瞑想の効果を実感してみて下さい。

超越瞑想(TM)の方法や効果について詳しくご紹介します。

静寂のひととき……TM瞑想

瞑想で脳の潜在力を開発!

超越瞑想プログラムは、ストレスを伴うことなく、管理職と従業員の創造性と生産性を高め、ビジネスにおいてより大きな成功をもたらします。

ビジネス向けのプログラム

超越瞑想プログラムは、ビジネスを成功に導くきわめて有効な手法であるとともに、ストレス軽減のために利用できる最も効果的なテクニックです。研究の結果、瞑想している管理職や従業員は、より幸福で、より健康で、より生産的になっていることが示されています。ビジネス向けのプログラムは、費用対効果に優れ、容易に実施できるようになっています。

ln_business_dole.jpg「今日の世界で成功する秘訣は、何にもまして、優れた革新性と創造性を持つことです。自分自身の創造性だけでなく従業員の創造性も高められるようにすることは、企業の中で経営者が果たすべき究極の責任であると私は思います。そして、超越瞑想プログラムは、何にもまして、そのような創造性の向上を実現することができます」
バートン・A・ドール・Jr、呼吸装置の大手メーカー、ピューリタンベネット社の前会長兼CEO

世界中で利用されているビジネスツール

ビジネスにおいて、超越瞑想法がもたらす測定可能な効果は、即効性があるとともに累積的であることが証明されています。このプログラムは、米国のフォーチュン100社や、日本とヨーロッパの一流企業を含む、世界中の何千もの企業で実施されてきました。

生産力の向上

仕事に対する満足感が高まり、チームワークとコミュニケーションが向上し、同僚や上司との人間関係が改善され、無断欠勤や病気欠勤の日数が減少します。科学的研究および事例研究では、収益が増大し、従業員の勤労意欲が向上し、職場環境の調和が高まり、失敗、事故、負傷が減少したことが証明されています。

健康の増進

超越瞑想を実践することで、ストレスや不安感、高血圧、高コレステロール、不眠症、喫煙、飲酒、薬物乱用などの、健康に有害な危険因子が減少します。研究では、医療費負担が減少し、病気全般では入院日数が56パーセント減少することがわかっています。例えば、心臓病による入院日数が87パーセント減少し、癌による入院日数が55パーセント減少したことが示されています。米国の国立衛生研究所は、超越瞑想が心血管系疾患に効果があることを実証する研究に、2100万ドル以上の研究費を提供しました。

創造性の向上

超越瞑想によって、創造性と知性が向上し、記憶力、問題解決力、意思決定力が向上し、精神的健康や人間関係が改善され、全体を把握しながら細部に集中する能力が高まります。
2008.04.12 21:01 | 瞑想の企業導入 | トラックバック(0) | コメント(-) |
瞑想は収益を高める

photo_mulliken.jpg
ジョン・マリケン
トレイド・アライアンス株式会社社長

私は15歳のときに地元の図書館のポスターを見て、超越瞑想を始めました。2カ月後、その効果を楽しんでいた私は、できるだけ多くの友人にTMを学ばせようと、TMセンターに引っぱっていきました。

私たちが体験したことは、TMを始めてから成績が向上し、スポーツが上達し、学習の楽しさが増したことです。しかし効果はそれだけにとどまらず、私の2人の友人は、瞑想のおかげで、たいへん難しい家庭環境を克服することができました。私は人間関係が前よりスムーズになったことに気づきました。そして、とても賢明で、問題が少なく、とても肯定的な人々のグループと付き合い始めるようになりました。TMの実践は学習面でも効果があり、私は受験したアイビーリーグの大学に合格しました。

瞑想のときに私が体験していることは、内側で静けさが広がっていくと同時に、それとは対照的に、活力が増していくのを感じるという感覚です。この2つの質は、瞑想の後の日常生活でも維持されます。その結果、落ち着きが増し、考えが明晰になり、視野が拡大します。また、活力が増したことで、願望を達成する能力が高まりました。

人生の中のどの面で最も瞑想の効果を得ているかと尋ねられたなら、私は、人生のすべての面であると答えます。瞑想の実践は、家庭生活から、友人との人間関係、非常に活動的なビジネスの世界に至るまで、あらゆるレベルで私の生活を支えてくれています。

