなっていきます。最近の2つの研究結果によれば、超越瞑想を始めた生徒たちはすぐにその効果があらわれ始めます。ミシガン大学で行われた研究では、6年生の生徒たちが瞑想を行った後、自己評価が高まり、感情をうまくコントロールできるようになったことがわかりました。ジョージア大学医学部で行われたもう一つの研究では、瞑想を実践している高校生は血圧がより低いことがわかりました。少なくとも、瞑想をしている間は、何も…考えなくなります。
CBE2.jpg
瞑想が生徒を助ける
『インターナショナル・ヘラルド・トリビューン』2005年2月15日

新しい研究は、米国の学校で超越瞑想を教えるべきであるという主張を後押ししているようです。その研究の結果によると、超越瞑想は生徒の集中力を高める手段となり、身体的・精神的な健康を促進する方法となります。

瞑想している人たちによれば、毎日瞑想している生徒は、落ち着きがあり、気が散りにくく、ストレスが少なく、暴力的な行動をとる傾向が少ないということです。

『アメリカン・ジャーナル・オブ・ハイパーテンション』4月号に掲載された、ジョージア州オーガスタのジョージア医科大学での研究によりますと、超越瞑想によってアフリカ系米国人の若者たちの高血圧が緩和したことがわかりました。この研究では、ジョージア州オーガスタの都市のスラム街に住む、高血圧の黒人の若者156人を追跡調査しました。15分間の超越瞑想を1日に2回実践した若者は、瞑想を行わずに健康教育のクラスを受講した若者たちと比較して、4か月の間に日中の血圧が順調に下がっていきました。

この瞑想は50年前にマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーが創始したもので、1日に約20分間、あるマントラを心の中で繰り返します。カリフォルニア大学ロサンゼルス校の医学研究者ロバート・キース・ワレス博士が、超越瞑想の生理的効果に関する研究を発表した後、この瞑想は学校にも導入されるようになりました。

それ以来、ハーバード大学、スタンフォード大学、UCLAなどで行われた研究は、超越瞑想はストレスを和らげ、身体・精神の両面で健康や行動を改善するという結果が示されました。

これらの研究に支持されて、全米の教育者、父兄、医師のグループが、生徒の間で増大する不安や暴力や抑鬱への有効な対策として超越瞑想に目を向けるようになりました。昨年、「ストレスフリー・スクール・コミッティー」がニューヨーク、ワシントン、ロサンザルス、シカゴ、その他の都市で設立されました。これらのコミッティーは、超越瞑想が生徒と教師にもたらす効果についての情報を提供する役割を果たしています。

「超越瞑想は、深遠な生理学的効果をもたらす簡単な精神的技法です」とギャリー・カプラン博士は語ります。カプラン博士は、神経学者であり、ニューヨーク大学医学部の臨床準教授、ニューヨークの「ストレスフリー・スクール・コミッティー」の委員長を務めています。「超越瞑想は安らぎに満ちた鋭敏さという状態を生みだします。その結果、身体面では深い休息と若返りがもたらされ、精神面では創造性、明晰さ、知性が向上します」。

しかし、学校に超越瞑想を導入しようとする初期の取り組みには賛否両論がありました。反対派は超越瞑想は宗教的な実践方法であると批判し、1970年代半ばに批判者のグループがニュージャージーのいくつかの高校を相手に訴訟を起こして、それらの学校に超越瞑想の採用を取り消させました。当時、ニュージャージーの裁判所は、超越瞑想には宗教的な色彩があり、したがって公立学校でそれを教えることはできないという判決を下したのです。

「教育に携わる人々にとってそれが難題となっています。超越瞑想はインドのヴェーダの精神的伝統に根ざしていますが、宗教的な実践方法ではありません」とカプラン博士は言います。

photos_rutherford.jpg
ワシントン近郊の犯罪の多い地域にあるフレッチャー・ジョンソン・スクールという小・中学校では、瞑想によって生徒の成績が上がり、ケンカが少なくなったと報告されています。10年前に超越瞑想を導入したジョージ・ラザフォード校長は、「私たちはすぐに効果を目の当たりにしました」と語ります。

彼はこう続けます。「学校周辺では多くの暴力犯罪がありました。しかし、わが校で超越瞑想の実習を始めた後、生徒たちは穏やかになりました。ケンカが少なくなり、出席率が上がりました。生徒たちの共通テストの成績が上がりました。超越瞑想は生徒たちのストレスを取り除くのに役立ちました」

現在はワシントンの「理想のアカデミー」の校長を務めるラザフォード氏は、教師の燃え尽き症候群に対抗するため教師に超越瞑想を指導しています。

デトロイトのナタキ・タリバー・スクールハウスという小・中学校では、生徒と教師が過去7年間、超越瞑想を1日2回実践してきました。同校の共同創立者であり校長であるカルメン・ヌマンディさんは、「今日の世界が抱える巨大なストレスを考えると、子供たちも、大人たちと同様に、休息をとって緊張を和らげる方法を学ぶ必要があります」と語ります。

ミシガン大学の補完・代替医療センターの教育担当責任者であるリタ・ベン氏が指揮を執った最近の研究では、ナタキ・タリバー・スクールハウスの瞑想している生徒は、デトロイトの他の学校の瞑想していない生徒と比較すると、幸福感が大きく、ストレスを上手に処理でき、自己評価が高く、仲間と良好な関係を築いていることがわかりました。

メリーランド州シルバースプリングにある学習障害児の私立学校であるチェルシー・スクールで2004年4月に行われた研究によれば、超越瞑想は、子供たちの情緒的・社会的発達を改善するだけでなく、注意欠陥多動障害などの脳障害の治療にも効果があることがわかりました。

「私たちは、生徒たちが超越瞑想を学ぶ前と学ぶ後を比較しました」と、この研究の責任者であったサリナ・グロスワルドさんは語ります。彼女は、ヴァージニア州アレクサンドリアの医学教育コンサルティング会社、SJグロスワルド&アソシエーツの社長です。「3か月の間、10分間の超越瞑想を毎日回実践した子供たちは、落ち着きが増し、注意散漫になることが減り、ストレスが少なくなり、怒りや欲求不満をより上手にコントロールできるようになったことが確認されました」。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。