ここ10年間、私は、自分の会社を作り、経営しています。わが社は年間約300万ドルの売上げがありますが、数年以内に1億ドル以上に成長することを望んでいます。わが社では、社員が超越瞑想プログラムを学ぶことを勧めており、勤務時間内に社員が瞑想するための時間を設けています。

社員が健康で、明晰で、幸福であるかどうかは、彼らの業績に大きく影響します。TMは社員の健康、明晰さ、幸福感を高めるので、わが社の業績にも良い効果をもたらしています。社員がグループで瞑想すると、会社の雰囲気全体がよくなる感じがします。

ビジネスは、面白くて、やり甲斐があります。ビジネスには競争がつきものですが、他社よりも常に優位な立場を保つために、超越瞑想は大きな助けとなっています。それは、収益の向上に役立つだけでなく、会社全体を強くし、調和的にしてくれます。
発明家が信頼する成功のためのTMプログラム
アメリカSEIインダストリー社のTM導入例

don_arney.jpgカナダのカルガリーで開かれたビジネス賞の授賞式の晩餐会で、ドン・アーネイは、有力企業のリーダーたちの会合で演説するために席を立ちました。彼は、群を抜いた発明が認められて、ビジネスにおける創造性を顕彰する権威あるマンニング賞を受賞したばかりでした。彼は、カナダの首相から表彰を受けました。

「企業の成功の大部分は創造性から生まれるのだと私は思っています。そして、私が発揮している創造性は、超越瞑想プログラムの実践から直接得られた結果なのです」と、彼は聴衆に向かって話しました。

ドン・アーネイは、バンビ・バケツとして知られる新世代の水バケツを設計・開発することによって、消火活動におけるヘリコプターの役割を変革しました。現在、彼の会社、SEIインダストリー社は、ヘリコプター用水バケツの生産では世界一であり、国際市場の95パーセントを占有し、78か国に営業所があります。

200842273418.jpgドンとSEIインダストリー社のマーク・マッコーイ社長は、70年代の中頃から超越瞑想とTMシディプログラムを実践しており、会社の全従業員がそれを利用できるようにしています。

「わが社では、従業員が入社初日からTMコースを受けられるようにしています。そして、それが大いに功を奏しています」と、マークは語ります。「そのおかげで従業員のストレスは低いレベルに保たれ、健康が改善され、そして、競争の激しい業界において重要となる創造的な競争力がわが社にもたらされています」

ストレスとそれに関連した健康管理費のために企業が費やす金額は莫大なものになっています。『健康と生産性』誌によれば、ほとんどの雇用者は、従業員の健康管理コストに給与支払総額の10パーセントを費やしています。

これは、TMプログラムによって企業収益を改善できる領域の一つです。国際的な雑誌『不安感、ストレス、その対処』に発表された研究では、超越瞑想法を学んだ従業員は、不安感と仕事の緊張が大幅に減少するとともに、健康が増進し、仕事の能力が向上することが示されています。

日本では、一流企業100社以上がTMプログラムによるトレーニングを受講しました。住友重機械工業では、長期社内訓練プロジェクトの一環として1000人以上の管理職と従業員がTMプログラムを実践し、調査の結果、それが功を奏していることがわかりました。

日本の労働省の産業医学総合研究所と聖マリアンナ医学研究所が実施した詳細な研究では、超越瞑想プログラムが従業員の健康をかなり改善させていることがわかりました。実際、研究員がこれらの研究結果に非常に感銘を受けたため、全国の企業にその報告書を送付し、超越瞑想プログラムを利用することを勧めました。

世界中の何百もの創造的な企業が、従業員にTMプログラムを学ばせるために費用をかけてきました。その理由は、ドン・アーネイのSEIインダストリー社の例で示したように、それが従業員の健康と創造性を改善し、企業の成功を高めるための最高のプログラムであるからです。
kenshu1.jpg日本では1万人を超えるビジネスマンが超越瞑想法を学びました。そのうち2000人は、住友重工業、トヨタ自動車、京セラ、アイ・ワールドスーパマーケットといった日本の大企業の最高経営者たちです。100社以上の日本企業がTMプログラムを経営陣や従業員に導入しています。

住友重機械工業で超越瞑想プログラムが導入された後、このプロジェクトに関する研究が、日本の労働省の産業医学総合研究所と聖マリアンナ医学研究所によって行われました。この研究では、マハリシの超越瞑想法を学んだ管理職と従業員447人と、同じ会社の瞑想をしていない従業員321人とを、五ヶ月間にわたって比較しました。超越瞑想を行ったグループは、不眠と喫煙の減少を示しただけでなく、身体の不調、直情径行性、情緒不安定性、神経症の傾向、および不安感の点でも著しい減少を示しました。

SRP206.jpg

労働者の健康増進 日本の労働省の産業医学総合研究所と聖マリアンナ医学研究所によって行われた大規模な調査において、マハリシの超越瞑想法を学んだ住友重機械工業の労働者四四七人と瞑想をしていない三二一人の労働者とを、五ヶ月間にわたって比較しました。超越瞑想を行ったグループは、不眠と喫煙の減少を示しただけでなく、身体の不調、直情径行性、情緒不安定性、神経症の傾向、および不安感の点でも著しい減少を示しました。

「超越瞑想を実践すると、脳生理全体の機能が高まります。また、心の緊張をやわらげ、創造性を高めるのに大いに役立ちます。心の平静を回復する手段を手に入れることは、現代を生きるうえでたいへん重要な要件です」
伊藤英夫医学博士
トヨタ自動車(日本)、産業医

「超越瞑想は(中略)必須要素である心の平安をもたらし、仕事への集中力を高め、一日の長い労働を満足感とともに終わらせます。毎日感じている実際的な効果として、鋭敏さの増大、寛容度と忍耐力の増大、理解力の向上などがあります」
アナント・デハドライ氏
住友重機械工業インド支社長

e0022239_21565510.jpg

米国の大企業の1つが、従業員の健康と効率性を改善する方策としてマハリシ企業開発プログラムを採用しました。

『フォーチューン』100社に入る中西部の大企業の生産工場と、ペンシルヴァニアの流通会社に勤務する管理職と従業員が、超越瞑想法を学びました(それらの企業名は会社の方針として伏せられています)。導入から3カ月後、TMを学んだ従業員と、瞑想をしていない対照群の従業員とを比較する研究が行われました。対照群には、瞑想群と類似の職場で働き、年齢や学歴などの条件が類似し、瞑想導入以前で性格が似かよっていた従業員が選ばれました。

●公表された研究結果

この研究結果は、国際的な科学誌『不安、ストレス、対処能力』(Anxiety, Stress,and Coping)に発表されました。研究者の報告によれば、TMを学んだグループは、対照グループと比較して、以下の面で有意な変化を示しました。

・不安、仕事中の緊張、不眠症、および疲労の減少

・喫煙および過度の飲酒の減少

・健康の改善と、健康面の愁訴の減少

・能率の向上、仕事の満足感の増大、職場や私生活での対人関係の改善

以前に行われた研究でも、不安・喫煙・飲酒を減少させたり、個人の能力の発達を促進する効果は、他の種類の瞑想やリラクセーション法よりもTMの方が有意に高いことが示されています。ある一流経営誌に発表された研究では、超越瞑想プログラムを平均で11カ月実践した管理職と従業員は、対照群の同僚や上司と比較して、仕事の能力や仕事の満足感が有意に増大していることが示されました。この組織では、すべての地位の人々がTMプログラムから有益な効果を受けています。
tatagoldpic.jpg

1993年、タタグループという企業グループで大規模なTM導入が行われ、2万5千人の人がTMを学びました。インドでタタグループといえば、知らない人はいない巨大企業であり、非常にクオリティの高い、優秀な企業です。

タタ化学株式会社では、わずか4カ月間で4千名がTMを学びました。また、タタ紅茶株式会社は世界最大規模のお茶の会社ですが、すでに2万1千名の人がTMを学んでおり、従業員の家族も数多く始めました。基本的には、社員の生活の質を高めるという視点でTMが企業に導入されています。

「わが社ではマハリシ企業開発プログラムを導入し、2万5000人を超える従業員に超越瞑想が指導された結果、従業員間の結束が高まりました。私たちは、豊かさと力強さを感じ、仕事の能力が高まっています」
D. S. セス氏
タタ紅茶(株)会長、タタ化学(株)名誉会長(インド)

pharma.jpg

南インド研究所株式会社(シリス)は、基礎化学物質、医薬品、農薬、食用油などを製造する16の企業で構成されています。総計3000人の従業員がシリス企業グループで働いており、従業員の大半は超越瞑想を実践しています。

マハリシ企業開発プログラムの実施後、ラジュ会長はこう語りました。「従業員は超越瞑想を勤務時間中に1日2回、20分間実践しています。この瞑想は、従業員の仕事の能力を高めるだけでなく会社の業績も高めています。現在、従業員の勤務時間は7時間ですが、10時間に相当する生産性を上げています。超越瞑想の導入前は、8時間の勤務時間で6時間分の生産性しかなかったので、生産性が57パーセント上がったことになります。さらに、従業員のストレスや欠勤が激減し、疲労や心配、不安を訴える従業員の数も減少しました。社内の雰囲気と労働環境は以前よりゆったりして、平和で快適なものなっています。」
穏やかな提案

photo_salvatore.jpg
ジョセフィーヌ・サルバドル
ニューヨークのブルックリン・フレンズ・スクール高等部校長

私の人生は緊張性頭痛に苦しめられてきました。私が学校で管理職の地位に就いたとき、頭痛は悪化しました。仕事でのプレッシャーが増すにつれて、頭痛はますます悪化しました。私は、自分がつねに頭痛を抱えているという事実に対して、諦めの気持ちを持っていました。私は絶えず鎮痛薬を飲んでいました。エアロビクスや、ヨーガや、ランニング、水泳など、「汗をかいて治療する」運動のすべてを試みました。痛みと緊張に取り組むためにセラピストのところにも通いました。

転機が訪れたのは、私が父親と話をしたときでした。私は父に言いました。「頭痛が全然改善されないの。いつも緊張を感じていて、それがストレスになっているみたい」。私の父は70年代に超越瞑想を始めました。父は瞑想について話はしましたが、家族のだれにもそれを押しつけませんでした。

しかし、私が頭痛という問題を抱えて父に会いに来たとき、「たぶん、おまえは瞑想を試したいと思っているんじゃないかい」と父は言いました。それはとても穏やかな提案でした。「たぶん、そうだと思うわ」と私は言いました。その瞬間、私は瞑想について話を聞く準備ができていました。私にとって費用は少しきつかったのですが、父は「そのことは心配しなくていい」と言ってくれました。

瞑想を始めてすぐに頭痛は緩和しました。最初の2日間で、私は頭痛を感じなくなりました。私はずいぶん長い時間、その痛みとともに生きてきたのです。私はすぐに父に電話して、「他のことはともかく、私の頭痛は和らいだわ」と言いました。それで私は瞑想を実践するようになったのです。

私は学校の「大きな行事」を組織する仕事をしています。ある日、親しい友人が私に「ねえ、行事の前にあなたがそんなに落ち着いているのを見たことがないわ」と言いました。私はあいかわらず忙しく、それはまったく変わっていなかったのですが、仕事を能率的にこなせるようになり、とても気分よく仕事ができるようになっていました。

また、仕事でスピーチをしなければならないことが多くありますが、今では、ストレスを感じたり、神経質になることはなくなりました。運動によっても神経質はいくらか緩和しますが、TMを実践していることが大きな要因になっていると確信しています。

私の学校の学生は「自分に正直になる」ことについてよく話しています。自分の真の潜在力、つまり知性、愛、人間性を発達させることよりも、自分に正直になる方法はあるでしょうか? そうした自己認識の模範となることが、私の学校の若者たちのためにできる最高のことだと思います。
「超越瞑想中、私たちは自らの内なる本性を体験します。それは落ち着いた、静かな、そして爽やかな体験です。この体験を内側深くで毎日繰り返すことにより、日中はエネルギーと鋭敏さが増大するので、私たちの活動は成功しやすく、楽しいものになります。また私たちは、この瞑想がとてもインド的であると感じています。これはインドの人々に自然に受け入れられるものです。世界中の人々との競争を迫られるグローバルな環境のなかで、この瞑想は私たちを有利に導いてくれます」
B. K. モディ博士
モディ株式会社会長兼社長


「私の場合、超越瞑想を始めたその週から、仕事面で効果が現れているのに気づき、4カ月で健康面にも効果が現れました。今では、心と思考がより明瞭になった結果、仕事の能率が向上しています。超越瞑想のおかげで血圧が一定に保たれ、一日を通じて新鮮な気持ちで活動できるようになったと、私は信じています。1日2回20分間費やすだけで生活の質を改善したい人々に超越瞑想をお勧めします」
K. K. アグラワル氏
ヒーロー・ホンダ上席副社長


「この6カ月間、約20分間の超越瞑想を1日2回実践した結果、私は、大きなプレッシャーがある時でさえ、以前よりずっとリラックスできるようになりました。記憶力も向上し、家族や会社の同僚との人間関係も大幅に改善されました。数多くの重大な局面を体験すると、いわゆる幸運を呼び込む要因は何かが、非常にはっきりとしてきます。私は60歳を過ぎていますが、過去44年間にわたりヨーガを実践してきました。それにもかかわらず、確かにTMは、私の生活の質を大幅に改善するのに大いに役立ちました」
シャシ・ウルアル氏
ハグヘス・エスコート通信(株)会長兼社長


「私は1974年から超越瞑想を実践してきましたが、現在、エリクソンで100人以上の同僚がこの瞑想法をやっています。私は、アイデアを実行に移すことがとても容易になりました。アイデアを思いつくと、それを明確な形にして、建設的なやり方で伝達するまでを一気にやってしまいます。新しい物事を受け入れることや、古いものと新しいものとの衝突を解決することも、以前より簡単にできるようになっています。社内のコミュニケーションもより率直なものになっています」
エヴァ・サロモンソン氏
エリクソン(スウェーデン)、技術・品質管理部長


「当社では、従業員のバランスのとれた人格的発達のためにマハリシ企業開発プログラムを導入しました。SRFでTMを実践した従業員は、鋭敏さや落ち着きが増し、ストレスが原因の健康問題から解放されたなど、数多くの効果を報告しています。こうした効果のすべては、間違いなく社内の調和とチームワークを高めるとともに、従業員の生活を改善するでしょう」
ラマナタン氏
シュリ・ラーム繊維(株)、社長・人材開発責任者


「超越瞑想は、私の公私の問題解決に大いに役立ってきました。超越瞑想をすると、深くリラックスするとともに、より積極的な姿勢になれます。超越瞑想はきっと、さらに多くの人々の人生に喜びと幸福をもたらすでしょう」
ラタン・ジンダル氏
ジンダル・ストリップス社長


「超越瞑想は私にとって、自分自身を取り戻すための手段です。超越瞑想を実践すると、休息がとれ、精神が安定し、そして周囲の出来事への洞察力が得られます。超越瞑想は私の心と体の根本レベルに働きかけて、心身の統合をますます深めていきます」
ピーター・コリドン氏
IBM(オランダ)、経営開発部長


「現代の世界で成功する秘訣は、なににも増して、革新性、創造性です。競争相手より明らかに優れた製品やサービスをつくりだせば、現代の世界で成功を勝ち取ることができます。自分自身の創造性とともに自社の従業員の創造性を高める能力をもつことが、管理職の究極の責任であると私には思えます。そして超越瞑想プログラムは、私が知る限り、創造性を高める最上の方法です」
ブルトン・A・ドーレ氏
ピューリタンベネット社(呼吸器医療機器メーカーの最大手)、前会長兼CEO


「私にとって、超越瞑想中に得られる内側の安定した目覚めと意識の拡大の体験は、成功を導く意志決定のまさに基盤となっています。瞑想後、私の心と意識は明瞭になり、レーザーのように細部に集中すると同時に、細部を見失うことなく広い視野をもつことができます。私は、洞察力と直感力、そして集中力と分析力が成長し続けているのを感じています。ビジネスに携わった長年の間、TMは競争を勝ち抜く上で大きな強みになってきました」
スティーブ・ルーベン氏
ユナイティッド・フューエル・インターナショナル(株)(国際的なエネルギー仲買企業)、会長兼CEO